最新の書評を読む

更新日:2017年05月21日2017年05月14日2017年05月07日

※祝日や年末年始などの場合、更新が遅れたり、掲載を見送ったりすることがあります

2017年05月21日

絵画の歴史―洞窟壁画からiPadまで [著]デイヴィッド・ホックニー、マーティン・ゲイフォード

絵画の歴史―洞窟壁画からiPadまで [著]デイヴィッド・ホックニー、マーティン・ゲイフォード

■画像の進歩から人の心に迫る  これほど画像が日常にあふれている時代もない。人は自分がどこにいるのか、誰と一緒か、これから何を食べようとし………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

中動態の世界―意志と責任の考古学 [著]國分功一郎

中動態の世界―意志と責任の考古学 [著]國分功一郎

■「する―される」関係からの解放  哲学の本を読む最大の喜びは、それが新しい考え方・見方を示してくれることにある。それによって、いままでの………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]人文

ヒトラーの裁判官フライスラー [著]ヘルムート・オルトナー

ヒトラーの裁判官フライスラー [著]ヘルムート・オルトナー

■政権に忠実な官吏の無責任体質  ナチス・ドイツの独裁下で国家反逆行為などを裁く人民法廷の長官を務めたローラント・フライスラー。ナチスに抵………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]歴史

文化遺産はだれのものか―トルコ・アナトリア諸文明の遺物をめぐる所有と保護 [著]田中英資

文化遺産はだれのものか―トルコ・アナトリア諸文明の遺物をめぐる所有と保護 [著]田中英資

■発掘者は盗人か、議論が渦巻く  ここは文化遺産法廷。  被告席にドイツの考古学者シュリーマンが静かに座っています。  検察側から始まりま………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]人文

父と私 [著]田中眞紀子

父と私 [著]田中眞紀子

 田中角栄の娘として生まれること、その人生は「歴史的証言者」たらざるを得ない。老境の今、著者はその役を果たした。  幼少期から現在までを五章………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]政治 ノンフィクション・評伝

写真民俗学―東西の神々 [著]芳賀日出男

写真民俗学―東西の神々 [著]芳賀日出男

 日本と世界を渡り歩き、神と祭礼を撮り続けた写真家芳賀日出男。  彼の集大成ともいえるこの本には、400点以上に及ぶ世界の多様な習俗が収録さ………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]人文 アート・ファッション・芸能

電卓四兄弟―カシオ「創造」の60年 [著]樫尾幸雄 [聞き手]佐々木達也

電卓四兄弟―カシオ「創造」の60年 [著]樫尾幸雄 [聞き手]佐々木達也

■世界に挑んだ「国産」の戦後史 【読む前】 え、カシオって「樫尾」っていう人の名字だったの?! 樫尾さんって四兄弟だったの? そんな知識し………[もっと読む]

[評者]サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

モラル・エコノミー―インセンティブか善き市民か [著]サミュエル・ボウルズ

モラル・エコノミー―インセンティブか善き市民か [著]サミュエル・ボウルズ

■損得より互恵的価値育む規範を  本書は、リベラルな市民社会の根本原理の解明を目指すという、凄(すさ)まじく野心的な作品だ。利己心の全面開………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年05月21日
[ジャンル]経済

2017年05月14日

殺生と戦争の民俗学―柳田國男と千葉徳爾 [著]大塚英志

殺生と戦争の民俗学―柳田國男と千葉徳爾 [著]大塚英志

■「理科」と「経世済民」で照らす  著者大塚英志はアニメやサブカルチャー論で知られているが、大学では民俗学を千葉徳爾の下で学び、その後もそ………[もっと読む]

[評者]柄谷行人(哲学者)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]人文

ナビラとマララ―「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女 [著]宮田律

ナビラとマララ―「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女 [著]宮田律

■二人の境遇を分けたものは?  イスラムの女性たちに教育をと訴え、17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユースフザイさんはご存じですよね………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

巴水の日本憧憬 [画]川瀬巴水 [文]林望

巴水の日本憧憬 [画]川瀬巴水 [文]林望

■暗い旅情を誘う夜景に魅せられ  夜の帳(とばり)が下りる頃の巴水(はすい)のザワザワさせる夜景に魅せられてきた。黒澤明の時代劇のオープン………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

財政と民主主義―ポピュリズムは債務危機への道か [編著]加藤創太、小林慶一郎

財政と民主主義―ポピュリズムは債務危機への道か [編著]加藤創太、小林慶一郎

■信頼に足る情報発信遅れる日本  欧米の近年のポピュリズム台頭を嘆く声は我が国にも多い。ポピュリズム支持者たちは都合の良いところしか見てい………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]政治 経済 社会

双蛇密室 [著]早坂吝

双蛇密室 [著]早坂吝

 緻密(ちみつ)なロジック、おバカなトリック、エロが一体となった早坂吝(やぶさか)のデビュー作『○○○○○○○○殺人事件』は衝撃的だった。同………[もっと読む]

[評者]末國善己 (文芸評論家)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]文芸

夜の谷を行く [著]桐野夏生

夜の谷を行く [著]桐野夏生

■連合赤軍、女性たちの理想は…  小学3年だった1971年7月、栃木県那須で食べた森永のバニラアイスの味を、私はいまも記憶している。その記………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]文芸

日本手話とろう教育―日本語能力主義をこえて [著]クァク・ジョンナン

日本手話とろう教育―日本語能力主義をこえて [著]クァク・ジョンナン

■固有の言語を使う権利の尊重を  ろうの知人から、東日本大震災時の避難所でコミュニケーションがとれず苦労したことを筆談で教えられた。また、………[もっと読む]

[評者]佐伯一麦 (作家)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]政治 医学・福祉 社会

忘れられた人類学者―エンブリー夫妻が見た<日本の村> [著]田中一彦

忘れられた人類学者―エンブリー夫妻が見た<日本の村> [著]田中一彦

 熊本の小村「須恵」は、日本民俗の研究者にはつとに名高い。エンブリー夫妻による戦前の滞在調査の記録が、世界で唯一の外国人による人類学的な日本………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年05月14日
[ジャンル]歴史 人文

2017年05月07日

鬼神 [著]矢野隆 / 燕雀の夢 [著]天野純希

鬼神 [著]矢野隆 / 燕雀の夢 [著]天野純希

■乱世の生き方探し、若者が共感    最近は歴史小説も増えている矢野隆だが、頼光四天王と酒呑童子の戦いを新解釈で描いた『鬼神(おにがみ)』………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]歴史

大航海時代の地球見聞録―通解『職方外紀』 [著]ジュリオ・アレーニ、楊廷イン

大航海時代の地球見聞録―通解『職方外紀』 [著]ジュリオ・アレーニ、楊廷イン

■怪しさあふれる楽しい世界案内  世界の全体像が見えていなかった時代の地理書は、荒唐無稽で面白い。  古くは、一本足の人間や胸に穴のあいた………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]歴史

遊戯の起源 遊びと遊戯具はどのようにして生まれたか [著]増川宏一

遊戯の起源 遊びと遊戯具はどのようにして生まれたか [著]増川宏一

■その謎の物体、おもちゃかも  ようこそ〈遊戯の起源〉博物館へ。人類はどんなふうに遊びはじめたのか、当館では興味深い事例を豊富に揃(そろ)………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]人文

海をわたる手紙-ノンフィクションの「身の内」 [著]澤地久枝、ドウス昌代

海をわたる手紙-ノンフィクションの「身の内」 [著]澤地久枝、ドウス昌代

 この40年余、ノンフィクションを発表してきた2人の作家、その往復書簡14通からなる書。2014年11月から16年6月までだが、この間の時代………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

かわうそ堀怪談見習い [著]柴崎友香

かわうそ堀怪談見習い [著]柴崎友香

 土地には固有の「霊」がある。神武天皇が漂着した伝説がいまも息づく大阪の場合はなおさらそうだ。無数の人々がここで生涯を閉じたばかりか、大坂の………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]文芸

フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫

フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫

■不利強いる慣行の問い直しを  本書は、19世紀から現代にいたるフェミニズム運動の軌跡を辿(たど)る。  興味をひかれるのは、フェミニズム………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]政治

人はこうして「食べる」を学ぶ [著]ビー・ウィルソン

人はこうして「食べる」を学ぶ [著]ビー・ウィルソン

■体が求めるもの、選びとる技術  終章で著者はこう記す。 「食べることは技術である」  本書が示すのは、食べることは本人の嗜好(しこう)に………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]医学・福祉

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る