斎藤美奈子 (文芸評論家)の書評

写真:斎藤美奈子 さん

斎藤美奈子  (文芸評論家)
さいとう・みなこ。文芸評論家。2016年春より書評委員。朝日新聞の紙面審議会委員も務める。

文学効能事典―あなたの悩みに効く小説 [著]エラ・バーサド、スーザン・エルダキン

文学効能事典―あなたの悩みに効く小説 [著]エラ・バーサド、スーザン・エルダキン

 本読書欄にも「悩んで読むか、読んで悩むか」というお悩み相談コーナーがあるけれど、それをもっと強烈にしたのが本書。なにしろ文学愛好家は〈大昔から小説を軟膏(なんこう)のように使って傷をいやしてきた〉のであるから、その効能………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年09月24日
[ジャンル]文芸

真ん中の子どもたち [著]温又柔

真ん中の子どもたち [著]温又柔

■ややっこしくも爽やかな青春  〈四歳の私は、世界には二つのことばがあると思っていた。ひとつは、おうちの中だけで喋(しゃべ)ることば。もうひとつが、おうちの外でも通じることば〉  これが書きだし。  温又柔『真ん中の子………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年09月17日
[ジャンル]文芸

男尊女子 [著]酒井順子

男尊女子 [著]酒井順子

 14年前、『負け犬の遠吠(とおぼ)え』で30代独身女性の生態を活写した酒井順子さんのジェンダー論である。  男尊女子とは〈女は男を立てるもの。女は男を助けるもの〉という感覚に生きがいを感じちゃってる女子のこと。運動部の………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年08月06日
[ジャンル]人文 社会

星の子 [著]今村夏子

星の子 [著]今村夏子

■「あやしい」と「まとも」の間で  こないだの芥川賞には、はい、落ちました。落ちたけど、今村夏子が現在もっとも有望な作家のひとりであることに変わりはない。  デビュー作『こちらあみ子』も2作目の『あひる』も、子どもの視………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年07月23日
[ジャンル]文芸

月の満ち欠け [著]佐藤正午

月の満ち欠け [著]佐藤正午

■生死超えて遂げる、前世の思い  世の中には前世を記憶している(としか思えない)子どもたちがいるという。彼や彼女はある日、語りはじめる。知るはずのない過去について。行ったことのない場所について。  人は何度も生まれ変わ………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年06月25日
[ジャンル]文芸

ナビラとマララ―「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女 [著]宮田律

ナビラとマララ―「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女 [著]宮田律

■二人の境遇を分けたものは?  イスラムの女性たちに教育をと訴え、17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユースフザイさんはご存じですよね。2012年、15歳のとき、マララさんは「パキスタン・タリバン運動(TTP)」の………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

クラウドガール [著]金原ひとみ/私をくいとめて [著]綿矢りさ

クラウドガール [著]金原ひとみ/私をくいとめて [著]綿矢りさ

■自立を模索する女性たちの今  金原ひとみと綿矢りさが芥川賞を同時受賞したのは2004年。当時、金原は20歳、綿矢は19歳。そして13年。30代になった二人が昨年本紙に連載した小説がこの2作である。  金原ひとみ『クラ………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年04月02日
[ジャンル]人文

騎士団長殺し―第1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編 [著]村上春樹

騎士団長殺し―第1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編 [著]村上春樹

■「穴」にどっぷり、ハルキ入門編  で、結局、おもしろいんですか、どうなんですか?  その質問に答えるのはとても難しい。村上春樹はいまや一作だけでは語れない作家になってしまったから。人気がありすぎるのも困ったものだね。………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年03月05日
[ジャンル]文芸

ねえ君、不思議だと思いませんか? [著]池内了

ねえ君、不思議だと思いませんか? [著]池内了

 科学と社会の接点で考えなければならないことが現代にはあふれている。「オマエは科学的ではない」みたいな言説も飛びかっている。だけど科学的ってどういうこと? 本書は〈平和路線を守ることこそ科学者の責務〉といいきる宇宙物理学………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年02月26日
[ジャンル]科学・生物

  • 1

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る