ニュース

朝日新聞に掲載されたものを中心にした出版関係のニュースです。

世界《宇宙誌》大図鑑

世界《宇宙誌》大図鑑

 マイケル・ベンソン著『世界《宇宙誌》大図鑑』(野下祥子訳)が東洋書林から刊行された。著者は作家で写真家。古代の遺物から今日のデジタル解析図まで、宇宙の創造、地球や太陽、隕石(いんせき)やオーロラなどを主題にした画像30………[もっと読む]

[掲載]2017年12月03日

(オススメ 編集部から)写真家がつづる日常の暮らし

(オススメ 編集部から)写真家がつづる日常の暮らし

 写真家の加瀬健太郎さんがブログにアップした息子たちの写真と、日々の暮らしをユーモラスに書いた文章を『お父さん、だいじょうぶ?日記』(リトルモア・1728円)にまとめた。ひょいとした瞬間を見事に捉えたカットの数々には子ど………[もっと読む]

[文]真田香菜子 [掲載]2017年12月03日

異邦人の痛み重ね 冬木透「ウルトラセブン」音楽担当

異邦人の痛み重ね 冬木透「ウルトラセブン」音楽担当

 ウルトラセブン誕生から50年だそうですね。今の子どもたちも、曲が流れると「セブン、セブン、セブン!」と一緒に歌ってくれるようです。うれしいというより、怖いですね。作曲家という仕事の責任の大きさを感じます。  「一歩深く………[もっと読む]

[文]吉田純子 [掲載]2017年11月29日

泉鏡花文学賞に松浦理英子さん 長編「最愛の子ども」

泉鏡花文学賞に松浦理英子さん 長編「最愛の子ども」

 地方自治体が制定する文学賞の先駆けとして金沢市が1973年に創設し、45回目を迎えた泉鏡花文学賞の授賞式が19日、金沢市の金沢市民芸術村で開かれ、「最愛の子ども」(文芸春秋)の松浦理英子さんに正賞の八稜鏡(はちりょうき………[もっと読む]

[文]浅沼愛 [掲載]2017年11月27日

しめかざり

しめかざり

 宝珠(広島)、打出(うちで)の小槌(こづち)(長野)、鶴(九州)、宝船(徳島)、俵(山形)など土地ごとに様々な形があるしめかざり。各地で収集したそれらを写真でみせる『しめかざり』(森須磨子著)が工作舎から刊行された。著………[もっと読む]

[掲載]2017年11月26日

戦争とこころ―沖縄からの提言

戦争とこころ―沖縄からの提言

 20万人以上が犠牲になったとされる沖縄戦は、生き残った人々の心に大きな傷を残した。その実態を「沖縄戦・精神保健研究会」が『戦争とこころ―沖縄からの提言』にまとめた。悲惨な戦場で受けた、あるいは米軍基地がもたらした、多く………[もっと読む]

[掲載]2017年11月26日

対中外交の蹉跌(さてつ)―上海と日本人外交官

対中外交の蹉跌(さてつ)―上海と日本人外交官

 現役の上海総領事である片山和之氏が『対中外交の蹉跌(さてつ)―上海と日本人外交官』(日本僑報社)で、松岡洋右や重光葵ら上海で勤務した外交官の足跡をたどった。「軍、特に陸軍に翻弄(ほんろう)され、あるいは、同調し、場合に………[もっと読む]

[掲載]2017年11月26日

(漱石 生誕150年)「草枕」まるで桃源郷 宮崎駿さん・半藤一利さん対談

(漱石 生誕150年)「草枕」まるで桃源郷 宮崎駿さん・半藤一利さん対談

 アニメーション監督・宮崎駿さんと作家・半藤一利さん。「漱石好き」で結ばれた2人が対談で語り合った。焦点が当たったのは『草枕』。「漱石の作った桃源郷のような世界」(半藤さん)、「何度読んでも、どこから読んでも面白い」(宮………[もっと読む]

[文]小原篤 [掲載]2017年11月26日

「一期一会の出会いを手助け」 本の帯創作コンクール・表彰式

「一期一会の出会いを手助け」 本の帯創作コンクール・表彰式

 小学生が児童書の表紙に巻く「帯」をデザインする第13回大阪こども「本の帯創作コンクール」(大阪読書推進会、朝日新聞大阪本社主催)の表彰式が11日、大阪市で開かれた。入賞者104人のうち91人が出席。会場では子どもたちが………[もっと読む]

[文]山根久美子 [掲載]2017年11月26日

コメント大賞決まる

コメント大賞決まる

 本の感想を書いたコメントカードの優秀作を表彰する「読書マラソン・全国コメント大賞」(全国大学生協連主催、朝日新聞社、出版文化産業振興財団協力)の選考結果が決まった。最優秀の金賞には太宰治の『斜陽』を取り上げた弘前大4年………[もっと読む]

[掲載]2017年11月26日

新しいナボコフと遊ぼう ロシア語原典を初邦訳

新しいナボコフと遊ぼう ロシア語原典を初邦訳

 20世紀を代表する作家の一人ウラジーミル・ナボコフ。代表作『ロリータ』のエロチックな印象が強いが、英露仏語を操り言葉の魔術師と言われる。没後40年の今年、ロシア語原典からの初邦訳を含む「ナボコフ・コレクション」全5巻(………[もっと読む]

[文]吉村千彰 [掲載]2017年11月22日

(オススメ 編集部から)日本にルーツを持つ米国人たち

(オススメ 編集部から)日本にルーツを持つ米国人たち

 1904年から2017年までの百有余年を舞台に日系米国人3世代の生き様を描いた『星ちりばめたる旗』(ポプラ社・1836円)は、米国在住の作家・小手鞠るいにとって、渾身(こんしん)の一作だろう。  主人公は、人種差別や日………[もっと読む]

[文]西秀治 [掲載]2017年11月19日

沖縄子どもの貧困白書

沖縄子どもの貧困白書

 およそ3人に1人の子どもが経済的に困窮している沖縄県。その実態と、貧困を解消する様々な取り組みをまとめた『沖縄子どもの貧困白書』が刊行された。学校や暮らしの現場、地域から考え、沖縄戦などの歴史的背景にも目配りしている。………[もっと読む]

[掲載]2017年11月19日

川を上れ 海を渡れ

川を上れ 海を渡れ

 新潟日報社が創業140年を迎え、同紙記者が新潟県の重大ニュースにどう向きあい記事にしたかを記したドキュメント『川を上れ 海を渡れ』を刊行した。田中角栄元首相の功罪の検証のほか、新潟水俣病、原発問題、拉致事件などの取材に………[もっと読む]

[掲載]2017年11月19日

復刻版 戦争放棄編――参議院事務局編「帝国憲法改正審議録 戦争放棄編」抜粋(1952年)

復刻版 戦争放棄編――参議院事務局編「帝国憲法改正審議録 戦争放棄編」抜粋(1952年)

 大日本帝国憲法が改正され、日本国憲法の制定に至った帝国議会の審議をたどる『復刻版 戦争放棄編――参議院事務局編「帝国憲法改正審議録 戦争放棄編」抜粋(1952年)』が、三和書籍から刊行された。3780円。日本国憲法第9………[もっと読む]

[掲載]2017年11月19日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る