1. HOME
  2. コラム
  3. 売れてる本
  4. 並べて積んだ、偏愛の結実 「絶景本棚」

並べて積んだ、偏愛の結実 「絶景本棚」

 今、書店の写真集売り場には、数々の絶景写真集が並んでいるが、より綺麗(きれい)に見えるように色や光が過剰に補正された写真が少なくない。絶景に謝れ、と思う。絶景とは、月日の積み重ねをそのまま味わうものだ。
 だから、自分にとっては、断然こっちが絶景である。雑誌「本の雑誌」の巻頭連載「本棚が見たい!」を中心に作家・漫画家・デザイナーら34名の本棚をひたすら写しただけの本は、いつまでも完成しないサグラダ・ファミリアのごとく、増殖していく本棚の今現在を切り取る。洒落(しゃれ)た雑誌の読書特集のように、本棚の前に座って能書きを垂れる家主の写真はない。オマエよりも本棚が見たいのだ。その欲に存分に応えてくれる。
 断捨離が叫ばれる世の中、持ち運びの利便性ばかりが商売を生む世の中に逆らうように、ひたすら本を溜(た)め込む人々が、自分のためだけに作り上げた整然と雑然。几帳面(きちょうめん)に50音順で並ぶ本棚があれば、震度2程度で崩れ落ちそうな、不安定に積み上がった本の山がある。
 残しておきたい本って、何がしかへの偏愛の結実であることがほとんどだが、その偏愛同士が仲睦(むつ)まじそうに、あるいはそっぽを向きながら隣り合っている。意図的か偶然かなんて分からないけれど、「なぜ、この本の隣にこの本があるのか」という問いをぶつけながら眺めていくと、いくらでも時間が経つ。自然ではなく、人間が並べて積んだ地層に思いを馳(は)せるなんて、これほど愛(いと)おしい絶景もない。
 美しき螺旋(らせん)状の本棚。本が多いのがバレて大家から隣の1階に移るように命じられた、辞書だらけの本棚。等身大の梅宮辰夫像が見守る本棚。一切の日焼けを許さない開閉式の本棚。もうすでに崩れている本の奥で、誰も到達できなくなった本棚。
 あの人がいかにも読みそうな本だけでなく、絶対に読まなさそうな本もささっている。なぜこの本なのか。想定内と想定外が入り乱れる。ウソのない絶景は、とにかく見飽きない。武田砂鉄(ライター)
    ◇
 本の雑誌社・2484円=5刷1万3千部。2月刊行。SNSで写真が話題になり発売前に重版決定。30~40代に人気で「本離れと言われるが、本棚には憧れがあるのかも」と担当者。=朝日新聞2018年9月8日掲載