エンタメfor around 20

妄想呼ぶ、未完の置き土産

2017年05月28日

 作家・佐藤大輔が3月22日に52歳で亡くなった。ボードゲームのデザイナーとして活躍していた彼は、1991年に作家デビュー。戦艦大和が史実と異なる活躍をしたことで皮肉にも日本が分断国家となったもうひとつの戦後を描いた架空戦記小説『征途』(徳間文庫・全3巻)をはじめ、近現代、戦国時代、はるか未来から異世界までを舞台に緻密(ちみつ)な考証と独自の諧謔(かいぎゃく)に満ちた数々の戦記小説を生み出した。さらにアニメ化もされた学園ゾンビパニック『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』(カドカワコミックス・ドラゴンJr.)でマンガ原作を、また別名義ではライトノベルも手がけていたとされ、多彩な才能を発揮。長編シリーズの多くが未完のまま中断していたり、歯にきぬ着せぬ作風などで毀誉褒貶(きよほうへん)もあったが、その実力は誰しもが認めるところだろう。早すぎる死が本当に残念でならない。
 『帝国宇宙軍1—領宙侵犯—』(ハヤカワ文庫JA)は、そんな佐藤の遺作の一冊だ。超光速航法に失敗して漂流した人類が、複数の星間国家を築いた未来。そのひとつ、銀河帝国は隣国と領土問題を抱え、連日にらみあいを続けていた。軍を辞めることばかり考えていた帝国宇宙軍の天城大尉は、不幸な偶然から隣国との「実戦」を経験。そのことで駆逐艦艦長に異例の抜擢(ばってき)をされてしまう。緻密な設定や屈折した登場人物など従来の著者らしさはそのまま。一方、ほかに妙な宗教が流行しても困る、というまったくの実用本位な理由から帝政を採用した銀河帝国の制度や、リーダビリティーあふれる文体など新たな境地も感じさせてくれた。ところが読者の期待をあおるだけあおり、いよいよ物語が大きく動き出すところで、本書には未完の二文字が刻まれてしまう。
 本書とともに『エルフと戦車と僕の毎日2』(上下巻・カドカワBOOKS)、『宇宙軍陸戦隊』(中公文庫)と遺作が計4冊も刊行された。新作を待っていたファンも、こんな形での新刊ラッシュなど、望んでいなかったはずだ。本書の、そして数多(あまた)の未完作品のその後を、評者はずっと妄想し続けるだろう。大変な置き土産を残してくれたものである。(前島賢)

関連記事

ページトップへ戻る