現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. BOOK
  4. 特集
  5. 記事

人気芸人の素顔に迫る「思想書」、AERAMook「読んでから笑え!」

2010年6月18日

  • 朝日新聞出版

写真写真AERAMook「読んでから笑え!」

 これ一冊読めば、現代日本のお笑い界が分かる決定版です。とことん「お笑い芸人本人のインタビュー」にこだわった本書では、いまが旬の人気お笑い芸人合計50組の独占インタビュー+華麗なビジュアルで、彼らの「思想」と「本音」に迫ります。

 登場する芸人は以下の通りです。雨上がり決死隊アンタッチャブル今田耕司・東野幸治ウッチャンナンチャンエド・はるみオードリーくりぃむしちゅー桜・稲垣早希サバンナサンドウィッチマンスピードワゴンダイノジタカアンドトシチュートリアルTKO東京03トータルテンボスナイツナインティナイン2丁拳銃ネプチューンNON STYLEバッファロー吾郎バナナマン博多大吉(華丸・大吉)パンクブーブーはんにゃブラックマヨネーズフルーツポンチ山田花子よゐこライセンスロッチ我が家笑い飯囲碁将棋銀シャリザ・ゴールデンゴールデンザ・ギース三拍子磁石ジャングルポケットチーモンチョーチュウ天竺鼠流れ星ハライチピース風藤松原もう中学生ゆったり感。AERA本誌で今年1月から連載した「読んでから笑え」の20組をもとに、大幅に増強・充実してまとめました。

 まず巻頭の3大インタビューのウッチャンナンチャン、ネプチューン、チュートリアルが圧巻です。芸歴25年目にしてウンナンが目指す「冷静と情熱の間の」新境地とは何か、ソロ活動が目立つネプチューン3人が「解散しない理由」とは、そして最も忙しい芸人、チュートリアルが語った意外な自己評価とは……本書を読めば、それが明らかになります。2007年M―1チャンピオンのサンドウィッチマン、「爆笑レッドシアター」でおなじみロッチ、当代きってのネタ職人2組が自身のネタ帳を公開し、ネタ作りの仕組みを明らかにするインタビューもお笑いファンなら必読でしょう。

 また、M―1グランプリで優勝できなかった4組が語る「頂点への壁」インタビューや、「もう中学生」「ピース」「流れ星」ら今年ブレーク必死の実力派若手芸人インタビュー13連発。お笑い観覧時は必携の用語辞典、人気芸人のデビュー年とブレークのきっかけがわかる「大相関図」、急増する芸人本の売り上げランキングと今話題の芸人本著者インタビューなど、お役立ち企画も目白押しです。北海道、名古屋、福岡などの地方都市と「お笑い」との関係に迫る連作コラム「お笑い風土記」は目から鱗の分析が飛び出します。

 AERA編集部が総力を結集して作り上げた「お笑い思想書」146ページ。ほぼ全カット撮りおろしの写真には特にご注目ください。読者プレゼントとして、あの人気芸人のサインもゲットしております。

 税込み880円。アサヒコムから注文もできます。

〈特別インタビュー〉自己評価「60点」の大望 チュートリアル

「僕らはジャンプするしかないダンゴムシ」 ブラックマヨネーズ

〈お笑い風土記・名古屋〉東西文化交錯が生む「芸人不毛の地」

検索フォーム
キーワード: