朝日新聞デジタル トップへ

書評・コラムを読む

現代の起点―第一次世界大戦(全4巻) [著]山室信一、岡田暁生、小関隆、藤原辰史

現代の起点―第一次世界大戦(全4巻) [著]山室信一、岡田暁生、小関隆、藤原辰史
■今につながる起点、幅広い視点で考察 ドイツ国境に近いフランス・ベルダンの丘で、双方の国旗がともに秋めく風にたなびいていた。1………[もっと読む]

[評者] 吉岡桂子(本社編集委員)

[掲載] 2014年08月31日

[ジャンル] 歴史 

人類が永遠に続くのではないとしたら [著]加藤典洋

人類が永遠に続くのではないとしたら [著]加藤典洋
■欲望と有限性が折り合う思想 私たちはいま、人類そのものの「有限性」を真剣に受けとめるべき時期にさしかかっているのではないか。………[もっと読む]

紙つなげ!彼らが本の紙を造っている―再生・日本製紙石巻工場 [著]佐々涼子

紙つなげ!彼らが本の紙を造っている―再生・日本製紙石巻工場 [著]佐々涼子
■被災社員が救った出版の危機 本の造作の良し悪(あ)しは、本文紙で決まると思っている。本を構成する紙の中でも体積重量ともに大半………[もっと読む]

戦争に隠された「震度7」―1944東南海地震・1945三河地震 [著]木村玲欧

戦争に隠された「震度7」―1944東南海地震・1945三河地震 [著]木村玲欧
■教訓の継承阻む報道規制 1944年の東南海地震、45年の三河地震。いずれも震度7相当の大きな揺れに襲われ、津波も発生し、多く………[もっと読む]

マリー・アントワネット―ファッションで世界を変えた女 [著]石井美樹子

マリー・アントワネット―ファッションで世界を変えた女 [著]石井美樹子
■時代を作った象徴的な身体 歴史上の著名人とは、煌々(こうこう)とまばゆい闇である。ましてや、滅び去った側の者は歪曲(わいきょ………[もっと読む]

史料としての猫絵 [著]藤原重雄

史料としての猫絵 [著]藤原重雄
■芸術の深淵への知的な冒険 ここに1枚の猫絵がある。リアルに描かれた猫は白地に黒いぶち。首には赤くて太い首輪を結び、金の鈴を下………[もっと読む]

フードトラップ―食品に仕掛けられた至福の罠 [著]マイケル・モス [訳]本間徳子

フードトラップ―食品に仕掛けられた至福の罠 [著]マイケル・モス [訳]本間徳子
■加工食品の「魔力」、取材で示す よく米国の食事情を表すときに、貧困層ほど肥満が多くエリートほど健康だ、ということが言われるが………[もっと読む]

日本の色の十二カ月―古代色の歴史とよしおか工房の仕事 [著]吉岡幸雄

日本の色の十二カ月―古代色の歴史とよしおか工房の仕事 [著]吉岡幸雄
■色の鮮烈さ、人の探求心と知恵 著者は、江戸時代からつづく京都の染屋さんの五代目だ。天然染料を使って布を染めると同時に、伝統染………[もっと読む]

人生は、楽しんだ者が勝ちだ―私の履歴書 [著]米沢富美子

人生は、楽しんだ者が勝ちだ―私の履歴書 [著]米沢富美子
 幼少のころから「あの空の果てはどうなっているの」とまわりの大人に聞いて困らせていた少女は、長じて日本物理学会会長を務め、不規………[もっと読む]

[掲載] 2014年08月31日

[ジャンル] 科学・生物 

探偵工女 翔田寛さん

著者に会いたい
探偵工女 翔田寛さん

書店員に聞く 長編小説に挑む

再読 こんな時 こんな本
書店員に聞く 長編小説に挑む

新着コラム

話題の新刊(週刊朝日)

映画の奈落―北陸代理戦争事件 [著]伊藤彰彦

2014年09月05日

映画の奈落―北陸代理戦争事件 [著]伊藤彰彦

 1977年4月、福井県の暴力団組長が白昼に喫茶店…[もっと読む]

ベストセラー解読(週刊朝日)

いま生きる「資本論」 [著]佐藤優

2014年09月05日

いま生きる「資本論」 [著]佐藤優

■直接的人間関係はゼニに還元できない いまどき『資…[もっと読む]

新書の小径(週刊朝日)

女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち [著]仁藤夢乃

2014年08月29日

女子高生の裏社会―「関係性の貧困」に生きる少女たち [著]仁藤夢乃

■女子高生たちの危うさ この本では「JKリフレ」に…[もっと読む]

コミック

ムシヌユン(1) [作]都留泰作

2014年08月24日

ムシヌユン(1) [作]都留泰作

■SFか、エロか、ギャグか!? 夏、沖縄の離島、世…[もっと読む]

ビジネス

デザインマネジメント [著]田子學・田子裕子・橋口寛

2014年08月24日

デザインマネジメント [著]田子學・田子裕子・橋口寛

■社内を貫く創造的計画 アップル、アウディ、ダイソ…[もっと読む]

視線

ジョージア・オキーフ [著]ランダル・グリフィン [訳]藤村奈緒美

2014年08月24日

ジョージア・オキーフ [著]ランダル・グリフィン [訳]藤村奈緒美

 なぜオキーフの絵画はシンプルなのに艶(なま)めか…[もっと読む]

注目の特集

2014年07月07日

 2014年1~6月に「ブック・アサヒ・コム」からアマゾンで……[もっと読む]

2014年06月12日

 いよいよサッカーワールドカップブラジル大会が始まる。日本代……[もっと読む]

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ