斎藤環(精神科医)の書評

写真:斎藤環さん

斎藤環 (精神科医)
1961年岩手県生まれ。精神科医。著書に『社会的ひきこもり―終わらない思春期』『戦闘美少女の精神分析』『家族の痕跡―いちばん最後に残るもの』『母は娘の人生を支配する―なぜ「母殺し」は難しいのか』『「文学」の精神分析』『キャラクター精神分析』など。

日本の精神医療史―明治から昭和初期まで [著]金川英雄

日本の精神医療史―明治から昭和初期まで [著]金川英雄

■隔離されてきた精神病者  本書は、精神医学史に関する類書の中でも飛び抜けてユニークだ。扱う時代は明治から昭和初期とごく短く、官報などからの引用が多い文章はいささか読みづらい。しかし斬新すぎるその切り口で、最後まで一気………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年03月25日
[ジャンル]歴史

都市と都市 [著]チャイナ・ミエヴィル

都市と都市 [著]チャイナ・ミエヴィル

■「認識の壁」生む奇妙な平行世界  SFにおいて、この世界とぴったり重なるようにもう一つの平行世界が存在するという「多重世界」設定は定番中の定番だ。しかし、こんな奇妙な平行世界モノは読んだことがない。  舞台となるのは………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年03月18日
[ジャンル]文芸

3・11 複合被災/震災と原発―国家の過ち [著]外岡秀俊

3・11 複合被災/震災と原発―国家の過ち [著]外岡秀俊

■この一年を忘れずにおくために  「あの日」から今日で、ちょうど一年。  時代を画する大文字の日付「3・11」を再び迎えて、テレビも雑誌も一斉に震災特集を組んでいる。しかしあまりの情報過多で、被災の全貌(ぜんぼう)はむ………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年03月11日
[ジャンル]人文 社会 新書

あの川のほとりで〈上・下〉 [著]ジョン・アーヴィング

あの川のほとりで〈上・下〉 [著]ジョン・アーヴィング

■半世紀の逃避行、物語の希望  アーヴィング待望の新作は、ニューハンプシャー州の山の奥、ツイステッド・リヴァーと呼ばれる川を舞台に幕を開ける。丸太流しを手伝っていた少年が川でおぼれて死ぬ。それが予告であるかのように、次………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年03月04日
[ジャンル]文芸

ポルノグラファー [著]ジョン・マクガハン

ポルノグラファー [著]ジョン・マクガハン

■ねじれたモラルからの解放と成長  “僕”はこれといって取りえのない、30歳のポルノ小説家。アイルランドの首都ダブリンに住んでいる。早くに両親を亡くし、伯父と伯母に育てられた。気丈な伯母は癌(がん)で入退院を繰り返して………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年02月26日
[ジャンル]文芸

コラテラル・ダメージ グローバル時代の巻き添え被害 [著]ジグムント・バウマン

コラテラル・ダメージ グローバル時代の巻き添え被害 [著]ジグムント・バウマン

■恐怖で維持される権力基盤  「コラテラル・ダメージ」とは、もともとは軍事用語だ。特定の軍事行動がもたらす、予期せぬ巻き添え被害を意味する。社会学的には、たとえば「アンダークラス(最底辺層)」の人々が社会から疎外されて………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年02月19日
[ジャンル]社会 国際

偶然完全―勝新太郎伝 [著]田崎健太

偶然完全―勝新太郎伝 [著]田崎健太

■存在そのものが作品のような男  昭和の名優・勝新太郎の評伝である。表紙写真の眼力(めぢから)も凄(すご)いが、タイトルに魅了される。「偶然完全」とは勝新太郎による造語だ。偶然の出会いから素晴らしい関係が生まれる。心構………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年02月05日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

さわり [著]佐宮圭

さわり [著]佐宮圭

■抑圧から生まれた天才琵琶師  1967年11月9日、ニューヨーク・フィルハーモニック創立125周年記念公演。若き小沢征爾が指揮する武満徹作曲『ノヴェンバー・ステップス』の舞台には、尺八奏者の横山勝也とともに天才琵琶師………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年01月29日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

恋する原発 [著]高橋源一郎

恋する原発 [著]高橋源一郎

■正しさへの強迫観念、解毒するエロスの力  本書が文芸誌に一挙掲載された時、あまりのスピードに驚かされた。「あの日」から半年も経たずに震災をテーマとした小説が書かれるとは! 作家のインタビューを読んでその謎が解けた。 ………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年01月22日
[ジャンル]文芸

吸血鬼と精神分析 [著]笠井潔

吸血鬼と精神分析 [著]笠井潔

■戦後思想を問う本格ミステリ  バスティーユにある要塞(ようさい)のようなアパルトマンで、ルーマニアからの亡命者が惨殺される。床に残された“DRAC”の血文字。本格ミステリにふさわしい導入部からは予想もつかない、思想と………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]文芸

一般意志2.0―ルソー、フロイト、グーグル [著]東浩紀

一般意志2.0―ルソー、フロイト、グーグル [著]東浩紀

■政治の未来図を描き出す想像力  東浩紀、待望の新刊である。単著としては実に二年ぶり、思想を語る本としては四年ぶりだ。  本書の主張は実にシンプルだ。要するに未来の民主主義はツイッターやニコニコ生放送(いずれもインター………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年12月18日
[ジャンル]人文

医者は現場でどう考えるか [著]ジェローム・グループマン

医者は現場でどう考えるか [著]ジェローム・グループマン

■診断の誤りはなぜ起こるのか  何を食べても吐き出してしまう症状に苦しむ30代の女性、アン・ドッジ。30人近い医師の診療を受けながら、深刻な栄養失調状態の進行が止まらない。難治性の「摂食障害」と見なされてきた彼女を救っ………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]医学・福祉

ラーメンと愛国 [著]速水健朗

ラーメンと愛国 [著]速水健朗

■なぜ作務衣を着るのか  確かに謎だったのだ。なぜ最近のラーメン屋店主は、藍染めのTシャツや作務衣(さむえ)を着てタオルを頭に巻くのか。なぜ相田みつを系の人生訓やら「ラーメンポエム」を壁に張り出すのか。  こうした疑問………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年11月27日

帰還の謎/ハイチ震災日記 [著]ダニー・ラフェリエール

帰還の謎/ハイチ震災日記 [著]ダニー・ラフェリエール

■被災した故郷への追憶と予感  ハイチについて、なにを知っているだろう? 最初に独立した黒人の共和国。北半球の最貧国。ブードゥー教とゾンビのふるさと。2010年1月12日の大震災。そんなところか。かくも遠いハイチ。  ………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年11月20日
[ジャンル]国際

エドガー・ソーテル物語 [著]デイヴィッド・ロブレスキー

エドガー・ソーテル物語 [著]デイヴィッド・ロブレスキー

■五感動員し味わう小説の醍醐味  アメリカ中西部を舞台とした少年と犬の物語……と思いきや、物語はいきなり釜山(プサン)の不気味な漢方薬局の場面から幕を開ける。謎めいた漢方医の予言的な言葉にひきこまれた瞬間、あなたはすで………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年11月06日
[ジャンル]文芸

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る