斎藤美奈子 書評委員が選んだ「2016年の3点」

[評者]今年の3点(書評委員)  [掲載]2016年12月25日   [ジャンル]

表紙画像 著者:大西 拓一郎  出版社:大修館書店 価格:¥ 2,376

(1)ことばの地理学 方言はなぜそこにあるのか(大西拓一郎著、大修館書店・2376円)
(2)化粧の日本史 美意識の移りかわり(山村博美著、吉川弘文館・1836円)
(3)手のひらの京(綿矢りさ著、新潮社・1512円)
    ◇
 書評で取り上げられなかった本から3冊。
 (1)は方言の分布と伝達の過程を論じた、やや専門的だが楽しい本。東の「言わない」と西の「言わん」の境界はどこか。「言うだ」「言うずら」の本家はどこか。言葉は人を介して旅をし、定着するのだと納得。
 (2)は古墳時代〜昭和末期の化粧の変遷を追う。白粉の白、お歯黒や眉墨の黒、口紅の赤という3色を基本とする日本の化粧に、肌色が加わるのは大正、青や緑のアイメイクが定着したのは戦後、などの指摘が新鮮。
 (3)は京都を舞台に三姉妹の恋愛模様を描いた綿矢版『細雪』。結婚願望は強いが奥手の長女。恋愛体質が裏目に出る次女。やがて京都を出る三女。四季の彩りに満ちた物語はドラマにもぴったり。いまなら早いもん勝ちだ。
    ◇
 『名作うしろ読みプレミアム』『学校が教えないほんとうの政治の話』を上梓(じょうし)。1月には岩波新書が出ます

この記事に関する関連書籍



手のひらの京

著者:綿矢 りさ/ 出版社:新潮社/ 価格:¥1,512/ 発売時期: 2016年09月


名作うしろ読み プレミアム

著者:斎藤 美奈子/ 出版社:中央公論新社/ 価格:¥1,620/ 発売時期: 2016年02月



今年の3点(書評委員)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ