現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. BOOK
  4. 特集
  5. 記事

ドラマを伝える将棋 〜名人・羽生善治氏に聞く(1)

2010年6月18日

  • 〈企画・制作 朝日新聞社デジタルビジネスセンター〉

写真写真

 無類の強さで将棋界の記録を塗り替え続ける羽生善治三冠。名人位を防衛したばかりの羽生さんに、あらためて将棋の魅力などを伺いました。

●理想の将棋とは

――「オールラウンドプレーヤー」と評される羽生名人。

 自分でも、どんな形にも幅広く対応できる、そんな将棋を目指していますね。ですから、ひとつの戦法を究めて、それが『羽生○○』と呼ばれるようなことはあまりないのではないかと(笑)。私にとって理想の将棋は、最初から最後まで停滞なく、秩序立った手が続くようなもの。将棋には、いつ勝負がつくかわからない激しい面がありますが、恐れずにどんどん前へ進むアグレッシブな将棋が指せたらいいと思っています。

――理想の将棋の実現は、対戦相手との共同作業といえる。

 テニスの試合などによく似ていると思います。相手が簡単な球ばかり打ってくると、こちらも平凡なショットしか返せない。厳しいところにいい球が打ち込まれるからこそ、スーパーショットが生まれ、観客が感動するわけですよね。

 将棋でも、相手が厳しい攻め、うまい受けを見せてくれて初めて、こちらの力が100%引き出され、よい手が指せる。そういう手の応酬が積み重なって、結果的に名局になるんだと思います。ただそんな理想の将棋は、1年、いや2年に1局あるかないかですね。

●勝負強さの秘密

――プロ棋士でも意表をつかれるような手をよく指されるが、それが勝利につながることが少なくない。

 よく言われますが、基本的には平凡な手を選び続けているんです。ただ、何が平凡、普通かは主観の問題なので、私の普通が、ほかの人には普通でない場合もあるかもしれません。その感覚のズレは若干あるのかなとは思いますが、私自身は、奇をてらって変わった手を指しているつもりはまるでないですね。

 それから、一つの局面に対し、限られた時間内で「深く」読む(主要な手について何十手先まで展開を考える)か、もしくは、「広く」読む(手の選択肢を増やしていろいろな可能性を検討する)か、この二つのアプローチがありますよね。最近の私は後者をとる傾向が強く、結果的にほかの人の頭になかった手を選ぶということがあるのかもしれません。

――羽生名人は、定跡などで損な手とされるものでも、あえて実戦の中で試してみられることがある。

 一つの局面の有利・不利は、なかなか数値化できるものではなく、その判断は感覚的なものにまかされています。文章を書く場合に、「てにをは」一つで全体の意味合いがまったく変わってしまうことがありますよね。将棋でも、隅っこの「歩」の位置がひとマス違うだけで、その後の展開、ときには勝敗まで変わってしまうことがある。ですから、定跡やセオリーの中で、不利な局面につながるから損だといわれている手でも、実際はどれくらい損なのかはよくわからない。それを実戦で使ってみて、自分の感覚として理解することの積み重ねが、手の良し悪しを判断するカンのようなものを磨いてくれるのかなと思うんです。

 もちろん定跡やセオリーは、細かい部分では日進月歩だとはいえ、大枠では間違いなく正しい。だから、それを学ぶことはとても大切だし、時間の節約にもなります。ただプロの場合、この部分については同じ時間をかければほぼ同じ成果が得られるので、ほとんど差はつかないでしょう。先ほどの手の損得のような曖昧なこと、定跡で扱われていない未知の局面について、時間はかかっても試行錯誤を繰り返し、自分の頭で考えてみることが、長い目で見れば勝負強さを養うことにつながるような気がします。

前へ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次へ

表紙画像

羽生流で強くなるはじめての将棋

著者:羽生 善治

出版社:成美堂出版   価格:¥ 924

表紙画像

変わりゆく現代将棋 上

著者:羽生 善治

出版社:毎日コミュニケーションズ   価格:¥ 1,890

表紙画像

NHK将棋シリーズ_第59回NHK杯テレビ将棋トーナメント 勝敗を分けた次の一手

著者:【監修】羽生 善治【編】NHK出版

出版社:日本放送出版協会   価格:¥ 945

表紙画像

羽生の一手詰 (SUN MAGAZINE MOOK)

出版社:マガジン・マガジン   価格:¥ 700

検索フォーム
キーワード: