書評・最新書評

「国境なき医師団」を見に行く [著]いとうせいこう

[評者]市田隆(本社編集委員)

[掲載]2018年01月07日

[ジャンル]社会

表紙画像

 「国境なき医師団」の活動現場を訪ね歩いた記録から、強い衝撃を受けた。紛争で故郷を追われ、未来が見えない難民たち、どのような状況でもひたすら援助に奮闘する医師団スタッフ、無力感にさいなまれつつも人々と話し続け、表現しようとする著者。のうのうと暮らしている自分に対し、「これでいいのか」との問いが浮かんでくる。
 著者の訪問先は、ハイチ、ギリシャ、フィリピン、ウガンダ。医師団が、災害や紛争時にすかさず現地入りするだけでなく、貧困ゆえに医療不足に陥り、暴力がはびこる地域で粘り強く活動する姿を知った。
 経済危機で社会が崩壊しかねなかったギリシャでも、中東やアフリカから殺到した難民・移民への「心遣いが消えることがなかった」。人間はまだ信じられるという場面も多くある。
 苦難に耐える難民に敬意を持ち、「明日、俺が彼らのようになっても不思議ではないのだ」とする著者の共感の言葉が重く響いた。

関連記事

ページトップへ戻る