詳細検索

本のタイトル、著者名、出版社名などを入力して検索してください。

詳細検索

16620 件中 120 件表示

2017年02月19日コラム

元号 不合理を超え日本でのみ存続 鈴木洋仁

 元号は、現在では日本にしか存在していない。中国で、紀元前2世紀に作られた建元が世界初の元号とされているが、その中国でも今や使われていない。 また、ひとりの天皇の在位期間と一つの元号を一致させる………[もっと読む]

2017年02月19日書評

ロッキング・オンの時代 [著]橘川幸夫

■才能が交錯した「音楽と私」誌 すぐれた個性が偶然、集結し、「ロッキング・オン」のような雑誌が生まれた。本書を読んで渋谷陽一の特別さをあらためて理解できたと感じたが、やはり岩谷宏だ。後年、原理主………[もっと読む]

2017年02月19日書評

洞窟ばか―すきあらば、前人未踏の洞窟探検 [著]吉田勝次

■底もゴールもない未知への挑戦 運命の力が作用して、なるべくして洞窟探検家になった「俺」は高校を辞めるまでは無謀なアウトロー的人間であり、直感に従った行動で危険な目にも遭うが、彼を導くことになる………[もっと読む]

2017年02月19日書評

キャッツ・アイ [著]マーガレット・アトウッド [訳]松田雅子ほか

■透徹した目で憎悪の結晶を解体 老年にさしかかり、成功を手にした画家イレインは自分の回顧展のため、トロントに戻ってくる。この町は嫌いだといいながら彼女は、ここでの半生の記憶を丹念にたどっていく。………[もっと読む]

2017年02月19日書評

ブルマーの謎―〈女子の身体〉と戦後日本 [著]山本雄二

■女子の感情無視した妙な「共犯」 筆者の世代で女子の体操着といえば体にぴったりフィットするブルマーが定番だった。だがその話は今の女子には通じない。1960年代に登場、一気に日本全国を席巻した密着………[もっと読む]

2017年02月19日書評

ぼくのミステリ・クロニクル [著]戸川安宣 [編]空犬太郎

 ミステリーファンなら、東京創元社の編集者として数多くの名作を世に出した戸川安宣の名を知らない人はいないのではないか。 本書は、少年の頃に江戸川乱歩の〈少年探偵団〉シリーズを愛読し、編集者時代に………[もっと読む]

2017年02月19日書評

竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末(上・下) [著]上田秀人

 人気時代小説家が、幕末の動乱の中で非業の死を遂げた仙台藩士玉虫左太夫に光を当てた。坂本龍馬ら幕末のスターたちに比べて知名度は低いが、この人物が後の世まで生きていたら日本はどうなっていたかと夢想………[もっと読む]

2017年02月19日書評

引揚げ文学論序説―新たなポストコロニアルへ [著]朴裕河

■戦後史の再考迫る植民地の記憶 戦後の文学史に一石を投じる(と同時に戦後社会への発見に満ちた)目が覚めるような文学論である。 敗戦後、中国大陸や朝鮮半島などの「外地」から「内地」に帰還した日本人………[もっと読む]

2017年02月19日コラム

職場がヤバい!―不正に走る普通の人たち [著]前田康二郎

■「プロ経理」が見た実態と対策 「家政婦は見た!」という人気テレビドラマがあるが、本書はさしずめ、「プロ経理は見た!」。契約先企業で経理業務などを請け負うフリーランスの経理が見聞きした「不正」に………[もっと読む]

2017年02月19日ニュース

外交感覚―時代の終わりと長い始まり

 国際政治学者の故高坂正堯氏の『外交感覚』シリーズ3巻が、合本『外交感覚 時代の終わりと長い始まり』として千倉書房から再刊された。同シリーズは東京新聞・中日新聞の連載を中心に、1977~95年に………[もっと読む]

2017年02月19日ニュース

世界の貝 大図鑑―形態・生態・分布

 世界各地の約600種の貝を実物大のカラー写真で楽しめる『世界の貝 大図鑑―形態・生態・分布』が柊風舎から刊行された。著者は米・スミソニアン自然史博物館のキュレーター、M・G・ハラセウィッチ氏と………[もっと読む]

2017年02月19日ニュース

経済用語図鑑

 新聞やビジネス書によく出る用語を、イラストを多用してやさしい言葉で解説する『経済用語図鑑』(花岡幸子著、浜畠かのうイラスト)がWAVE出版から刊行された。著者は大和証券投資戦略部長。経済の入門………[もっと読む]

2017年02月19日書評

自生の夢 [著]飛浩隆

■「すこし・ふしぎ」な思弁的小説 飛浩隆、十年ぶりの作品集である。七編を収録し、これで二〇〇二年以降に発表された短編、中編のうち、書籍に未収録のもの全てとなる。 寡作であるが、収録作のうち二作は………[もっと読む]

2017年02月15日ニュース

校閲2回が1回に 「信長読本」問題で社内調査結果公表

 出版大手「KADOKAWA」(東京)の雑誌「岐阜信長歴史読本」に約30カ所の誤りがあった問題で、同社は15日、本来2回すべき校正・校閲作業を1回しかしていなかった、などとするミスの原因に関する………[もっと読む]

2017年02月15日ニュース

国とは、国民とは 須賀しのぶ「また、桜の国で」

 須賀しのぶさんの小説『また、桜の国で』(祥伝社)が話題だ。第2次大戦下のポーランドを舞台に、人間にとって国とは、民族とは何かという、重い問いを投げかける物語。1月の直木賞選考会では、初めてのノ………[もっと読む]

2017年02月15日コラム

猫なんて!―作家と猫をめぐる47話 [著]角田光代、片岡義男、村上春樹 他

 谷崎潤一郎から角田光代まで、47人の作家・著名人による自分と猫との関わりをつづったエッセイ(漫画も含む)を集めた一冊である。 猫を飼ったことによる心境の変化をつづる角田や片岡義男、猫に名前をつ………[もっと読む]

2017年02月15日コラム

大雪物語 [著]藤田宜永

 長野県K町を舞台にしたオムニバス短編集。大雪で「陸の孤島」と化した町で起きるドラマの数々。なかでも「墓掘り」が秀逸だ。 生き別れていた実母の遺体を東京まで引き取りにいった帰り、幹線道路で立ち往………[もっと読む]

2017年02月15日コラム

在日二世の記憶 [編]小熊英二、高賛侑、高秀美

 ウェブ上で連載されていた在日二世へのインタビューの書籍化。元プロ野球選手の張本勲氏をはじめ、各界で活躍する在日二世50人の生い立ちから就職、結婚まで丁寧な聞き取りを行っている。 ある男性は、道………[もっと読む]

2017年02月15日コラム

うつヌケ―うつトンネルを抜けた人たち [著]田中圭一

■トンネル脱出 うつ病に悩む人は多い。ぼくのまわりにも何人かいるし、他人事ではない。 田中圭一の『うつヌケ』は、うつ病を真っ暗なトンネルにたとえ、そこから抜け出した人びとに取材したコミックエッセ………[もっと読む]

2017年02月12日コラム

応仁の乱 [著]呉座勇一

■日本史上最も重要な大混乱 応仁の乱は、日本史上最も重要な出来事かもしれない。少なくとも東洋史学の泰斗、内藤湖南はそう言っていた。現在の日本につながる歴史、「我々の身体骨肉に直接触れた歴史」はこ………[もっと読む]

16620 件中 120 件表示

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ