朝日新聞デジタル トップへ

書評・コラムを読む

琉球独立論―琉球民族のマニフェスト [著]松島泰勝

琉球独立論―琉球民族のマニフェスト [著]松島泰勝
■緊張の東アジアへ、今こそ普遍的意義 本書は「琉球独立」を提唱するものである。たとえば、スコットランドがイギリスからの独立を求………[もっと読む]

[評者] 柄谷行人(哲学者)

[掲載] 2014年09月21日

[ジャンル] 政治 社会 

裏山の奇人―野にたゆたう博物学 [著]小松貴

裏山の奇人―野にたゆたう博物学 [著]小松貴
■自然の不思議が「見える」人 スーパー・ナチュラリストの作り方、といった趣の本である。なにしろ著者は、二歳のころから真剣にアリ………[もっと読む]

サイボーグ昆虫、フェロモンを追う [著]神崎亮平

サイボーグ昆虫、フェロモンを追う [著]神崎亮平
■「完全形生物」の驚異的世界 昆虫は、地球上で最も繁栄している種である。いわば、神の手で開発され、自ら進化・適応した完全なサイ………[もっと読む]

[評者] 赤坂真理(作家)

[掲載] 2014年09月21日

[ジャンル] 科学・生物 

敗戦とハリウッド―占領下日本の文化再建 [著]北村洋

敗戦とハリウッド―占領下日本の文化再建 [著]北村洋
■米国映画浸透の歴史、多面的に ハリウッド映画は、米国が第2次世界大戦で打ち負かした日本に、「良きアメリカ」を埋めこみ、そのパ………[もっと読む]

[評者] 吉岡桂子(本社編集委員)

[掲載] 2014年09月21日

[ジャンル] 歴史 

ひねくれ古典『列子』を読む [著]円満字二郎

ひねくれ古典『列子』を読む [著]円満字二郎
■物語を愛し求めた心に共感 いきなり漢文を読めと言われても腰が引けるが(というか無理だが)、中国の古典の世界を知りたい。欲を言………[もっと読む]

[評者] 三浦しをん(作家)

[掲載] 2014年09月21日

[ジャンル] 人文 

文明と文化の思想 [著]松宮秀治

文明と文化の思想 [著]松宮秀治
■新しい神話を生んだ西欧近代 評者が漠然と感じていたグローバリゼーションなどの不気味さの正体を知らしめてくれたのが、前著『ミュ………[もっと読む]

炎を越えて―新宿西口バス放火事件後三十四年の軌跡 [著]杉原美津子

炎を越えて―新宿西口バス放火事件後三十四年の軌跡 [著]杉原美津子
■「被害者」ではない人生描きだす 1980年8月の新宿駅西口バス放火事件。加害者Mは「世間に対して恨みや憤りの感情を持ったこと………[もっと読む]

「平等」理念と政治―大正・昭和戦前期の税制改正と地域主義 [著]佐藤健太郎

「平等」理念と政治―大正・昭和戦前期の税制改正と地域主義 [著]佐藤健太郎
■折衷主義の積極面浮き彫りに 本書の対象である神戸正雄は戦前、京都帝国大学教授として財政学を講じ、戦後は京都市長や地方行政調査………[もっと読む]

笹の舟で海をわたる [著]角田光代

笹の舟で海をわたる [著]角田光代
 時代にあらがうことなく生きてきた64歳の左織。なぜか人生は思うように進まなかった。子供との関係はぎくしゃくし、時代に取り残さ………[もっと読む]

[掲載] 2014年09月21日

[ジャンル] 人文 

書店員に聞く 関西文化の薫り

再読 こんな時 こんな本
書店員に聞く 関西文化の薫り

新着コラム

話題の新刊(週刊朝日)

石の虚塔 [著]上原善広

2014年09月26日

石の虚塔 [著]上原善広

 「神の手」を持つといわれた男がいた。藤村新一。ア…[もっと読む]

ベストセラー解読(週刊朝日)

死んでしまう系のぼくらに [著]最果タヒ

2014年09月26日

死んでしまう系のぼくらに [著]最果タヒ

■若い詩人が「死への誘惑」と対峙 仕事のひとつとし…[もっと読む]

新書の小径(週刊朝日)

靖国神社 [著]島田裕巳

2014年09月19日

靖国神社 [著]島田裕巳

■公式サイトに載っていない靖国神社 靖国神社につい…[もっと読む]

コミック

薄幸日和 [作]グレゴリ青山

2014年09月14日

薄幸日和 [作]グレゴリ青山

■幸福と不幸の狭間で揺れる 俗に「薄幸の美少女」な…[もっと読む]

ビジネス

マーケティングと共に [著]フィリップ・コトラー

2014年09月21日

マーケティングと共に [著]フィリップ・コトラー

■理論の発展史と重なる自伝 「マーケティングとは何…[もっと読む]

視線

庭師とあるく京の隠れ庭 [著]小埜〈おの〉雅章

2014年09月14日

庭師とあるく京の隠れ庭 [著]小埜〈おの〉雅章

 京都が好きだ。好きで好きで、なんとか出かけていく…[もっと読む]

注目の特集

2014年07月07日

 2014年1~6月に「ブック・アサヒ・コム」からアマゾンで……[もっと読む]

2014年06月12日

 いよいよサッカーワールドカップブラジル大会が始まる。日本代……[もっと読む]

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ