2005年10月25日10時37分のアサヒ・コム
		アサヒ・コムBOOKこのサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » asahi.comツールバー: 検索機能がアップ

  

 » プーシキン美術館展: モネ、ルノワール、マティス、ピカソ…

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  BOOK > ニュースな本記事

ニュースな本

恥ずかしい和製英語 [著]スティーブン・ウォルシュ

[掲載]週刊朝日2005年10月28日号
[評者]永江朗

 国立国語研究所「外来語」委員会が、外来語の言い換え提案を発表した。「トラウマ」は「心の傷」とか、「アミューズメント」は「娯楽」とか、「ハイブリッド」は「複合型」というふうに。私の仕事はフリーランスのライターであるが、これからは自由契約ライターと言い換える?

 外来語の濫用はやめたほうがいいよ、というのはよくわかる。でも提案された言い換えはほとんど漢語ばっかり。もっと和語っぽい言い換えはできないのか。「アミューズメント」は「遊び」とか、「ハイブリッド」は「合わせ」とか。「フリーランス」は「お気楽」?

 それはさておき、外来語の濫用も問題だけど、和製英語もどうかと思う。英語のようで英語じゃないから、英和辞典を引いても意味がわからない。もちろん外国人には通じない。

 スティーブン・ウォルシュの『恥ずかしい和製英語』は、在日英国人による和製英語についての本である。「妄想を呼ぶ誤解」「微妙な違い」など5つの章に分かれている。たとえばテレビ討論などの「パネラー」という言葉から英国人が想像するのは、ヘルメットに作業着姿の人だという。「パネラー」とは車の車体を修理したり、家の外装材の取り付けや修理をする人のことだから。正しくはpanelist(パネリスト)である。

 「ペアルック」は「洋梨体型」だし、「スキンシップ」は「皮の船」、「ターミナルホテル」は「最終ホテル」を意味するという。

 いかにも英国風のウィットとユーモア、じゃなかった、機知と滑稽さは、いささか滑り気味ではあるし、見下したような雰囲気もないではないが、しかし、「見下されてもしょうがないか」という気持ちになるのも事実である。たとえば「マンション」は「邸宅」の意味だが、じゃあ、「ワンルームマンション」って何だろう。

 もっとも、そう目くじらを立てることもないか。漢語にも中国伝来ではない和製漢語があるように、和製英語も英語ふうの日本語だと思えばいいんだから。



関連情報

    ここから広告です 広告終わり

    書籍詳細

    表紙画像

    恥ずかしい和製英語

    • 著者: スティーブン・ジェームズ ウォルシュ
    • 出版社: 草思社
    • ISBN: 4794214251
    • 価格: ¥ 1,365

    別ウインドウで開きますこの本を購入する ヘルプ

    powered by amazon.co.jp

     
    ここから検索メニュー

    検索 使い方

    検索メニュー終わり

    朝日新聞サービス

    ここから広告です
    広告終わり
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.