現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. BOOK
  4. 特集
  5. 記事

暮らしに活かす仏教―ひろ さちや「世間の物差し、仏の物差し」(1)

2008年7月31日

写真

 近著のタイトルには「世逃げ」「狂い」「デタラメ」といった刺激的な言葉が目立つ。現代日本人が絡め取られている「世間」からの遁走を促し、自由に生きる術を指し示すそれらの逆説的言辞は、仏教思想の大家の胸中からわきあがる“愛と真理”の表れなのだ。

■「お盆」の本来の意味は

 ―― 旧盆を迎えるこの時期は、日本人と仏教について考えてみる好機かと思いますが。

 ひろ 帰省して墓参りに行ったり仏壇に手を合わせたり、たしかに「仏様」に親しみを感じやすい頃ですね。ただし誤解してほしくないのは、そうした習俗としての宗教行事と、仏陀の教えという本来の意味での仏教は全く別のものだということです。

 そもそも、お寺のお坊さんが葬式や法事を執り行うようになったのは、江戸時代に檀家制度が国中に敷かれてからで、それ以前はその家の家長が、結婚式なども含めて慶弔事の一切を取り仕切っていました。お坊さんの仕事といえば、ひたすら仏典に親しみ修行を積んで、仏陀の説いた法を修めてそれを庶民にも伝えることでした。お釈迦様は亡くなるとき弟子たちに「私の葬式は在家者に任せて、出家者のあなた方は修行を続けなさい」とわざわざ言い遺したくらいです。

 そんなわけで「お盆」の行事も、本来の意味づけから大分ずれてきています。お盆には死んだ人の霊魂をお迎えしますが、まだ荒れ狂った状態の「荒御霊(あらみたま)」に鎮(しず)めの儀式を行い、穏やかな「和御霊(にぎみたま)」になっていただく。この死者の霊(たま)鎮めには足かけ2年かかるのですが、最初に迎える「新盆(にいぼん)」の鎮めを懇(ねんご)ろに行うことで、以後のお盆からは心穏やかにお迎えできます。

 荒御霊がお盆の儀式を通じて和御霊になると、個性を失って「集合霊」となり、他のご先祖様と一緒に家に帰ってくるようになります。これをお迎えする儀式が「御正月様」です。そう、昔から「盆と正月が一緒に来た」といいますけども、お盆とお正月はとてもよく似た行事なんですね。

次のページへ

    ◇

 ひろ さちや 宗教評論家/1936年大阪府生まれ。東京大学文学部卒業。同大学院印度哲学専攻博士課程修了。65年から85年まで気象大学校教授。広大無辺かつ難解な仏教思想もユーモアをまじえてやさしく説く語り口は、老若男女を問わず人々を惹きつける。ペンネームはギリシャ語の「愛する=フィロ」とサンスクリット語の「真理=サティヤ」に由来する。仏教書をはじめ約550編の著作がある。

表紙画像

現代の課題に応える仏教講義

著者:ひろ さちや

出版社:法蔵館   価格:¥ 1,890

No image

くらしの仏教語豆事典 上

著者:辻本 敬順

出版社:本願寺出版社   価格:¥ 630

No image

くらしの仏教語豆事典 下

著者:辻本 敬順

出版社:本願寺出版社   価格:¥ 630

検索フォーム
キーワード: