書評・最新書評

エラい人にはウソがある—論語好きの孔子知らず [著]パオロ・マッツァリーノ

[評者]

[掲載]2015年10月18日

[ジャンル]人文

表紙画像

 『論語』に出てくる立派な思想家。有名な割に、このくらいのイメージしか持っていない人は多い。いわゆる“盛られた”孔子像をかたくなに信じている孔子ファンも多い。こんな現状に、正しい孔子像を提示しようとしたのが本書。ユーモアを交えつつも内容は厳しい。「孔子の言葉は場当たり的できまぐれ」。「生前の孔子には、偉大な聖人の面影などかけらもなかった」。それでも「世の中をもっとよくできるはず」との希望を捨てなかったと評価する。武勇伝「夾谷(きょうこく)の会(え)」のエピソードは疑わしく、本当は「非暴力主義者」だったと分析する。神格化せず、学問として孔子を捉え直したいという思いが伝わる。
    ◇
さくら舎・1512円

関連記事

ページトップへ戻る