内澤旬子(文筆家・イラストレーター)の書評

写真:内澤旬子さん

内澤旬子 (文筆家・イラストレーター)
1967年神奈川県生まれ。ノンフィクション、エッセー、イラストルポなど幅広い分野で著書がある。『センセイの書斎』『世界屠畜紀行』『おやじがき』『身体のいいなり』(講談社エッセイ賞)、『飼い喰い 三匹の豚とわたし』。松田哲夫氏との共著に『「本」に恋して』など。

旅立つ理由 [著]旦敬介

旅立つ理由 [著]旦敬介

■旅の醍醐味、粋に描いた短編集  旅をテーマにした本を手に取るには、特別な気力を振り絞らねばならない。  旅というものは、本来実にわがままな娯楽にすぎない。異郷の地について知るのだったら、定住までの記録や専門知識にのっ………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2013年06月02日
[ジャンル]文芸

そのとき、本が生まれた [著]アレッサンドロ・マルツォ・マーニョ

そのとき、本が生まれた [著]アレッサンドロ・マルツォ・マーニョ

■出版史から見たヴェネツィア    1987年ヴェネツィアの小さな教会図書館で、コーランが発見された。刊行は1538年以前。世界で最初に印刷されたコーランだった。グーテンベルクが活版印刷を開発し、42行聖書を刊行したの………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2013年05月26日
[ジャンル]歴史 国際

安井かずみがいた時代 [著]島崎今日子

安井かずみがいた時代 [著]島崎今日子

■恐ろしいまでに愛があるだけ  これまで仲良く遊んでいた友人が、結婚を機にガラリと変わって疎遠になる。よくあることだ。結婚前と後、どっちが本当の彼女なのだろう。  1960年代にデビューした作詞家安井かずみ。派手なメー………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2013年04月28日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

謎の独立国家ソマリランド [著]高野秀行

謎の独立国家ソマリランド [著]高野秀行

■西洋式でない国、嘘のような現実  人がこの地球上で生きるのに、国家というところに所属しなければならなくなってどれくらい経つだろう。それが最良のやり方なのか、時々わからなくなる。  ソマリアと聞けば、無政府の内戦状態に………[もっと読む]

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)
[掲載]2013年04月21日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る