書評・最新書評

世界を変える「デザイン」の誕生―シリコンバレーと工業デザインの歴史 [著]バリー・M・カッツ

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)

[掲載]2017年04月09日

[ジャンル]アート・ファッション・芸能

表紙画像

 ぼくの妻は機械音痴だが、はじめてマッキントッシュを触ったとき、もっと早くこのパソコンを使いたかったと言った。そう、マックはユーザーに心地よさをもたらすのだ。このような製品が、どういう経緯で実現するに至ったのか。本書はシリコンバレーで起こった「デザイン革命」の過程をつぶさに再現する。
 シリコンバレーといえども、1950年代にはデザイナーの地位は低く、エンジニアから蔑(さげす)まれる存在ですらあった。そこから彼らの、長く粘り強い戦いが始まる。何が必要なのかを自分で考え、新しい領域、新しい戦線、新しい方法論を切り拓(ひら)いていく。流行(はや)っているからやるのではない。
 周囲のコミュニティも開放的で流動的だ。失敗や倒産といった衝撃をむしろ好機ととらえ、デザイナーたちは次の職場へと移り、新たな考えが広がっていく。
 そのダイナミズムの蓄積が、マッキントッシュに結実している。シリコンバレーは一日にして成らず。

関連記事

ページトップへ戻る