久保文明(東京大学教授)の書評

写真:久保文明さん

久保文明 (東京大学教授)
1956年東京都生まれ。東京大学教授。専門はアメリカ政治。慶応大学教授などを経て現職。著書に『ニューディールとアメリカ民主制』(桜田会賞、義塾賞)『現代アメリカ政治と公共利益―環境保護をめぐる政治過程』『オバマ政権のアジア戦略』、共著に『首相公選を考える』など。

グリーン革命―温暖化、フラット化、人口過密化する世界 上・下 [著]トーマス・フリードマン

グリーン革命―温暖化、フラット化、人口過密化する世界 上・下 [著]トーマス・フリードマン

■アメリカの造り替えうながす警告の書  フリードマンは3年前に『フラット化する世界』を刊行し、さまざまな技術革命が世界での経済競争の土俵を平らにしてしまったこと、それによってこれまでよりはるかに多くの世界の人々が競争に………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2009年04月12日
[ジャンル]政治 経済 国際

リーダー・パワー [著]ジョセフ・S・ナイ 

リーダー・パワー [著]ジョセフ・S・ナイ 

■人を引き寄せ説得する力の重要性  ナイはソフト・パワー論で有名な国際政治学者である。本書はその著者が、リーダーシップ論にソフト・パワー概念を適用したものである。いうまでもなく、このテーマに関してはすでに無数の研究が存………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2009年03月15日
[ジャンル]政治 国際

アメリカ後の世界 [著]ファリード・ザカリア 

アメリカ後の世界 [著]ファリード・ザカリア 

■挑戦者としての中国・インド両国  近年、アメリカ批判が高まっている。感情論にも近い衰退論や世界無極論もあれば、帝国論、格差社会論、貧困大国論も存在する。ただし、今回の経済危機が明らかにしたことは、アメリカ経済に変調が………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2009年03月01日
[ジャンル]国際

神の国アメリカの論理 [著]上坂昇 

神の国アメリカの論理 [著]上坂昇 

■キリスト再臨信じイスラエル支援  アメリカが宗教的な国であることはよく知られている。先進国の中では随一であろう。成人の82%が神を信じている。日本とアメリカの大きな相違は、仏教とキリスト教の違い以上に、日本が世俗的な………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2009年02月01日
[ジャンル]人文 国際

失墜するアメリカ経済―ネオリベラル政策とその代替策 [著]ロバート・ポーリン

失墜するアメリカ経済―ネオリベラル政策とその代替策 [著]ロバート・ポーリン

■新自由主義の次の政策は存在するか    アメリカの経済政策について、クリントン民主党政権はよくて、ブッシュ共和党政権になってから急に悪くなったという議論がなされることが多い。前者は財政均衡と繁栄をもたらしたが、後者は………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2009年01月18日
[ジャンル]経済

ランド―世界を支配した研究所 [著]アレックス・アベラ

ランド―世界を支配した研究所 [著]アレックス・アベラ

■アメリカの政策動かした科学的思考  アメリカではシンクタンクが政策形成において重要な役割を演じていることはよく知られている。それがほとんど官僚によって担われているわが国との大きな違いでもある。わが国ではシンクタンクに………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2009年01月04日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか? [著]スーザン・ジョージ/アメリカの宗教右派 [著]飯山雅史

アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか? [著]スーザン・ジョージ/アメリカの宗教右派 [著]飯山雅史

■信仰を持つ人と持たない人との断絶  2004年のアメリカ大統領選挙については、ブッシュ大統領が宗教を大動員できたことが勝因であると指摘された。ただし、わが国の理解ではこの現象が一般化され過ぎているように思われる。たと………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年11月16日
[ジャンル]政治 人文 新書

追跡・アメリカの思想家たち [著]会田弘継

追跡・アメリカの思想家たち [著]会田弘継

■近代合理主義を疑う保守の流れ  アメリカには思想がないという人がたまにいる。ヨーロッパびいきの人に多い。そうでなくても、アメリカの思想ははなから蔑視(べっし)される傾向が強い。しかし、電電公社・専売公社・国鉄の民営化………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年11月09日
[ジャンル]人文

ブラック・ケネディ-オバマの挑戦 [著]クリストフ・フォン・マーシャル

ブラック・ケネディ-オバマの挑戦 [著]クリストフ・フォン・マーシャル

■古きよき米国の指導者と重ねる夢  本年1月3日のアイオワ州党員集会でオバマが劇的勝利を収めた直後に、彼をケネディの再来と形容したのはドイツの新聞であった。アメリカと世界を大胆に変革するために指導力を発揮してくれる若き………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年10月19日
[ジャンル]政治 ノンフィクション・評伝 国際

アメリカ 自由の物語-植民地時代から現代まで [著]エリック・フォーナー

アメリカ 自由の物語-植民地時代から現代まで [著]エリック・フォーナー

■「自由の国」の自由でない歴史も直視</strong>  民主主義、繁栄、個人主義、大国など、アメリカを形容することばは無数に存在する。しかし、その中で自由が欠けることはないであろう。それほど、アメリカには、自由の国と………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年10月12日
[ジャンル]歴史 人文

ホームスクーリングに学ぶ [著]リンダ・ドブソン

ホームスクーリングに学ぶ [著]リンダ・ドブソン

■教育を家庭に戻し、家族中心に楽しく  アメリカでは現在200万から250万人がホームスクール(在宅教育)で初等中等教育を受けている。驚異的な数字である。80年ごろにはほとんどの州で認められていなかったが、長年の運動の………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年08月31日
[ジャンル]教育

見えないアメリカ―保守とリベラルのあいだ [著]渡辺将人

見えないアメリカ―保守とリベラルのあいだ [著]渡辺将人

■型にはまらない対立軸を描写  アメリカについて、日本人は十分に知っていると思い込みがちだ。しかし、観光地、ビジネスの現場、大学などで日本人がよく出会うアメリカ人とは異なるアメリカ人も存在するし、場合によるとそちらの方………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年08月24日
[ジャンル]政治 新書 国際

世界を不幸にするアメリカの戦争経済 [著]スティグリッツ、ビルムズ

世界を不幸にするアメリカの戦争経済 [著]スティグリッツ、ビルムズ

■「驚くほど高くついた」戦争のコスト  戦争はとてつもなく高くつく。これが本書のメッセージである。イラク戦争開始前、ブッシュ政権関係者は、戦争はすぐに終わり、イラクの石油を売却すれば戦費もごくわずかしかかからないと主張………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年07月20日
[ジャンル]経済 国際

アメリカ大統領の挑戦―「自由の帝国」の光と影 [著]本間長世

アメリカ大統領の挑戦―「自由の帝国」の光と影 [著]本間長世

■戦争・平和への判断力をどう評価  本書は、ウィルソンやF・D・ローズヴェルトらの大統領を中心に据えてアメリカ史を論じる。ただし、大統領だけに着目するのではなく、自由と平等、移民の受容とそれへの反発、民主化とポピュリズ………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年07月06日
[ジャンル]歴史 政治 国際

米国世界戦略の核心―世界は「アメリカン・パワー」を制御できるか? [著]スティーヴン・M・ウォルト

米国世界戦略の核心―世界は「アメリカン・パワー」を制御できるか? [著]スティーヴン・M・ウォルト

■世界は「米国の優位」が不安なのに  世界におけるアメリカの優位の評価をめぐって、アメリカの内と外とでいかに大きな隔たりがあるか、これが本書のテーマである。  アメリカ人はアメリカの優位は世界全体にとっても利益になると………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2008年06月15日
[ジャンル]人文 国際

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る