加藤出の書評

写真:加藤出さん

加藤出

欧州複合危機―苦悶するEU、揺れる世界 [著]遠藤乾

欧州複合危機―苦悶するEU、揺れる世界 [著]遠藤乾

■生き残るために不可欠な「統合」  映画「ローマの休日」(1953年)の終盤の記者会見シーンで、アン王女(A・ヘプバーン)は次のような質問を受ける。「欧州連盟は経済問題の解決になりうると思われますか?」  この映画は、………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年12月18日
[ジャンル]社会 国際

限りなく完璧に近い人々―なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか? [著]マイケル・ブース

限りなく完璧に近い人々―なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか? [著]マイケル・ブース

■等身大の姿、皮肉も込めて描く  スウェーデンとデンマークに最近行ってきた。両国の社会保障は手厚いため、失業や老後の不安が原因で貯蓄する人は少ない。それゆえマイナス金利政策で預金金利が低下しても、日本のように高齢者の心………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年11月20日
[ジャンル]政治 社会

シリコンバレーで起きている本当のこと [著]宮地ゆう

シリコンバレーで起きている本当のこと [著]宮地ゆう

 シリコンバレーを車で回ると、超有名IT企業の華やかな本社が続々と現れてくるのに誰しも圧倒される。しかし、本書は同地域の「影の面」に着目した。  時価総額世界1、2位の企業があるのに、彼らの税金逃れにより地元自治体は財政………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年10月16日
[ジャンル]社会 国際

自治体がひらく日本の移民政策―人口減少時代の多文化共生への挑戦 [編著]毛受敏浩

自治体がひらく日本の移民政策―人口減少時代の多文化共生への挑戦 [編著]毛受敏浩

 「今はジェットコースターでいえば、先頭車両が下を向きかけたぐらいに過ぎない」。だが「全車両が下向きのスロープにかかれば一挙に日本の人口減少は加速する」と著者は今後の状況を的確に表現している。  人口減少は心配だが、世界………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年10月02日
[ジャンル]政治 社会

金融政策の「誤解」―“壮大な実験”の成果と限界 [著]早川英男

金融政策の「誤解」―“壮大な実験”の成果と限界 [著]早川英男

■「短期決戦」のはずが「持久戦」に  日本銀行は今週水曜(21日)に、現在実施中の量的質的緩和策(QQE)とマイナス金利政策の経済への影響を評価する「総括的な検証」を公表する。世界中の金融市場関係者がその成り行きに注目………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年09月18日
[ジャンル]経済 社会

「非正規労働」を考える―戦後労働史の視角から [著]小池和男

「非正規労働」を考える―戦後労働史の視角から [著]小池和男

■調査事例を基に制度改善を提唱  働いても生活が苦しいワーキングプアや、将来不安に伴う未婚化、少子化の問題に、近年の非正規労働の拡大が影響を及ぼした面は否めない。厚生労働省の平成26年の調査によると、派遣労働者がその就………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年08月14日
[ジャンル]経済 社会

貨幣の「新」世界史―ハンムラビ法典からビットコインまで [著]カビール・セガール

貨幣の「新」世界史―ハンムラビ法典からビットコインまで [著]カビール・セガール

 「お金の何が、私たちをここまで翻弄(ほんろう)するのだろう? お金には、人間をとんでもなく不合理な行動に駆り立ててしまう何かがある」。大手米銀で世界金融危機を体験した著者はそういった疑問を抱き、本書で貨幣の本質を探求し………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年07月10日
[ジャンル]経済

東京β―更新され続ける都市の物語 [著]速水健朗

東京β―更新され続ける都市の物語 [著]速水健朗

■完成しない街、住人意識も複雑  東京は世界的に見ても独特な都市である。第一に規模が巨大だ。隣接地域も含めた都市圏という概念で人口を数えれば、東京圏は世界一である。大型のオフィスビルやマンションがこんなにも続々と建設さ………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年06月26日
[ジャンル]社会

2020年の中国―「新常態」がもたらす変化と事業機会 [編著]此本臣吾、松野豊、川嶋一郎

2020年の中国―「新常態」がもたらす変化と事業機会 [編著]此本臣吾、松野豊、川嶋一郎

 日本の書店では、中国経済の崩壊を告げる本が大量に平積みされている。これは、欧米の書店では見られない独特の光景である。  本書の冒頭に、在中国日系企業の多くの経営者が、中国の見方に関する「日本本社との温度差」に苦慮してい………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年06月05日
[ジャンル]経済 社会

中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来 [著]岩村充

中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来 [著]岩村充

■「将来の豊かさ」前借りには限界  世界の金融市場参加者の間で、先進国の中央銀行が近年実施してきた大規模な金融緩和策への失望が急速に広がっている。景気刺激効果の限界が露(あらわ)になってきたためだ。  インターネット空………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年05月15日
[ジャンル]経済 社会

サイロ・エフェクト—高度専門化社会の罠 [著]ジリアン・テット

サイロ・エフェクト—高度専門化社会の罠 [著]ジリアン・テット

■組織の細分化を人類学的に分析  日本の基幹産業として高い技術力で世界を席巻してきた家電・電子産業は、なぜこんなに短期間に凋落(ちょうらく)してしまったのだろうか?  その答えを探すことは日本経済にとって重要である。な………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2016年04月03日
[ジャンル]経済 社会

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 門倉貴史著 地下経済の実態紹介

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 門倉貴史著 地下経済の実態紹介

 地下経済の実態紹介、税制との関係も指摘  政府・財務当局が捕捉できない経済活動を地下経済と呼ぶ。著者はその分析で知られるエコノミストである。本書ではオモテ社会における節税対策も紹介されているのだが、とりわけ「オモテ社………[もっと読む]

[評者]加藤出
[掲載]2005年11月27日
[ジャンル]経済 新書

  • 1

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る