今年の3点(書評委員)の書評

写真:今年の3点さん

今年の3点 (書評委員)

辻篤子 書評委員お薦め「今年の3点」

辻篤子 書評委員お薦め「今年の3点」

(1)不死細胞ヒーラ(レベッカ・スクルート著、中里京子訳、講談社・2940円) (2)フェイスブック(デビッド・カークパトリック著、滑川海彦ほか訳、日経BP社・1890円) (3)矢内原忠雄(鴨下重彦ほか編、東京大学出版………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2011年12月25日

上丸洋一 書評委員お薦め「今年の3点」

上丸洋一 書評委員お薦め「今年の3点」

(1)原発崩壊(樋口健二著、合同出版・2940円) (2)原子力をめぐる科学者の社会的責任(坂田昌一著、樫本喜一編、岩波書店・2730円) (3)災害論(加藤尚武著、世界思想社・1890円)     ◇  原発関連書から………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2011年12月25日

楊逸 書評委員お薦め「今年の3点」

楊逸 書評委員お薦め「今年の3点」

(1)疾走中国 変わりゆく都市と農村(ピーター・ヘスラー著、栗原泉訳、白水社・2730円) (2)上海近代のホワイトカラー 揺れる新中間層の形成(岩間一弘著、研文出版・7350円) (3)ふたつの故宮博物院(野嶋剛著、新………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2011年12月25日

松永美穂 書評委員お薦め「今年の3点」

松永美穂 書評委員お薦め「今年の3点」

(1)雪の練習生(多和田葉子著、新潮社・1785円) (2)半島へ(稲葉真弓著、講談社・1680円) (3)世界文学とは何か?(デイヴィッド・ダムロッシュ著、秋草俊一郎ほか訳、国書刊行会・5880円)     ◇  (1………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2011年12月25日

保阪正康 書評委員お薦め「今年の3点」

保阪正康 書評委員お薦め「今年の3点」

(1)レーニンの墓 上・下(デイヴィッド・レムニック著、三浦元博訳、白水社・各3360円) (2)評伝ジョージ・ケナン(ジョン・ルカーチ著、菅英輝訳、法政大学出版局・3045円) (3)新版原子力の社会史(吉岡斉著、朝日………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2011年12月25日

中島岳志 書評委員お薦め「今年の3点」

中島岳志 書評委員お薦め「今年の3点」

(1)困ってるひと(大野更紗著、ポプラ社・1470円) (2)「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか(開沼博著、青土社・2310円) (3)「ボランティア」の誕生と終焉(仁平典宏著、名古屋大学出版会・6930円) ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2011年12月25日

植田和男 書評委員お薦め「今年の3点」

植田和男 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)デフレの正体——経済は「人口の波」で動く(藻谷浩介著、角川oneテーマ21・760円)  (2)アメリカ連邦準備制度の内幕(ステファン・H・アキシルロッド著、田村勝省訳、一灯舎・2100円)  (3)リーマン・………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

石川直樹 書評委員お薦め「今年の3点」

石川直樹 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)百年前の山を旅する(服部文祥著、東京新聞出版部・1800円)  (2)空白の五マイル(角幡唯介著、集英社・1680円)  (3)哲学者とオオカミ(マーク・ローランズ著、今泉みね子訳、白水社・2520円)  現代………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

奥泉光 書評委員お薦め「今年の3点」

奥泉光 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)20世紀を語る音楽 1・2(アレックス・ロス著、柿沼敏江訳、みすず書房・1=4200円、2=3990円)  (2)ジョージ・オーウェル日記(ピーター・デイヴィソン編、高儀進訳、白水社・8820円)  (3)俺俺………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

鴻巣友季子 書評委員お薦め「今年の3点」

鴻巣友季子 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)ピストルズ(阿部和重著、講談社・1995円)  (2)小さいおうち(中島京子著、文芸春秋・1660円)  (3)流跡(朝吹真理子著、新潮社・1365円)  (1)は、作者の神町サーガの一編。美しい4姉妹をもつ「………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

久保文明 書評委員お薦め「今年の3点」

久保文明 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 上・下(D・ハルバースタム著、 山田耕介ほか訳、文芸春秋・各1995円)  (2)モスクワ攻防戦(アンドリュー・ナゴルスキ著、津守滋監訳、作品社・2940円)  (3)大………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

逢坂剛 書評委員お薦め「今年の3点」

逢坂剛 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)カチンの森(ヴィクトル・ザスラフスキー著、根岸隆夫訳、みすず書房・2940円)  (2)ウラジオストクから来た女(高城高著、東京創元社・1680円)  (3)死支度(勝目梓著、講談社・1680円)  『カチンの………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

姜尚中 書評委員お薦め「今年の3点」

姜尚中 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)自我の源泉(チャールズ・テイラー著、下川潔ほか訳、名古屋大学出版会・9975円)  (2)荒廃する世界のなかで(トニー・ジャット著、森本醇訳、みすず書房・2940円)  (3)昭和(ジョン・W・ダワー著、明田川………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

江上剛 書評委員お薦め「今年の3点」

江上剛 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)墓標なき草原 上・下(楊海英著、岩波書店・各3150円)  (2)なぜ危機に気づけなかったのか(マイケル・A・ロベルト著、飯田恒夫訳、英治出版・1995円)  (3)井伏鱒二・飯田龍太往復書簡(山梨県立文学館編………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

柄谷行人 書評委員お薦め「今年の3点」

柄谷行人 書評委員お薦め「今年の3点」

 (1)トーラーの名において——シオニズムに対するユダヤ教の抵抗の歴史(ヤコヴ・M・ラブキン著、菅野賢治訳、平凡社・5670円)  (2)天使はなぜ堕落するのか——中世哲学の興亡(八木雄二著、春秋社・5040円)  (………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2010年12月19日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る