楊逸(作家)の書評

写真:楊逸さん

楊逸 (作家)
1964年中国ハルピン生まれ。87年に来日。2007年『ワンちゃん』(文學界新人賞)で作家デビュー。08年『時が滲む朝』で芥川賞受賞。他に『金魚生活』『すき・やき』『陽だまり幻想曲』、エッセー集に『おいしい中国』など。

すばらしい墜落 [著]ハ・ジン

すばらしい墜落 [著]ハ・ジン

■がむしゃらに生きる中国系移民  ニューヨークにはフラッシングという町があるという。そこに、貧しい留学生をはじめ裕福なインテリや会社員、小金持ちの老人やその介護をするおばさん、寺のお坊さんから若い売春婦まで、様々な中国………[もっと読む]

[評者]楊逸(作家)
[掲載]2011年05月22日
[ジャンル]文芸 国際

疾走中国 変わりゆく都市と農村 [著]ピーター・ヘスラー著

疾走中国 変わりゆく都市と農村 [著]ピーター・ヘスラー著

■道なき道を進み、淡々と事実のみ  中国が疾走し始めた1990年代の後半に一度、2年ぶりに帰省したことがあった。ハルビン駅から家までタクシーでわずか10分ほどの道のりだが、陸橋が何本も重なるように造られ、両側のボロ家も………[もっと読む]

[評者]楊逸(作家)
[掲載]2011年05月08日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝 国際

アジアに浸る/トモスイ [著]高樹のぶ子

アジアに浸る/トモスイ [著]高樹のぶ子

■写真鮮やか、風土人情生き生き  マニラで死者の埋葬費用を賭博で稼ぐのを目にし、モンゴル大草原の狼(おおかみ)の遠吠(とおぼ)えを聞きながら眠り、バンコクの病院で性転換手術に立ち会い、台湾の海に溺れて死の恐怖を覚えた—………[もっと読む]

[評者]楊逸(作家)
[掲載]2011年04月24日
[ジャンル]文芸 国際

『古事記』神話の謎を解く―かくされた裏面 [著]西條勉

『古事記』神話の謎を解く―かくされた裏面 [著]西條勉

■また一つ、新視点に興味深く  民族のアイデンティティーたるものは、それぞれの神話に秘められている。故に、私たちの価値観が、無意識でいながらも、実はそれに大きく影響されていると思われる。  中国では、一般的に「盤古開天………[もっと読む]

[評者]楊逸(作家)
[掲載]2011年04月03日
[ジャンル]歴史 人文 新書

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る