書評・最新書評

父と私 [著]田中眞紀子

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)

[掲載]2017年05月21日

[ジャンル]政治 ノンフィクション・評伝

表紙画像

 田中角栄の娘として生まれること、その人生は「歴史的証言者」たらざるを得ない。老境の今、著者はその役を果たした。
 幼少期から現在までを五章に分け、自立するまでと自立後とを語っていく。父親には、著者をアメリカ留学にだし、結婚式では涙のスピーチを行い、自らの政治家生活の裏側も見せ、良質の日本人を育てようとの気くばりがある。著者の筆は客観的で冷静であり、結果的に日中国交正常化、日本列島改造論など田中外交と内政の本質を抉(えぐ)りだすことに成功している。
 角栄の知られざる一面(「繊細な本性」や「“拒めず”の性格」など)も具体的に語る。中国要人との信頼関係、ロッキード事件への率直な疑問、さらには角栄が病に倒れたあとの姑息(こそく)な政治劇にふれて著者は歴史的分析に辿(たど)りついた。自らも外相として政治の現場を見たからであろう。
 安倍政権には建設的な議論を行う「真面目な姿勢」が欠如という指摘は重い。

関連記事

ページトップへ戻る