ビジネス

誰がアパレルを殺すのか [著]杉原淳一、染原睦美

2017年07月02日

■成功体験で「思考停止」した業界

 深刻な苦境にあえぐアパレル業界。国内大手の売上高や純利益は激減し、アパレルと二人三脚で歩んできた百貨店も閉店が相次ぐ。
 不振の原因はどこにあるのか。アパレル産業に未来はないのか。経済誌の記者である著者は、その答えを探して取材を重ねる。そこで見えてきたのは、「作れば売れる」時代の成功体験に縛られ「思考停止」に陥った業界の姿だ。
 売れ筋を安く速く大量に作るため生産は中国に依存、商品企画は外部に丸投げ。結果、ブランド名が違うだけの似た服が店にあふれた。「買いたい服がない」と消費者の財布の紐(ひも)は固くなるのに、ショッピングセンターの増加で供給される商品は倍増。不良在庫が積み上がる……。「業界が集団自殺している」「まさに、ゆでガエル」という関係者の嘆きが痛々しい。
 こうした凋落(ちょうらく)の構図は他産業にも当てはまるという。自身の業界に置き換えて読む人も多いのでは? 出版もしかりと独りごちた(書名も酷似の『だれが「本」を殺すのか』を思い出す)。一方で、ITを武器に台頭する新興企業には勢いが。中古販売、レンタル、カスタマイズといった新潮流にも言及。業界の枠を超えた大再編を予感させる。
(梶山寿子=ジャーナリスト)

関連記事

ページトップへ戻る