ニュース

朝日新聞に掲載された、出版関係のニュースです。

池上彰さん、増田ユリヤさん講演会にご招待

池上彰さん、増田ユリヤさん講演会にご招待

 ポプラ新書の「世界史で読み解く現代ニュース」シリーズ最新刊の刊行を記念して、著者の池上彰さん、増田ユリヤさんによる講演会を開催します。 お二人には「徹底解説!アメリカ大統領選挙」をテーマに、大………[もっと読む]

[文]朝日新聞社メディアビジネス局  [掲載]2016年07月28日

義理人情と三度笠…絵本「あさたろう」10作目を制作中

義理人情と三度笠…絵本「あさたろう」10作目を制作中

■絵本作家から・飯野和好さん 「ねぎぼうずのあさたろう」(福音館書店)は、いわゆる股旅物で、痛快時代活劇絵本です。街道を旅するあさたろうが義理と人情で悪人をやっつけます。いま10作目を描いていま………[もっと読む]

[掲載]2016年07月25日

町に流れる時間の物語 川上弘美「このあたりの人たち」

町に流れる時間の物語 川上弘美「このあたりの人たち」

 短編集というより、掌編集。川上弘美さんの新刊『このあたりの人たち』(スイッチ・パブリッシング)は、ごく短い物語がきれぎれにつながって、小さな世界ができていく一冊だ。まさに「このあたり」というく………[もっと読む]

[掲載]2016年07月20日

芥川賞に村田沙耶香さん、直木賞に荻原浩さん

芥川賞に村田沙耶香さん、直木賞に荻原浩さん

 第155回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に村田沙耶香(さやか)さん(36)の「コンビニ人間」(文学界6月号)、直木賞に荻原(お………[もっと読む]

[掲載]2016年07月19日

進むセックスレス・子宮だれのもの 日本の家族の未来は

進むセックスレス・子宮だれのもの 日本の家族の未来は

 結婚やセックスをする人は少数派で、子を産むと社会保障を受けられるが、生まれた子は国や社会のもの――。日本の未来予想図を想起させるような小説が、話題を呼んでいる。『アカガミ』と『消滅世界』をそれ………[もっと読む]

[掲載]2016年07月13日

衰えぬ創作意欲 志水辰夫4年半ぶり長編「疾れ、新蔵」

衰えぬ創作意欲 志水辰夫4年半ぶり長編「疾れ、新蔵」

 『行きずりの街』などで知られる「シミタツ」こと志水辰夫さんが、4年半ぶりとなる書き下ろし長編『疾(はし)れ、新蔵』(徳間書店)を刊行した。1980年代の冒険小説ブームを率い、恋愛小説、時代小説………[もっと読む]

[掲載]2016年07月13日

新潟)18歳選挙権受けた新刊、新潟市出身22歳が共著

新潟)18歳選挙権受けた新刊、新潟市出身22歳が共著

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、「18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと」(フィルムアート社)が6月、出版された。3人の著者の一人、若者の政治参加の拡大を目………[もっと読む]

[掲載]2016年07月06日

極限、生まれる新たな信仰 東山彰良さん「罪の終わり」

極限、生まれる新たな信仰 東山彰良さん「罪の終わり」

 人が人を食べねば生きられない世界にあっても、なお人間らしくいられるか。昨夏、直木賞作品が絶賛された東山彰良(あきら)さんの受賞第1作『罪の終わり』(新潮社)は、文明が崩壊した未来が舞台のSF長………[もっと読む]

[掲載]2016年07月06日

ビジネス書贈呈 「ブック・アサヒ・コム書店」開店記念

ビジネス書贈呈 「ブック・アサヒ・コム書店」開店記念

 朝日新聞社「ブック・アサヒ・コム」で紹介した本などを販売している「ブック・アサヒ・コム書店」が、開店記念キャンペーンを実施している。 同書店を実質的に運営するイーブック社によると、プレゼントは………[もっと読む]

[掲載]2016年06月29日

蓮實さん「複雑な思いこもった感謝」 三島賞など贈呈式

蓮實さん「複雑な思いこもった感謝」 三島賞など贈呈式

 仏文学者の蓮實重彦さん(80)が受賞会見で「非常に迷惑」と語って話題になった三島由紀夫賞と、湊かなえさん(43)の山本周五郎賞の贈呈式は、さながら受賞者や選考委員演出の“舞台”のようだった。2………[もっと読む]

[掲載]2016年06月29日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ