復興キュレーション―語りのオーナーシップで作り伝える“くじらまち” [著]加藤幸治

[評者]五十嵐太郎(建築批評家・東北大学教授)  [掲載]2017年03月05日   [ジャンル]社会 

表紙画像 著者:加藤 幸治  出版社:社会評論社

 膨大な犠牲者と建物の凄(すさ)まじい破壊が目立つために忘れられがちだが、3・11は地域の文化に多大な被害をもたらした。本書は文化被災の状況に対し、仙台に暮らす民俗学の研究者・学芸員が、ゼミ生らととりくんだ活動の記録だ。最初は震災3カ月後に石巻で着手した文化財レスキューだ。その過程で、災害拠点病院で見た治療優先順位の決め方をヒントに、現場で文化財レスキューカルテを作成したという。次に2012年8月から試みたのが、被災した民具などを展示し、地域住民に生活の記憶を語ってもらうイベント、カフェ、ワークショップである。
 最後に示されるのは、国際的な討議を踏まえた新しい博物館像だ。それはただモノを並べる静的な施設ではない。住民と専門家が対話し、社会関与型の実践をダイナミックに行う文化創造の場だ。本書の問いかけは、今後被災地につくられる博物館にとって重要であるだけでなく、現代美術の動向とも共振するだろう。

五十嵐太郎(建築批評家・東北大学教授)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ