書評・最新書評

私にはいなかった祖父母の歴史 [著]イヴァン・ジャブロンカ

[評者]円城塔  (作家)

[掲載]2017年09月24日

[ジャンル]歴史 文芸

表紙画像

 著者は歴史家である。
 ホロコーストで父方の祖父母を亡くしている。それは著者が生まれる前のできごとだから、亡くしたというより、もともといなかったという感覚がある。
 祖父母といっても、高齢者ではない。二人は三十歳前後で、幼い子供たちを残して殺されたのだ。
 著者は、職業的な歴史家として、その二人の歴史の調査をはじめる。
 膨大な公文書をあさり、同時期に近隣にいたことが判明した人を訪ね、その親戚たちに話をききにいく。幸いにも、まだ寿命を保っている人々がある。生きていても語ることができない人々があり、死んでいるために語ることができない人々がある。
 調査は、著者が祖父母の存在を呼び戻し、亡くし直す過程ともなる。調査は絶滅収容所で終わりを迎えることがわかっている。著者にも、彼らを収容所から助け出すことはかなわない。その存在をわずかに掘り起こし、失うことができるだけである。

関連記事

ページトップへ戻る