「憲法改正」の真実 [著]樋口陽一、小林節

[評者]立野純二(本社論説主幹代理)  [掲載]2016年04月24日   [ジャンル]政治 社会 

 日本の憲法を「みっともない」と言う人々がいる。では、彼らが夢見る「美しい国」とは何か。
 戦後平和を形づくってきたものを「押しつけ憲法」とさげすむ人々がいる。では、彼らが押しつけようとする「公益」とは何か。
 問題はもはや護憲か改憲か、ではない。法治か専制か、の岐路に日本はある。その危機感が本書を貫く。
 安倍政権と自民党の病理の根幹は、戦前の一時期へのゆがんだ郷愁に溺れるあまり、日本の近代史を理解しないことにある。
 人権・平等の概念は、すでに明治初期には芽生えていた。昭和の敗戦とともに生まれたものではない。
 世界の中の日本を考え悩んだ先人たちが、人類の普遍的な到達点として築いた立憲主義を、安倍政権は破壊しようとしている。
 権力による「革命」を阻むには、市民が「保守」の共闘を組むしかない。憲法学の大家2人による憂国の講義が、読者を「心の独立戦争」へと、いざなう。
    ◇
 集英社新書 821円

立野純二(本社論説主幹代理)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ