書評・最新書評

ちいさな国で [著]ガエル・ファイユ

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)

[掲載]2017年07月30日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 人は、なぜ、争うのだろう。なぜ、憎み合うのだろう。誰も幸せにならないのに。そんなことはみんなわかっているのに。
 著者はフランスの詩人、ラッパー。ブルンジで生まれ育ち、フツ族とツチ族の民族抗争を逃れてパリに移住した。この物語は、著者のアイデンティティを重ねた主人公の一人称で語られる。
 フランス人の父とルワンダ出身の母。めぐまれた日常。明るくやんちゃで、ちょっとほろ苦い、少年期の思い出。
 だが、激動は静かに、ひたひたと迫ってくる。一見穏やかな日々の下で「仄(ほの)暗い地下の力が間断なく働き、暴力と破壊」の圧力が溜(た)まっていく。抑圧は恨みを膨らませ、恨みはさらなる憎しみを解き放つ。「ぼくはもう、どこにも住んではいない」という主人公のモノローグが、胸を打つ。
 繊細な心理描写と心地よいテンポ。読者の心臓は鷲掴(わしづか)みにされる。ガエル・ファイユ、ただものではない。

関連記事

ページトップへ戻る