トランプがはじめた21世紀の南北戦争 [著]渡辺由佳里

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)  [掲載]2017年03月19日   [ジャンル]政治 国際 

 米タイム誌は昨年12月、「今年の人物」にドナルド・トランプを選び、「The Divided States of America(分断国家アメリカ)の大統領」と呼んだ。
 本書を読むと、同国の市民レベルの深刻な分断が実に生々しく伝わってくる。政党の大統領選挙関連イベントに多数参加した著者は、候補者によって支持者たちが「部族化」し、互いに敵意を強めてきた過程を克明に描写している。
 「ソーシャルメディアの影響も大きい」。実際に顔をあわせて話をすれば理解が生まれることもあるが、同メディアでは相手にひどい罵(ののし)り言葉を平気で浴びせてしまう。トランプは人々の「怒り」を利用しつつ、「『差別、暴言、暴力』が入ったパンドラの箱」を開けた。この状況が進んだら、「アメリカは本当に内戦状態になりかねない」。
 著者は融和を促す「若い政治家」を育てなければならないと主張するが、事態は楽観できないことが本書から伝わってくる。

加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ