書評・最新書評

縄文人に相談だ [著]望月昭秀

[評者]野矢茂樹(東大教授)

[掲載]2018年03月25日

[ジャンル]歴史 文芸

表紙画像

 質問 この本の書評、何を書けばいいんでしょう。
 回答 何だっていいじゃないですか。まあ、現代人の悩みに縄文人が答える本ですよね。あとほら、だらしなし子さん(24歳編集)の質問で「きちんとした生活をするよう彼氏が口うるさい」っていうのがあったじゃないですか。そしたらしばらくして彼氏(H、30歳翻訳家)から「彼女がだらしなさすぎます」って質問がきて。あれ、面白くなかったですか。
 何が面白いって、いきなり「Hさん……、お前は弥生か!」って、それでだらしなくたっていいじゃないかって憤慨して「この弥生野郎!」って、弥生に対する反感を隠さない。
 縄文時代がユートピアだったとは言わないけれど、なんかやっぱり憧れというか郷愁というか、そんなのがあるんですよね。そんなの書いたらどうです?
 質問 縄文時代にも書評とかってあったんですか?
 回答 ていうか、本がありませんでした。

関連記事

ページトップへ戻る