今年の3点(書評委員)の書評

写真:今年の3点さん

今年の3点 (書評委員)

三浦しをん 書評委員が薦める「2015年の3点」

三浦しをん 書評委員が薦める「2015年の3点」

(1)黄金色の夜(宇江敏勝著、新宿書房・2160円) (2)瞑(くら)き流れ(ジョシュ・ラニヨン著、冬斗亜紀訳、新書館モノクローム・ロマンス文庫・1080円) (3)一生続けられない仕事 3(山田ユギ著、竹書房バンブーコ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2015年12月27日

諸富徹 書評委員が薦める「2015年の3点」

諸富徹 書評委員が薦める「2015年の3点」

(1)震災復興の政治経済学 津波被災と原発危機の分離と交錯(齊藤誠著、日本評論社・2376円) (2)日本経済の構造変化(須藤時仁、野村容康著、岩波書店・2700円) (3)田園回帰1%戦略 地元に人と仕事を取り戻す(藤………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2015年12月27日

吉岡桂子 書評委員が薦める「2015年の3点」

吉岡桂子 書評委員が薦める「2015年の3点」

(1)暗黒の大陸(マーク・マゾワー著、中田瑞穂、網谷龍介訳、未来社・6264円) (2)シリーズ 日本の安全保障 第8巻 グローバル・コモンズ(遠藤乾編、岩波書店・3132円) (3)世界の果てのこどもたち(中脇初枝著、………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2015年12月27日

赤坂真理 書評委員が選ぶ「今年の3点」

赤坂真理 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)折口信夫(安藤礼二著、講談社・3996円) (2)現代の超克(中島岳志・若松英輔著、ミシマ社・1944円) (3)「孟子」の革命思想と日本(松本健一著、昌平黌出版会・1944円)     ◇  (1)数年前、デビュ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

内澤旬子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

内澤旬子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)寄生虫なき病(モイセズ・ベラスケス=マノフ著、赤根洋子訳、文芸春秋・2376円) (2)0(ゼロ)葬——あっさり死ぬ(島田裕巳著、集英社・1296円) (3)変愛小説集 日本作家編(岸本佐知子編、講談社・1944円………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

角幡唯介 書評委員が選ぶ「今年の3点」

角幡唯介 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)井田真木子著作撰集(里山社・3240円) (2)テクニウム(ケヴィン・ケリー著、服部桂訳、みすず書房・4860円) (3)「立入禁止」をゆく(ブラッドリー・L・ギャレット著、東郷えりか訳、青土社・4536円)   ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

柄谷行人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

柄谷行人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)民主政治はなぜ「大統領制化」するのか(T・ポグントケ、P・ウェブ編、岩崎正洋監訳、ミネルヴァ書房・8640円)  (2)琉球独立論(松島泰勝著、バジリコ・1944円)  (3)理不尽な進化(吉川浩満著、朝日出版社………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

佐倉統 書評委員が選ぶ「今年の3点」

佐倉統 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)意識をめぐる冒険(クリストフ・コッホ著、土谷尚嗣・小畑史哉 訳、岩波書店・3132円)  (2)月をマーケティングする(D・スコット、R・ジュレック著、関根光宏ほか訳、日経BP社・3456円)  (3)ストーナー………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

いとうせいこう 書評委員が選ぶ「今年の3点」

いとうせいこう 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)ボラード病(吉村萬壱著、文芸春秋・1512円) (2)愉楽(閻連科著、谷川毅訳、河出書房新社・3888円) (3)イチョウ 奇跡の2億年史 生き残った最古の樹木の物語(ピーター・クレイン著、矢野真千子訳、河出書房新………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

荻上チキ 書評委員が選ぶ「今年の3点」

荻上チキ 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)日本型排外主義 在特会・外国人参政権・東アジア地政学(樋口直人著、名古屋大学出版会・4536円) (2)日韓歴史認識問題とは何か 歴史教科書・「慰安婦」・ポピュリズム(木村幹著、ミネルヴァ書房・3024円) (3)………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

萱野稔人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

萱野稔人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?(ポール・シーブライト著、みすず書房・4104円) (2)民主主義って本当に最良のルールなのか、世界をまわって考えた(朝日新聞「カオスの深淵」取材班、東洋経済新報社・1620円………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

隈研吾 書評委員が選ぶ「今年の3点」

隈研吾 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)「らしい」建築批判(飯島洋一著、青土社・2592円)  (2)新国立競技場、何が問題か(槙文彦・大野秀敏編著、平凡社・1512円)  (3)磯崎新インタヴューズ(磯崎新・日埜直彦著、LIXIL出版・3780円) ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

佐々木敦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

佐々木敦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)音楽談義(保坂和志・湯浅学著、Pヴァイン・1944円)  (2)私のもらった文学賞(トーマス・ベルンハルト著、池田信雄訳、みすず書房・3456円)  (3)『ボヴァリー夫人』論(蓮實重彦著、筑摩書房・6912円)………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

島田雅彦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

島田雅彦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)人間は料理をする(マイケル・ポーラン著、野中香方子訳、NTT出版・上・下各2808円)  (2)音楽の進化史(ハワード・グッドール著、夏目大訳、河出書房新社・3456円)  (3)平成政治史(後藤謙次著、岩波書店………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

杉田敦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

杉田敦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

 (1)福祉国家変革の理路 労働・福祉・自由(新川敏光著、ミネルヴァ書房・4104円)  (2)シリーズ日本の安全保障 第1巻・安全保障とは何か(遠藤誠治・遠藤乾編、岩波書店・3132円)  (3)感情の政治学(吉田徹著………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2014年12月28日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る