書評・コラムを読む

オープンダイアローグとは何か [著・訳]斎藤環

オープンダイアローグとは何か [著・訳]斎藤環
■対話の力で治す 希望の鍵は言葉に 薬物をほとんど使わずに対話の力で統合失調症さえも治す「オープンダイアローグ」という方法がフ………[もっと読む]

[評者] 大竹昭子(作家)

[掲載] 2015年08月30日

[ジャンル] 医学・福祉 社会 

新版 軍艦武藏(上・下) [著]手塚正己

新版 軍艦武藏(上・下) [著]手塚正己
■訓練や生活を再現、共同体描く 評者が手塚氏にお会いした時、本作の取材秘話を伺ったことがある。武蔵の元乗員の方に話を聞きに行き………[もっと読む]

竹内敏晴 [著]今野哲男

竹内敏晴 [著]今野哲男
■要約を拒否した「新しい人」の姿 六〇年代演劇の、そのひとつ前の世代として、「代々木小劇場=演劇集団・変身」の創作活動ののち、………[もっと読む]

大転換 新しいエネルギー経済のかたち [著]レスター・R・ブラウンほか

大転換 新しいエネルギー経済のかたち [著]レスター・R・ブラウンほか
■太陽光と風力への潮流、力強く 環境保護の旗手レスター・ブラウンによる「現役最後の書」。化石燃料や原子力による「古いエネルギー………[もっと読む]

下山事件 暗殺者たちの夏 [著]柴田哲孝

下山事件 暗殺者たちの夏 [著]柴田哲孝
■昭和史最大の謎、執着する覚悟 1949年7月5日に初代国鉄総裁の下山定則が行方不明となり、6日に遺体が発見された「下山事件」………[もっと読む]

鈴木さんにも分かるネットの未来 [著]川上量生

鈴木さんにも分かるネットの未来 [著]川上量生
■理詰めで解説、先行くヒント 著者はニコニコ動画で急成長したネット企業の経営者でありながらスタジオジブリの見習社員となった。そ………[もっと読む]

真説・長州力 1951−2015 [著]田崎健太

真説・長州力 1951−2015 [著]田崎健太
■プロレスラーは観客もつかむ 昭和も終わりに近い1982年、「かませ犬じゃない」という名セリフを吐いたとされる長州力。「ここで………[もっと読む]

歴史の仕事場 [著]フランソワ・フュレ

歴史の仕事場 [著]フランソワ・フュレ
■現代との対話で育む問題意識 1970年代、アナール学派の第3世代と呼ばれる歴史学者が台頭してくる。本書の著者であるフランソワ………[もっと読む]

隔離の記憶 ハンセン病といのちと希望と [著]高木智子

隔離の記憶 ハンセン病といのちと希望と [著]高木智子
 「人生に絶望はないよ」「どう立ち上がるかが、人生、大事じゃなかとね」。ハンセン病だった人たちが、「とてつもない犠牲と、苦労、………[もっと読む]

骨風 篠原勝之さん

著者に会いたい
骨風 篠原勝之さん

書店員に聞く 光の魔術師を読む

再読 こんな時 こんな本
書店員に聞く 光の魔術師を読む

新着コラム

話題の新刊(週刊朝日)

海の本屋のはなし—海文堂書店の記憶と記録 [著]平野義昌

2015年09月04日

海の本屋のはなし—海文堂書店の記憶と記録 [著]平野義昌

 2013年9月に惜しまれながら閉店した神戸市の老…[もっと読む]

文庫・新書イチオシ

なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか [著]伊藤剛

2015年09月04日

なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか [著]伊藤剛

■「体験者ではない世代」が語る意味「なぜ人を殺して…[もっと読む]

コミック

零戦少年 [作]葛西りいち

2015年08月23日

零戦少年 [作]葛西りいち

■滑稽と悲惨 等身大の戦争 戦後70年の夏、まんが…[もっと読む]

ビジネス

ルイ・ヴィトン元CEOが教える出世の極意 [著]マーク・ウェバー

2015年08月23日

ルイ・ヴィトン元CEOが教える出世の極意 [著]マーク・ウェバー

■どん底の行動で決まる真価 「『そこそこの成功』し…[もっと読む]

視線

JAPAN ロバート・ブルーム画集 [監修]岡部昌幸

2015年08月23日

JAPAN ロバート・ブルーム画集 [監修]岡部昌幸

 明治期の人々の暮らしといえば、何となくセピア風に…[もっと読む]

注目の特集

2014年07月07日

 2014年1~6月に「ブック・アサヒ・コム」からアマゾンで……[もっと読む]

2015年06月29日

 2015年夏の全国高校野球選手権大会(朝日新聞社・日本高校……[もっと読む]

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ