小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)の書評

写真:小野正嗣さん

小野正嗣 (作家・明治学院大学准教授)
1970年大分県生まれ。比較文学者(現代フランス語圏)。著書に『水に埋もれる墓』(朝日新人文学賞)『にぎやかな湾に背負われた船』(三島由紀夫賞)『森のはずれで』『マイクロバス』『浦からマグノリアの庭へ』『獅子渡り鼻』など。共訳書に『ミゲル・ストリート』『ガラスの宮殿』など。

わたしがいなかった街で [著]柴崎友香

わたしがいなかった街で [著]柴崎友香

■「いま、ここ」で感じる不思議さ  主人公の砂羽は、大阪出身の30代半ばのバツイチ女性。東京の世田谷に暮らし、小さな会社に非正規社員として勤めている。家に戻れば、ユーゴやイラクなど世界の戦争や紛争を扱ったドキュメンタリ………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年08月26日
[ジャンル]文芸

ブルックリン・フォリーズ  [著]ポール・オースター

ブルックリン・フォリーズ  [著]ポール・オースター

■上機嫌な筆致で語る愚行の物語  本作の主人公にして語り手ネイサンは、大病、退職、離婚ののち、故郷ブルックリンに戻ってくる。時間を持て余し、「人間の愚行の書」(ザブックオブヒューマンフォリーズ)と題して生涯で犯してきた………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年07月29日
[ジャンル]文芸

燃焼のための習作 [著]堀江敏幸

燃焼のための習作 [著]堀江敏幸

■寄り添う言葉に耳を傾けて  〈透明性〉に取り憑(つ)かれた社会では、〈謎〉は解明されるためだけにしか存在しないかのようだ。だから、すぐに正解を欲しがる人には、運河のそばの狭い雑居ビルの4階にあるあの探偵(?)事務所を………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年07月08日
[ジャンル]文芸

墓地の書 [著]サムコ・ターレ

墓地の書 [著]サムコ・ターレ

■言葉遊びからタレ出す現実  サムコ・ターレ、ウンコターレ。日曜の朝からごめんくさい。スロヴァキアの地方都市コマールノで、バックミラーつきの荷車でダンボール回収をするこのターレが、本書の著者にして主人公だというからとっ………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年06月24日
[ジャンル]文芸

翻訳に遊ぶ [著]木村榮一

翻訳に遊ぶ [著]木村榮一

■言葉をつなぐ橋ができるまで  翻訳者ほど文学に奉仕する者はいない。異なる言葉を生きる書き手と読者をつなぐ大切な架け橋。橋から見える風景にひたすら心奪われている僕らではあるが、ふと足下の深淵(しんえん)に気づき、橋に畏………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年06月17日
[ジャンル]文芸

七夜物語 上・下 [著]川上弘美

七夜物語 上・下 [著]川上弘美

■現実とつながる「夜の世界」へ  川上弘美の文章には風が通(かよ)っているといつも思っていた。改行や丸みを帯びた平仮名が多用されているから? ちがうちがう。言葉が呼吸している。本が生きているのだ。  実際、読書好きの小………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年06月03日
[ジャンル]文芸

人生と運命(1~3) [著]ワシーリー・グロスマン

人生と運命(1~3) [著]ワシーリー・グロスマン

■戦争に揺れる人々、背後に広がる闇    まず喝采したい。20世紀文学という巨大な山脈の最高峰の一つがついに翻訳されたのだから!  これは、第2次世界大戦の趨勢(すうせい)を決したスターリングラードの攻防を背景に、独ソ………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年05月20日
[ジャンル]歴史 文芸

ヘルプ 心がつなぐストーリー [著]キャスリン・ストケット

ヘルプ 心がつなぐストーリー [著]キャスリン・ストケット

■声なき者の声で、境界線越える  60年代前半のアメリカのミシシッピ州。2人の女性の出会いが物語の核となる。白人の裕福な家庭で家政婦、つまり「ヘルプ」として働く黒人女性エイビリーンは一人息子をなくしたばかりだ。一方、作………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年04月15日
[ジャンル]文芸

なみだふるはな [著]石牟礼道子、藤原新也

なみだふるはな [著]石牟礼道子、藤原新也

■もの言わぬ山や川、沈黙滲ませる言葉  もちろん言の葉は繁茂しなくてはいけない。絶えてはいけない。しかし、カリウムと間違えてセシウムを取り込んでしまった葉のような、妙に大きく色濃くなった葉のような、そんな言葉ばかりが目………[もっと読む]

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)
[掲載]2012年04月01日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る