福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)の書評

写真:福岡伸一さん

福岡伸一 (青山学院大学教授・生物学)
1959年東京都生まれ。専門は分子細胞生物学。著書に『プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー』(講談社出版文化賞)『ロハスの思考』『生物と無生物のあいだ』(サントリー学芸賞)『動的平衡』『ルリボシカミキリの青』など。

うから はらから [著]阿川佐和子

うから はらから [著]阿川佐和子

■話芸がさえわたる物語の楽しさ  すこし前、新潮社の小説誌yomyomをパラパラめくっていてふと目にとまったタイトル。「種の起源」。ダーウィンじゃあるまいし。来栖未来(くるすみく)は43歳。週刊誌の編集者。バツイチ。と………[もっと読む]

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)
[掲載]2011年04月03日
[ジャンル]文芸

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る