荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)の書評

写真:荻上チキさん

荻上チキ (「シノドス」編集長・評論家)
1981年兵庫県生まれ。著書『彼女たちの売春(ワリキリ)』『ウェブ炎上』、編著『経済成長って何で必要なんだろう』など。TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」のキャスターを務める。

震災学入門—死生観からの社会構想 [著]金菱清

震災学入門—死生観からの社会構想 [著]金菱清

■「幽霊」も現実、当事者のケアを  震災について考えた本は数多くあるが、とりわけユニークな一冊が登場した。これまであまり注目されなかった事例を紹介し、被災者という当事者性について考えることの大切さに気づかせてくれる。 ………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2016年03月27日
[ジャンル]医学・福祉 社会

小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの [著]森健

小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの [著]森健

■なぜ福祉に情熱を注ぎ込んだのか  伝説の経営者、小倉昌男。ヤマト運輸の宅急便事業を成功させ、運輸規制と闘い、福祉事業に力を注いだ。そんな功績をたたえ、経営手腕などを分析する記事や書籍は後を絶たない。だが、なぜ小倉は、………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2016年03月06日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

21世紀の不平等 [著]アンソニー・B・アトキンソン

21世紀の不平等 [著]アンソニー・B・アトキンソン

■上手な再分配策を!明快で具体的提言  それにしても、政府はいつになったら再分配政策に本気を出すのだろう。経済政策の三本柱といえば「安定」「成長」「再分配」。だが、アベノミクス「第一の矢」でも「第二の矢」でも、「再分配………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2016年01月17日
[ジャンル]政治 社会

緊縮策という病 「危険な思想」の歴史 [著]マーク・ブライス

緊縮策という病 「危険な思想」の歴史 [著]マーク・ブライス

■機能しない「ゾンビ経済学」?  「債務が多すぎるから今のうちに削減しておこう」という主張は、欧州はじめ様々な国で叫ばれた。この手の緊縮策は、「痛みを伴う」「身を切る」といったフレーズと共に、日本の一部でも人気だ。だが………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年12月13日
[ジャンル]経済 社会

「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 [著]牧村康正、山田哲久

「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 [著]牧村康正、山田哲久

■アニメに賭けた波乱の人生  「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサーであった西崎義展氏。彼の幼少時代から事故死までの歩みを追ったルポの読後感は、「なんてめちゃくちゃな人生だ」というものだ。序章のタイトルは「いつ消されてもお………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年12月06日
[ジャンル]人文 ノンフィクション・評伝

レイシズムを解剖する―在日コリアンへの偏見とインターネット [著]高史明

レイシズムを解剖する―在日コリアンへの偏見とインターネット [著]高史明

■誤情報の流れ、丹念に検証・否定  本書は数式の頻出する学術書であり、一般向けの文体で書かれたものではない。それでもなお、広く手に取られるべき書物だ。ネットでもストリートでも「ヘイトスピーチ」がまき散らされている現在。………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]人文

ルシファー・エフェクト―ふつうの人が悪魔に変わるとき [著]フィリップ・ジンバルドー

ルシファー・エフェクト―ふつうの人が悪魔に変わるとき [著]フィリップ・ジンバルドー

■「悪の凡庸さ」にあらがうために  スタンフォード監獄実験。非常に有名な心理学実験だ。被験者を看守と受刑者とに分け、刑務所に模した施設で過ごさせる。役を演じているうちに看守は傍若無人に、受刑者は従順かつ無力に振る舞うよ………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年11月01日
[ジャンル]人文

水曜日のアニメが待ち遠しい [著]トリスタン・ブルネ

水曜日のアニメが待ち遠しい [著]トリスタン・ブルネ

■日本アニメ、仏文化にマッチ  フランス生まれの著者は、幼少期から日本のアニメ文化に触れながら育った。フランスではこれは決して珍しいことではない。1970年代、テレビ局は国営放送しかなく、その局が日本アニメを連続して流………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]人文 国際

兵士とセックス―第二次世界大戦下のフランスで米兵は何をしたのか? [著]メアリー・ルイーズ・ロバーツ

兵士とセックス―第二次世界大戦下のフランスで米兵は何をしたのか? [著]メアリー・ルイーズ・ロバーツ

■戦争が誘発する性暴力とは  1944年夏、フランスのノルマンディー。ここで米軍が行った上陸作戦は、しばしば軍事的側面からのみ取り上げられる。その後のフランスで、米兵がどのような生活を営んでいたのかについては、ほとんど………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年10月11日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝

管理栄養士パパの親子の食育BOOK [著]成田崇信

管理栄養士パパの親子の食育BOOK [著]成田崇信

■俗説・デマなぎ倒す1冊  怪しい「食育情報」が氾濫(はんらん)している。「肉、砂糖、牛乳は体に悪い」「パン食よりもご飯の方が栄養がある」「化学調味料や食品添加物は怖い」「カット野菜は栄養ゼロ」「できるだけ長く母乳だけ………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年09月27日
[ジャンル]教育 科学・生物 医学・福祉

新版 軍艦武藏(上・下) [著]手塚正己

新版 軍艦武藏(上・下) [著]手塚正己

■訓練や生活を再現、共同体描く  評者が手塚氏にお会いした時、本作の取材秘話を伺ったことがある。武蔵の元乗員の方に話を聞きに行き、インタビューとして収録した時間は数千時間。文字起こしも自ら行い、膨大な関連資料も収集する………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年08月30日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝

中国 狂乱の「歓楽街」 [著]富坂聰 性からよむ中国史 [著]スーザン・マン

中国 狂乱の「歓楽街」 [著]富坂聰 性からよむ中国史 [著]スーザン・マン

■類似と差異、考えるヒントに  性の観点から中国をみる。同コンセプト、だが異なるアプローチの本が同時期に出た。どちらも、日本と中国の「類似」と「差異」について考えるヒントにもなろう。  『中国 狂乱の「歓楽街」』の著者………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年08月23日
[ジャンル]政治 社会

下流老人—一億総老後崩壊の衝撃 [著]藤田孝典

下流老人—一億総老後崩壊の衝撃 [著]藤田孝典

■「若者VS.老人」の構図ではなく  インパクトのあるタイトルだ。下流老人とは「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」とのこと。昨今なにかと「若者VS.老人」といった構図を見かけるが、本書を手に取る………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年08月09日
[ジャンル]社会

トットひとり [著]黒柳徹子

トットひとり [著]黒柳徹子

■「もっと自由に」現代へのエール  生きるテレビ史、黒柳徹子。テレビ放送がはじまった時代。伝説的な音楽番組、クイズ番組、ニュース番組、トーク番組の舞台裏。俳優たちや作家たちとの交流。その風景を生き証人として語れる人は他………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年07月19日
[ジャンル]人文

女装して、一年間暮らしてみました。 [著]クリスチャン・ザイデル

女装して、一年間暮らしてみました。 [著]クリスチャン・ザイデル

■性の自由、喜びと困難を追体験  本書は、1人の男性が「女性性を着る」物語であり、同時に「男性性を脱ぐ」物語でもある。風邪をひきやすい体質の著者が、寒さ対策にと女性用ストッキングを購入したことをきっかけに、女装を極めて………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年07月12日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る