今年の3点(書評委員)の書評

写真:今年の3点さん

今年の3点 (書評委員)

市田隆 書評委員が選んだ「2016年の3点」

市田隆 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)ヒトラーの娘たち(ウェンディ・ロワー著、武井彩佳監訳、石川ミカ訳、明石書店・3456円) (2)プルートピア 原子力村が生みだす悲劇の連鎖(ケイト・ブラウン著、高山祥子訳、講談社・3240円) (3)ジョイランド(………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

立野純二 書評委員が選んだ「2016年の3点」

立野純二 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)トランプ(ワシントン・ポスト取材班ほか著、野中香方子ほか訳、文芸春秋・2268円) (2)沖縄は未来をどう生きるか(大田昌秀・佐藤優著、岩波書店・1836円) (3)戦地からのラブレター(ジャン=ピエール・ゲノ編著………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

蜂飼耳 書評委員が選んだ「2016年の3点」

蜂飼耳 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)炎と苗木 田中慎弥の掌劇場(田中慎弥著、毎日新聞出版・1620円) (2)乱舞の中世 白拍子・乱拍子・猿楽(沖本幸子著、吉川弘文館・1836円) (3)神話で読みとく古代日本 古事記・日本書紀・風土記(松本直樹著、………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

保阪正康 書評委員が選んだ「2016年の3点」

保阪正康 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)フランクリン・ローズヴェルト 上・下(ドリス・カーンズ・グッドウィン著、砂村榮利子・山下淑美訳、中央公論新社・各4536円) (2)密室の戦争(片山厚志ほか著、岩波書店・2484円) (3)現代語訳 巴里籠城日誌(………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

細野晴臣 書評委員が選んだ「2016年の3点」

細野晴臣 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)武満徹・音楽創造への旅(立花隆著、文芸春秋・4320円) (2)ポール・マッカートニー 告白(ポール・デュ・ノイヤー著、奥田祐士訳、DU BOOKS・3240円) (3)相倉久人にきく昭和歌謡史(相倉久人著、松村洋………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

諸富徹 書評委員が選んだ「2016年の3点」

諸富徹 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)限界費用ゼロ社会(ジェレミー・リフキン著、柴田裕之訳、NHK出版・2592円) (2)時間かせぎの資本主義(ヴォルフガング・シュトレーク著、鈴木直訳、みすず書房・4536円) (3)マイナス金利政策(岩田一政・左三………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

武田徹 書評委員が選んだ「2016年の3点」

武田徹 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)「共生」の都市社会学 下北沢再開発問題のなかで考える(三浦倫平著、新曜社・5616円) (2)樺太を訪れた歌人たち(松村正直著、ながらみ書房・2700円) (3)全裸監督 村西とおる伝(本橋信宏著、太田出版・259………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

中村和恵 書評委員が選んだ「2016年の3点」

中村和恵 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)野良ビトたちの燃え上がる肖像(木村友祐著、新潮社・1728円) (2)きみがぼくを見つける(サラ・ボーム著、加藤洋子訳、ポプラ社・1944円) (3)i アイ(西加奈子著、ポプラ社・1620円)     ◇  書評………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

原武史 書評委員が選んだ「2016年の3点」

原武史 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)クレムリン 上・下(キャサリン・メリデール著、松島芳彦訳、白水社・各3132円) (2)また、桜の国で(須賀しのぶ著、祥伝社・1998円) (3)狂うひと 「死の棘」の妻・島尾ミホ(梯久美子著、新潮社・3240円)………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

星野智幸 書評委員が選んだ「2016年の3点」

星野智幸 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)おばちゃんたちのいるところ(松田青子著、中央公論新社・1512円) (2)かわいい海とかわいくない海 end.(瀬戸夏子著、書肆侃侃房・2052円) (3)非モテの品格 男にとって「弱さ」とは何か(杉田俊介著、集英………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

宮沢章夫 書評委員が選んだ「2016年の3点」

宮沢章夫 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)日本戯曲大事典(大笹吉雄・岡室美奈子・神山彰・扇田昭彦編、白水社・2万5920円) (2)「J演劇」の場所(内野儀著、東京大学出版会・7344円) (3)老人ホームで生まれた〈とつとつダンス〉(砂連尾理著、晶文社・………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

横尾忠則 書評委員が選んだ「2016年の3点」

横尾忠則 書評委員が選んだ「2016年の3点」

(1)「病は気から」を科学する(ジョー・マーチャント著、服部由美訳、講談社・3240円) (2)ピカソになりきった男(ギィ・リブ著、鳥取絹子訳、キノブックス・1728円) (3)ルシアン・フロイドとの朝食(ジョーディ・グ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2016年12月25日

五十嵐太郎 書評委員が薦める「2015年の3点」

五十嵐太郎 書評委員が薦める「2015年の3点」

(1)後(ご)美術論(椹木野衣〈さわらぎのい〉著、美術出版社・5184円) (2)映画は絵画のように 静止・運動・時間(岡田温司著、岩波書店・3132円) (3)表象のアリス テキストと図像に見る日本とイギリス(千森幹子………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2015年12月27日

大竹昭子 書評委員が薦める「2015年の3点」

大竹昭子 書評委員が薦める「2015年の3点」

(1)あなたを選んでくれるもの(ミランダ・ジュライ著、岸本佐知子訳、新潮社・2484円) (2)たまきはる(神蔵美子著、リトル・モア・3240円) (3)黒い迷宮(リチャード・ロイド・パリー著、濱野大道訳、早川書房・24………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2015年12月27日

柄谷行人 書評委員が薦める「2015年の3点」

柄谷行人 書評委員が薦める「2015年の3点」

(1)江戸日本の転換点 水田の激増は何をもたらしたか(武井弘一著、NHK出版・1512円) (2)現代アジアの宗教 社会主義を経た地域を読む(藤本透子編、春風社・4536円) (3)戦後日本の宗教史 天皇制・祖先崇拝・新………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2015年12月27日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る