水無田気流(詩人・社会学者)の書評

写真:水無田気流さん

水無田気流 (詩人・社会学者)
1970年神奈川県生まれ。立教大学社会学部兼任講師。2003年に現代詩手帖賞受賞。詩集に『音速平和』(中原中也賞)『Z境』(晩翠賞)。評論に『無頼化する女たち』、本名の田中理恵子名義で『平成幸福論ノート 変容する社会と「安定志向の罠」』など。

女子プロレスラーの身体とジェンダー 規範的「女らしさ」を超えて [著]合場敬子

女子プロレスラーの身体とジェンダー 規範的「女らしさ」を超えて [著]合場敬子

■「強さ」をめぐる問題提起  女らしさや美の規範。これらは、今なお多くの女性を拘束する見えない鎖である。とりわけ、「強さ」の問題は複雑だ。近代社会は男性には身体的な強さを奨励し、他方で女性の身体性にはむしろ抑圧的に作用………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年06月09日
[ジャンル]社会

少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか [著]松田茂樹

少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか [著]松田茂樹

■従来の対策の根本的な転換を  少子化は、日本社会の抱える問題の集積点である。しかしながら経済・社会・家族関係などと不可分の関係にあるため、客観的に論じることは難しい。自明視されているがゆえに見えない問題に本書は一つ一………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年06月02日
[ジャンル]政治 社会

ジェンダーと「自由」―理論、リベラリズム、クィア [編著]三浦玲一、早坂静

ジェンダーと「自由」―理論、リベラリズム、クィア [編著]三浦玲一、早坂静

■かくも複雑な性と自由の現在  このところフェミニズムは不人気である。それは皮肉にも、男女平等意識がある程度浸透したことにもよる。一方、当の女性たちはすでに「自由」を掌中にしたのだろうか。この素朴な問いへの解答は、困難………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年05月12日
[ジャンル]社会

フランシス子へ [著]吉本隆明

フランシス子へ [著]吉本隆明

■老詩人の歌うような猫語り  個人的なことで誠に恐縮だが、私は吉本隆明さんの講義ビデオ収録のため、お宅に通っていたことがある。愛猫「フランシス子」ちゃんも「シロミ」ちゃんも、見たり撫(な)でたり機材に乗られたりした。そ………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年05月05日
[ジャンル]文芸

ファッションフード、あります。 [著]畑中三応子

ファッションフード、あります。 [著]畑中三応子

■はやりの食物の元気な文化史  何とも元気の良い食文化レビュー本。筆者は流行の食べ物を「ファッションフード」と命名、主として1970年代から2010年までを疾駆して見せた。70年代は、ちょうど日本が消費文化の成熟を見せ………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年04月28日
[ジャンル]人文

モダン・ライフと戦争―スクリーンのなかの女性たち [著]宜野座菜央見

モダン・ライフと戦争―スクリーンのなかの女性たち [著]宜野座菜央見

■社会の矛盾とスターの身体  「女性の美」を読み解くことは、難しい。とりわけ政治や経済と結託したとき、その難易度は跳ね上がるようだ。本書は、1930年代前後の日本映画を、「女優」に着目して論じている。表象される「望まし………[もっと読む]

[評者]水無田気流(詩人・社会学者)
[掲載]2013年04月07日
[ジャンル]歴史 アート・ファッション・芸能

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る