ビジネス

OPTION B―逆境、レジリエンス、そして喜び [著]シェリル・サンドバーグ、アダム・グラント

2017年08月13日

■「次善の選択肢」で乗り越えるには

 前作『LEAN IN』の発表後、著者(サンドバーグ氏)は最愛の夫を失った。フェイスブック最高執行責任者として活躍し、理解ある夫と2人の子どもに恵まれて……。完璧に思えた人生を突如襲った悲劇。打ちひしがれた彼女は心理学者グラント氏に助けを求める。悲嘆から逃れることはできないが、痛みを和らげる方法はある。そう諭すグラント氏とレジリエンス(回復する力)について考察を深め、生まれたのが本書だ。
 病気、事故、失業、事業の失敗、家族の死——最良の道は絶たれ、残されたのは次善の選択肢=オプションBという局面で、いかに逆境と向き合い、それを乗り越えるか。(海老蔵氏のブログに似た)著者の葛藤の吐露を縦糸、心理学的知見を横糸に、含蓄ある助言が織り成される。
 悲劇は自分のせいではなく、すべてに及ぶわけでも、永遠に続くものでもない。そう気づくことが立ち直りの第一歩だとか。さすが敏腕経営者。近親者を亡くした従業員の支援策や回復力のある組織に関する言及も忘れない。
 思えば2年前、母の急逝後に事故で入院と、私も失意のどん底にいた。苦難をバネに成長できるとの励ましは、経験者には格別に響くだろう。
 (梶山寿子=ジャーナリスト)

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

著者:シェリル・サンドバーグ、アダム・グラント、櫻井 祐子
出版社:日本経済新聞出版社

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る