齋藤純一(早大教授)の書評

写真:齋藤純一さん

齋藤純一 (早大教授)
1958年生まれ。早大教授=政治理論・政治思想史。2017年4月より書評委員。

フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫

フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫

■不利強いる慣行の問い直しを  本書は、19世紀から現代にいたるフェミニズム運動の軌跡を辿(たど)る。  興味をひかれるのは、フェミニズムが、20世紀半ばまでは、社会民主主義と親和的だったのに対して、70年代半ば以降、………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]政治

あま世へ-沖縄戦後史の自立にむけて [編]森宣雄、冨山一郎、戸邉秀明

あま世へ-沖縄戦後史の自立にむけて [編]森宣雄、冨山一郎、戸邉秀明

 執筆者のひとり鹿野政直氏によれば、近代の沖縄は「最後尾の県」(戦前・戦中)、「捨て石」(沖縄戦)、「太平洋の要石」(米軍占領下から復帰を経て現在に至る)と特徴づけられる立場にたたされてきた。  沖縄が強いられてきたのは………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]政治 社会

われらの子ども―米国における機会格差の拡大 [著]ロバート・D・パットナム

われらの子ども―米国における機会格差の拡大 [著]ロバート・D・パットナム

■公正に才能生かすため探求迫る  「二つのアメリカ」への分断。本書が克明に描き出すのは、アメリカン・ドリームが過去のものとなりつつある現状である。  「二つの」社会階級は、親が大卒か高卒かで分けられる。本書の魅力は、そ………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年04月23日
[ジャンル]歴史 社会

福祉政治史 格差に抗するデモクラシー [著]田中拓道

福祉政治史 格差に抗するデモクラシー [著]田中拓道

■誰の意思反映か、分かれる政策  グローバル化、巨額の財政赤字、そして少子化という状況を考えると、福祉の後退は避けがたいようにも見える。一方で、中低所得者がいだく先行きへの不安は、各地でポピュリズムの動きを加速させてい………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年04月02日
[ジャンル]政治

  • 1

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る