書評・最新書評

君自身の哲学へ [著]小林康夫

[評者]

[掲載]2015年05月03日

表紙画像

 『知の技法』を編集した哲学者が2015年春の東京大学の定年退職を前に、自身の思想を語り、書いた。ネットやスマホが当たり前のいま「少し現実から引きこもり気味な」若い世代に向けた平易な語り口で、哲学(「知=愛」)の奥深い森へと誘い込む。
 すべてが数値化されたグローバル資本主義の世界でいかに希望を見いだすか、ひとの誕生と死、愛、人生の意味とは……。村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』や安部公房『砂の女』などを入り口に、思索の可能性を論じていく。
 ひとは「みずからの存在がその本質において歓(よろこ)びであることを知ることができる」。著者の説く「哲学の究極の希望」がいつまでも心に残る。
    ◇
 大和書房・1620円

関連記事

ページトップへ戻る