末國善己(文芸評論家)の書評

写真:末國善己さん

末國善己 (文芸評論家)

謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉 [著]高野秀行

謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉 [著]高野秀行

■ソウルフードの知られざる実態  納豆は日本の伝統食で、おいしさが理解できるのも日本人だけ、と考えている人も多いように思える。  だが世界の辺境を取材し良質なノンフィクションを発表している著者は、実際にアジアの山岳地帯………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年06月26日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

天下一の軽口男 [著]木下昌輝

天下一の軽口男 [著]木下昌輝

■権力者やり込め、胸のすく思い  木下昌輝は、宇喜多直家が梟雄(きょうゆう)になるまでを追ったデビュー作『宇喜多の捨て嫁』で、高校生直木賞、舟橋聖一文学賞などを受賞。人魚の肉を食べた新撰組隊士が異形のモノに変じる第二作………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年05月22日
[ジャンル]歴史 文芸

死仮面 [著]折原一

死仮面 [著]折原一

 折原一の新作は、現実と作中作が同時並行で進む複雑な構成の物語である。  秋月雅代は、急死した内縁の夫の境遇が、秘密に包まれていたと知る。夫が何者かを調べ始めた雅代は、遺品の小説を読み始める。  小説には、同級生が、少年………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年05月15日
[ジャンル]文芸

眩(くらら) [著]朝井まかて

眩(くらら) [著]朝井まかて

■仕事に生き、迷い、悩む女絵師  朝井まかては、歌人・中島歌子の数奇な人生を描く直木賞受賞作『恋歌』、奇矯な井原西鶴が印象に残る『阿蘭陀西鶴』など、文人を題材にした作品を発表してきた。葛飾北斎の娘お栄(応為〈おうい〉)………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年05月08日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

吹けよ風 呼べよ嵐 [著]伊東潤

吹けよ風 呼べよ嵐 [著]伊東潤

■定説と異なる合戦、現代批判も  デビュー当初から戦国時代の関東にこだわっている伊東潤が、ついに川中島合戦を描いた。ほぼ全編が戦闘や謀略という硬派な物語は、原点回帰といえる。  しかも主人公は武田信玄、上杉謙信ではなく………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年04月17日
[ジャンル]文芸

プラハの墓地 [著]ウンベルト・エーコ

プラハの墓地 [著]ウンベルト・エーコ

■陰謀論の嘘にどう向き合うか  今年2月19日に亡くなったウンベルト・エーコは、記号論学者であり、『薔薇(ばら)の名前』など世界的なベストセラーを残した作家でもあった。エーコが2010年に発表した本書も、知的好奇心を刺………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年04月03日
[ジャンル]文芸 社会

出星前夜 [著]飯嶋和一 

出星前夜 [著]飯嶋和一 

■圧政と戦った騒乱の本質に迫る  島原の乱といえば、キリシタンが起こした騒乱との印象も強いのではないだろうか。  だが本書は、島原藩主の松倉家が2倍の年貢を取り、凶作にも手を打たなかったことから物語を始めることで、乱が………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2008年09月14日
[ジャンル]歴史

弥勒世(みるくゆー) 上・下 [著]馳星周 

弥勒世(みるくゆー) 上・下 [著]馳星周 

■小説に移し替える「病気や死」  今も米軍の事件が相次ぐ沖縄。返還直前の沖縄を舞台にした『弥勒世(みるくゆー)』は、犯罪小説の手法で沖縄の悲劇の歴史に迫ることで著者が新境地を切り開いている。  英字新聞で働く伊波尚友(………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2008年03月23日
[ジャンル]文芸

メフェナーボウンのつどう道 [著]古処誠二 

メフェナーボウンのつどう道 [著]古処誠二 

■撤退の中、悩んだ看護婦たち  太平洋戦争を題材にしながらも、時代を超えた普遍的なドラマを紡いできた著者が最新作の舞台に選んだのは、大戦末期のビルマ(現ミャンマー)。英印軍の進攻でラングーンの兵站(へいたん)病院からの………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2008年02月17日
[ジャンル]歴史 文芸

月芝居 [著]北重人 

月芝居 [著]北重人 

■江戸留守居役が迫る天保の闇  昨年『蒼火(あおび)』で大藪春彦賞を受賞した著者の受賞後第一作は、巨大利権に群がり甘い汁を吸う魑魅魍魎(ちみもうりょう)の存在を浮かび上がらせる時代ミステリーである。  天保の改革で江戸………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2008年01月27日
[ジャンル]歴史 文芸

中原の虹 [著]浅田次郎 

中原の虹 [著]浅田次郎 

■複雑怪奇な中国近代史を活写  『蒼穹(そうきゅう)の昴』から約十年、続編となる『中原の虹』が完結した。張作霖が一大軍閥を築くまでを派手な活劇を交えて描く冒険小説、張作霖の下で戦う春雷(チュンレイ)、西太后腹心の宦官(………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2008年01月06日
[ジャンル]文芸

私の男 [著]桜庭一樹

私の男 [著]桜庭一樹

■謎めいた過去に迫りながら  矢継ぎ早に話題作を世に送り出している桜庭一樹の最新作は、ダークな雰囲気の恋愛ミステリーである。  2008年6月、結婚式を翌日に控えた腐野(くさりの)花は、養父の淳悟(じゅんご)、婚約者の………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2007年12月02日
[ジャンル]文芸

柳生大戦争 [著]荒山徹 

柳生大戦争 [著]荒山徹 

■朝鮮を舞台に柳生家の争い  日本と朝鮮の知られざる歴史を踏まえた伝奇小説で人気を集める荒山徹。その最新作は、得意の日朝秘史に加え、清の台頭で混迷する17世紀の東アジア情勢や、元寇から徳川家光の時代まで約300年にわた………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2007年11月18日
[ジャンル]文芸

廓の与右衛門―控え帳 [著]中嶋隆

廓の与右衛門―控え帳 [著]中嶋隆

■遊廓を舞台に“仕事人”が活躍  中嶋隆のデビュー作は、京の島原と江戸の吉原を舞台に、廓(くるわ)のトラブルをひそかに処理する“闇の仕事人”となった大木歳三の活躍を連作形式で描いていく。  時は元禄、犬公方こと綱吉の時………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2007年11月04日
[ジャンル]文芸

つくもがみ貸します [著]畠中恵

つくもがみ貸します [著]畠中恵

■古道具の妖怪が事件解決  愛らしい妖怪も魅力の「しゃばけ」シリーズで人気を集める畠中恵の最新作も、妖怪が大活躍している。  生まれて100年たった器物は妖(あやかし)の付喪神(つくもがみ)になるという。義理の姉弟(き………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2007年10月14日
[ジャンル]文芸

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る