おばちゃんたちのいるところ―Where The Wild Ladies Are [著]松田青子

[評者]大竹昭子(作家)  [掲載]2017年02月26日   [ジャンル]文芸 

表紙画像 著者:松田 青子  出版社:中央公論新社

■化けられるほどしつこく生きよ

 “死んだら化けてやる”という捨てぜりふをとんと聞かなくなったが、「化けて出ることができるような情熱の持ち主が、年々減少傾向にある」からか。
 本書は英米文学の翻訳家であり、風変わりな小説を書く作家でもある著者の連作短編集。現代人の姿を「化ける」というキーワードで強引につなげたところに、現代社会に対峙(たいじ)しようとする意欲を感じた。
 失恋して毛深いことを気に病み全身脱毛を夢見る女、相手の出方を窺(うかが)い過ぎて彼氏との暮らしに疲れてしまう女、すぐに先を見通して何もがんばらないのが人生の近道だと思っている女など、よくいがちな女性たちの前に死んだ人が化けて出る。恨みを晴らすのではなく、励ますために!
 全身脱毛女を訪ねてくるのは一年前に死んだ親戚のおばちゃんだ。死因は自殺だが、そのわりには「毛の力をみすみす手放すんか」「あんたに残された唯一の野性や」と元気がいい。男に裏切られてやけになって死を選んだことを彼女は悔やむ。恋に執着して蛇となる「娘道成寺」の清姫くらいねちっこく生きるべきだったと思い返し、世間の価値に振りまわされている姪(めい)に喝(かつ)を入れるのだ。
 他の作品にも古典や落語でおなじみの主人公が出てくる。恋心が極まって放火した「八百屋お七」のお七、再婚した夫の元に現れる「三年目」の前妻、片思いされて恨み殺された「皿屋敷」のお菊など、死してなお意気軒高なもののけたちが、疲れ悩む現代人にエネルギーを注入する。
 女性だけではない。全身脱毛女の自殺したおばちゃんの息子や、リストラで家に引きこもる一家の主など男性の元にもやってくる。現代社会では男も女も等しく疲弊し、「ある側面では、女と男の絶望の量がもうすぐ同じになる」からだ。
 絶望の世に刃向かって自分流に精一杯(せいいっぱい)生きてこそ、化ける力が持てるのだ。化けられるほどしつこく生きよ、というエールである。
    ◇
 まつだ・あおこ 79年生まれ。作家・翻訳家。著書に『スタッキング可能』、訳書に『レモン畑の吸血鬼』など。

この記事に関する関連書籍



レモン畑の吸血鬼

著者:カレン・ラッセル、松田 青子/ 出版社:河出書房新社/ 発売時期: 2016年01月


大竹昭子(作家)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ