エンタメfor around 20

ご当地品武器に熾烈バトル

2017年07月30日

 北海道が日本と国交断絶し、北海道の帝……略して「道帝(どうてい)」を頂く独立国家となった時代。道帝直属の秘密部隊「道(ドウ)—MEN(メン)」を率いる少年・斉藤幸之助は、北海道に不法入国した謎の少女・早乙女めろんの身柄を確保する。だが東京からの工作員と思われた彼女の目的は、「ありったけの北の美食を、この口にぶっ込むこと」であった。かくしてはじまる食べ歩きの旅だったが、彼女と道メンの接触は、道内に潜伏していた千葉県民、そして最強の戦闘民族と名高い群馬県民の工作員を刺激することとなってしまう……。
 テレビアニメ化もされた『ベン・トー』(集英社スーパーダッシュ文庫・全15巻)で知られるアサウラが送る新作『道—MEN 北海道を喰(く)いに来た乙女』は著者の出身地である北海道が舞台。試される大地・北海道の過酷な環境で(いささか微妙な)超能力に目覚めた少年少女が戦う、言わば地元密着型「X—MEN」である。『ベン・トー』にて描かれた夜のスーパーでの半額弁当をめぐる戦いのように、著者はバカバカしい光景を真面目な顔して語るのが本当にうまい。今回は北海道、千葉、群馬の一道二県が、それぞれのご当地品を武器に、地元の誇りをかけた熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げる。
 おなじく著者が得意とするグルメ描写も健在。それもウニやらカニやらといった定番は一切無視。スープ付きカップ麺「焼きそば弁当」、「ダブルラーメン」、「ビタミンカステーラ」等々、地元で愛されるB級グルメが次々登場し、時に本編そっちのけの勢いでその魅力が語られる。
 アクションにグルメと著者の持ち味が詰まった本書だが、さらにもうひとつ。北海道を守る特殊部隊のリーダーでありながら、主人公の幸之助は、東京のアイドル声優に熱中するオタクであり、東京に切実な憧れをもった、等身大の少年として描かれている。著者のアサウラをはじめ人気ライトノベル作家には意外と北海道出身の書き手が多い。彼らの送った青春のその一端が垣間見えた気がする。
 北海道の魅力のみならず過酷さも含めて丸ごと描く。悪役にされた千葉、群馬両県の方は、どうか笑って許してあげてほしい。(前島賢)

関連記事

ページトップへ戻る