中条省平(学習院大学教授)の書評

写真:中条省平さん

中条省平 (学習院大学教授)
1954年神奈川県生まれ。学習院大学教授。専門はフランス文学。著書に『最後のロマン主義者』『映画作家論』『文章読本』『反=近代文学史』『ただしいジャズ入門』『天才バカボン家族論「パパの品格」なんていらないのだ!』、訳書にバタイユ『マダム・エドワルダ』など。

手塚治虫=ストーリーマンガの起源 [著]竹内一郎

手塚治虫=ストーリーマンガの起源 [著]竹内一郎

■作品を踏査 驚異の演出法を分析  作者は『人は見た目が9割』というベストセラーを生みだした著述家で、マンガの原作や戯曲の執筆も手がけている。本書は、その作者が九州大学に提出した学位論文を平易に書き改めたものである。 ………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年04月09日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

翻訳教室 [著]柴田元幸 

翻訳教室 [著]柴田元幸 

■学生と考える最良の訳文  二〇〇四年から〇五年にかけて、東大文学部で三、四年生を対象にして行われた「翻訳演習」の授業の筆記録である。  課題となる原文は、ヘミングウェイからレイモンド・カーヴァーを経てレベッカ・ブラウ………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年04月02日
[ジャンル]文芸

ローリング・ストーンズ ある伝記 [著]フランソワ・ボン

ローリング・ストーンズ ある伝記 [著]フランソワ・ボン

■暴力、性…悪と響きあうバンドの物語  「俺(おれ)がギターを取り上げ、〈Jumpin’ Jack Flash〉のリフをかき鳴らしたとたん、何かがここで起こるんだ、腹の真ん中あたりでさ。[…]たぶんこの世代の人間が全員………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年02月26日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝

日本美術の歴史 [著]辻惟雄

日本美術の歴史 [著]辻惟雄

■「かざり」こそ根幹、大胆かつ簡明に描く通史  いまから三十五年前、辻惟雄の『奇想の系譜』を読んだときの驚きを忘れられない。私はまだ高校生だったが、又兵衛、若冲(じゃくちゅう)、蕭白(しょうはく)、蘆雪(ろせつ)、見た………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年02月12日
[ジャンル]歴史 アート・ファッション・芸能

王道楽土の戦争 戦前・戦中篇/戦後60年篇 [著]吉田司

王道楽土の戦争 戦前・戦中篇/戦後60年篇 [著]吉田司

■手際鮮やか 大スケールの歴史劇場  表題の王道楽土とは、狭義には戦前の日本による満州建国を意味する。  本書の論述の基本は、戦後日本の高度経済成長が満州国の培った人脈とノウハウによって支えられた、という認識に貫かれて………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年01月29日
[ジャンル]政治 社会 国際

萌えの研究 [著]大泉実成

萌えの研究 [著]大泉実成

 「萌(も)え」関連の市場規模が八八八億円という報道は波紋を広げたようだ。そんなに儲(もう)かるんなら、企業として、日本国として、萌えを支援しようという動きさえ出てきた。何ともあさましい話である。政財界のお偉方が「萌え」………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年01月22日
[ジャンル]人文

甦る昭和脇役名画館 [著]鹿島茂

甦る昭和脇役名画館 [著]鹿島茂

 著者は大学から大学院へ進む前後十年間に三〇〇〇本以上の映画を見た。その多くは東映ヤクザ映画や日活ロマンポルノである。つまり、日本のプログラムピクチャーの最後の光芒(こうぼう)を一身に浴びながら、鬱屈(うっくつ)した青………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年01月15日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

何が映画を走らせるのか? [著]山田宏一

何が映画を走らせるのか? [著]山田宏一

■快楽に満ちた百年史、絶妙の語り口で  『ゴダールの映画史』に倣えば、本書は「山田宏一の映画史」と呼べるだろう。つまり、映画百年史ではあるが、直線的、年代記的には語られない。自由な連想により、逸脱に逸脱を重ね、歴史とい………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2006年01月08日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

回想 回転扉の三島由紀夫 堂本正樹著

回想 回転扉の三島由紀夫 堂本正樹著

 この文章を五年前「文学界」で読んだときにも驚愕(きょうがく)したが、今回改めて驚きを噛(か)みしめている。まことに瞠目(どうもく)すべき記録であり、三島について、今後これほど誠実かつ興味深い証言がなされることは絶無だ………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2005年12月18日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 新書

教室を路地に! 横浜国大VS紅テント 2739日 唐十郎・室井尚著

教室を路地に! 横浜国大VS紅テント 2739日 唐十郎・室井尚著

 一九九七年、唐十郎は横浜国立大学教授に就任し、初講義で教室の黒板をぶち破って登場した。この唐のパフォーマンスは当時マスコミで大きく報道された。そして本年一月、唐教授は赤い木馬に乗って最終講義に現れ、定年で退職した。 ………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2005年11月20日
[ジャンル]教育

テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ 伊藤剛著

テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ 伊藤剛著

 物語よりキャラ 変化の構図、説得的に  マンガがつまらなくなったという声をよく聞く。だがそれは違うと本書の著者はいう。手塚治虫の作品を規範として育ち、戦後マンガの奇跡的な成長を支えた読者や評論家に、今のマンガの魅力が………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2005年11月13日
[ジャンル]文芸

デカルトの密室 瀬名秀明著

デカルトの密室 瀬名秀明著

 ロボットの情報処理と人間の思考を分かつものは何か? 自己意識、というのが一つの答えだろう。情報を処理するだけでなく、情報処理を行う自分を監視するもう一段上の視点(私という意識)をもつこと。本書の作者は、「私を思考する………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2005年11月06日
[ジャンル]文芸 科学・生物

イメージ・ファクトリー 日本×流行×文化 ドナルド・リチー著

イメージ・ファクトリー 日本×流行×文化 ドナルド・リチー著

 The Image Factory  愛憎と理解のこもった犀利な日本批評  三島由紀夫が絶賛した映画作家であり、小津や黒澤の研究者でもあるリチー。本書は「幻影の工場」日本への積年の愛憎と理解のこもった犀利(さいり)な………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2005年10月23日
[ジャンル]人文 アート・ファッション・芸能

三つの教会と三人のプリミティフ派画家  J・K・ユイスマンス著

三つの教会と三人のプリミティフ派画家  J・K・ユイスマンス著

 『さかしま』で著名なユイスマンスの遺作となった美術論集。ノートル=ダムほか二つの教会と、グリューネヴァルトほかフランクフルトの謎の画家二人を論じている。原著からほぼ百年後の初訳だが、表層を凝視し、その奥から信仰と人間………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2005年10月16日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

孤立、無援 阪本順治著

孤立、無援 阪本順治著

 勇気をあたえられる書物だ。生きて、仕事を続ける勇気。映画に興味のある若い人にぜひ読んでほしい。  助監督時代、子供たちが寒い海に入る映画を撮った。子供に温かいうどんを食わせてやりたい。だが冷えたら逆効果だ。だから出前………[もっと読む]

[評者]中条省平(学習院大学教授)
[掲載]2005年10月09日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る