今年の3点(書評委員)の書評

写真:今年の3点さん

今年の3点 (書評委員)

諸富徹 書評委員が選ぶ「今年の3点」

諸富徹 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)租税抵抗の財政学(佐藤滋、古市将人著、岩波書店・2484円)  (2)格差と民主主義(ロバート・ライシュ著、雨宮寛ほか訳、東洋経済新報社・1728円)  (3)アメリカの就労支援と貧困(久本貴志著、日本経済評論社………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

横尾忠則 書評委員が選ぶ「今年の3点」

横尾忠則 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)僕はウォーホル(キャサリン・イングラム著、アンドリュー・レイ絵、岩崎亜矢監訳、パイインターナショナル・1728円)  (2)僕はダリ(同)  (3)僕はポロック(キャサリン・イングラム著、ピーター・アークル絵、岩………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

吉岡桂子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

吉岡桂子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)食べること 考えること(藤原辰史著、共和国・2592円)  (2)貧者を喰らう国・増補新版(阿古智子著、新潮選書・1404円)  (3)どろぼうのどろぼん(斉藤倫著、牡丹靖佳イラスト、福音館書店・1620円)  ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

荒俣宏 書評委員が選ぶ「今年の3点」

荒俣宏 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)一〇〇年目の書体づくり(大日本印刷著、DNPアートコミュニケーションズ・2100円) (2)波紋と螺旋とフィボナッチ(近藤滋著、学研メディカル秀潤社・1890円) (3)無限の始まり(D・ドイッチュ著、インターシフ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

川端裕人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

川端裕人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)極楽鳥全種(T・レイマン、E・スコールズ著、黒沢令子訳、日経ナショナルジオグラフィック社・3990円) (2)REAL BONES(湯沢英治写真、東野晃典構成・文、早川書房・9450円) (3)シッダールタの旅(竹………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

萱野稔人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

萱野稔人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)それは私がしたことなのか 行為の哲学入門(古田徹也著、新曜社・2520円) (2)愛国・革命・民主 日本史から世界を考える(三谷博著、筑摩選書・1890円) (3)金融の世界史(板谷敏彦著、新潮選書・1365円) ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

小野正嗣 書評委員が選ぶ「今年の3点」

小野正嗣 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)恋しくて(村上春樹編訳、中央公論新社・1890円) (2)いつも彼らはどこかに(小川洋子著、新潮社・1470円) (3)崩れゆく絆(チヌア・アチェベ著、粟飯原文子訳、光文社古典新訳文庫・1176円)     ◇  ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

いとうせいこう 書評委員が選ぶ「今年の3点」

いとうせいこう 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年(小林紀晴著、集英社・1785円) (2)サリンジャー 生涯91年の真実(ケネス・スラウェンスキー著、田中啓史訳、晶文社・4830円) (3)ミッキーはなぜ口笛を吹くのか(細馬………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

赤坂真理 書評委員が選ぶ「今年の3点」

赤坂真理 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)黒い海の記憶(山形孝夫著、岩波書店・2100円) (2)リンカーンの世紀・増補新版(巽孝之著、青土社・2520円) (3)南無ロックンロール二十一部経(古川日出男著、河出書房新社・2520円)     ◇  大震災………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

隈研吾 書評委員が選ぶ「今年の3点」

隈研吾 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)科学者が人間であること(中村桂子著、岩波新書・840円) (2)庭師 小川治兵衛とその時代(鈴木博之著、東京大学出版会・2940円) (3)日本建築集中講義(藤森照信・山口晃著、淡交社・1995円)     ◇  ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

柄谷行人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

柄谷行人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)忘却のしかた、記憶のしかた(ジョン・ダワー著、外岡秀俊訳、岩波書店・3150円) (2)褐色の世界史(ヴィジャイ・プラシャド著、粟飯原文子訳、水声社・4200円) (3)ゾミア(ジェームズ・スコット著、佐藤仁監訳、………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

角幡唯介 書評委員が選ぶ「今年の3点」

角幡唯介 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)永山則夫 封印された鑑定記録(堀川惠子著、岩波書店・2205円) (2)HHhH プラハ、1942年(ローラン・ビネ著、高橋啓訳、東京創元社・2730円) (3)子犬に脳を盗まれた!不思議な共生関係の謎(ジョン・フ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

内澤旬子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

内澤旬子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)変わるエジプト、変わらないエジプト(師岡カリーマ・エルサムニー著、白水社・1995円) (2)生きていく絵(荒井裕樹著、亜紀書房・2310円) (3)瀬戸内海のスケッチ 黒島伝治作品集(山本善行選、サウダージ・ブッ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

佐々木敦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

佐々木敦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)「AV女優」の社会学(鈴木涼美著、青土社・1995円) (2)ロジャー・アクロイドはなぜ殺される?(内田隆三著、岩波書店・3360円) (3)45 ザKLF伝(ビル・ドラモンド著、萩原麻理訳、Pヴァイン・3675円………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

渡辺靖 書評委員が選ぶ「今年の3点」

渡辺靖 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)戦後米国の沖縄文化戦略 琉球大学とミシガン・ミッション(小川忠著、岩波書店・3360円) (2)バチカン近現代史 ローマ教皇たちの「近代」との格闘(松本佐保著、中公新書・903円) (3)ハンサラン 愛する人びと(………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2013年12月29日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る