※祝日等の場合、更新が遅れたり掲載を見送ったりすることがあります

コラム別に読む

「江戸本」プレミアム

「江戸本」プレミアム

朝日新聞社メディアビジネス局企画・制作の広告特集。江戸に関する書籍を手がかりに、東京に残る江戸の香りを探ります。

川開きの花火大会に江戸っ子は大興奮!【EDO-BON premium 4】

川開きの花火大会に江戸っ子は大興奮!【EDO-BON premium 4】

 江戸の夏は隅田川の川開きから始まる。両国橋の上は立錐の余地もなく、江戸中の屋形船、伝馬船、猪牙船が駆り出された。  花………[もっと読む]

[掲載]2017年06月30日

作家LIVE

作家LIVE

作家LIVE。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツ(掲載のない月もあります)です。

奇怪・難解、あっと驚いてこそ

奇怪・難解、あっと驚いてこそ

 作家の綾辻行人さんを迎えた第22回「関西スクエア 中之島どくしょ会」(朝日新聞社主催)が7月中旬、大阪市北区の中之島フ………[もっと読む]

[文]渡義人 [掲載]2017年07月30日

エンタメfor around 20

エンタメfor around 20

エンタメ for around 20。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツです。

破天荒な人魚とのひと夏 

破天荒な人魚とのひと夏 

 漁師の家に生まれ、父親の船に乗って育ったアサ。けれども成長するにつれ自分の日に焼けた肌や染みついた潮の臭いに嫌気がさし………[もっと読む]

[文]前島賢(ライター) [掲載]2017年08月27日

速水健朗の出版時評

速水健朗の出版時評

速水健朗の出版時評。2017年4月から日曜読書面に連載しています。

ネット発のヒット作 面白さに気づくのは書店員

ネット発のヒット作 面白さに気づくのは書店員

 インフルエンサー。SNSで影響力を持つ素人がヒット商品を生む時代。本屋に並ぶベストセラーにもネット発のコンテンツが急増………[もっと読む]

[文]速水健朗(コラムニスト) [掲載]2017年09月03日

古典百名山

古典百名山

古典百名山。2017年4月から日曜読書面に連載。桜庭一樹さんと大澤真幸さんが交代で執筆します。

スタンダール「赤と黒」 桜庭一樹が読む

スタンダール「赤と黒」 桜庭一樹が読む

■破滅型ヒーローにハラハラ  『赤と黒』は「情熱と死」の物語だ! すごく、すごーく面白い。ぜひ読んでほしい……!  舞………[もっと読む]

[文]桜庭一樹(小説家) [掲載]2017年09月10日

ひもとく

ひもとく

読書面に連載。時事的なテーマを取り上げ、問題を深く読み解く本を紹介します。(2016年春開始)

部活動のこれから 「楽しみ」引き出す道を探る 荻上チキ

部活動のこれから 「楽しみ」引き出す道を探る 荻上チキ

 現在、社会のモードの問い直しが起きている。全体秩序と大量生産を重んじる近代初期のモードをだらだらと継続してきたことで、………[もっと読む]

[文]荻上チキ [掲載]2017年09月10日

悩んで読むか、読んで悩むか

悩んで読むか、読んで悩むか

読書面に連載。読者から寄せられた質問・悩みに著名人がお答えします。(2016年春開始)

いつか笑って、語り合えるように 水無田気流さん

いつか笑って、語り合えるように 水無田気流さん

■相談 スレ違いの親子関係を修復したい  高校3年生の娘がいます。ずっとおとなしい性格の子でした。しかし、中学の頃に自………[もっと読む]

[文]水無田気流 [掲載]2017年09月10日

文庫この新刊!

文庫この新刊!

読書面に連載。著名人が文庫本の新刊を取り上げ、お薦めのポイントを解説します。(2016年春開始)

東直子が薦める文庫この新刊!

東直子が薦める文庫この新刊!

 (1)『水声』 川上弘美著 文春文庫 648円  (2)『さぎ師たちの空』 那須正幹著 ポプラ文庫 713円  (3)………[もっと読む]

[文]東直子(歌人、作家) [掲載]2017年09月10日

売れてる本

売れてる本

読書面に連載中。書店で売れている本、話題の本を、市川真人さん、武田砂鉄さん、佐々木俊尚さん、速水健朗さん、山口文憲さん、阿部嘉昭さん、瀧本哲史さんたちが取り上げ、評しています。

ボクたちはみんな大人になれなかった [著]燃え殻

ボクたちはみんな大人になれなかった [著]燃え殻

■匿名でつむぐ記憶への共鳴  スマホで書かれた小説が評判だ。読了後、改めてオビでの各界有名人のコメントをみる。女優・吉………[もっと読む]

[文]阿部嘉昭(評論家・北海道大学准教授) [掲載]2017年09月10日

著者に会いたい

著者に会いたい

読書面に連載中。今話題の新刊本の著者が、作品が出来るまでの思いやエピソードを語ります。

闘う文豪とナチス・ドイツ―トーマス・マンの亡命日記 池内紀さん

闘う文豪とナチス・ドイツ―トーマス・マンの亡命日記 池内紀さん

■強い精神力、ヨーロッパの底力  「姿のいい人でしょう」と、池内紀さんは本の帯にあるトーマス・マンの写真を指さした。端………[もっと読む]

[文]大上朝美 [掲載]2017年09月10日

ビジネス

ビジネス

読書面に連載中。文書の書き方、企業の裏話からグローバル経済まで、ビジネスに役立つ本を様々な視点からとりあげます。

山本七平の思想―日本教と天皇制の70年 [著]東谷暁

山本七平の思想―日本教と天皇制の70年 [著]東谷暁

■江戸の「藩」に見る企業の原型  昭和を代表する評論家の一人、山本七平。本書は優に200冊以上に及ぶ彼の作品群の中から………[もっと読む]

[文]小林雅一(ジャーナリスト) [掲載]2017年09月10日

コミック

コミック

読書面に連載中。ササキバラ・ゴウさん、南信長さん、山脇麻生さんがリレー連載。

タイニードライブ(1) [作]大石まさる

タイニードライブ(1) [作]大石まさる

■姉妹の日常、スカッと爽快に  スピーディーな切れ味の4コマ風ギャグ作品。スカッと爽快感がありながら、作り込みがとんで………[もっと読む]

[文]ササキバラ・ゴウ(まんが編集者) [掲載]2017年09月10日

話題の新刊(週刊朝日)

話題の新刊(週刊朝日)

週刊朝日の新刊案内コーナー。幅広いジャンルから、話題の本をピックアップして紹介しています。

カリスマ解説員の楽しい星空入門 [著]永田美絵 [写真]八板康麿 [星座絵]矢吹浩

カリスマ解説員の楽しい星空入門 [著]永田美絵 [写真]八板康麿 [星座絵]矢吹浩

 夏から秋にかけて夜空を見あげる機会が増える気がする。夜風にあたりながら、あるいは旅の宿で窓辺にもたれて。ゆったりとした………[もっと読む]

[文]石原さくら [掲載]2017年09月12日

ベストセラー解読(週刊朝日)

ベストセラー解読(週刊朝日)

ヒット作の秘密は何か? 今売れている本を分析した週刊朝日のコラム。永江朗さんと長薗安浩さんが交代で連載。

暴政 [著]ティモシー・スナイダー [訳]池田年穂

暴政 [著]ティモシー・スナイダー [訳]池田年穂

■忖度による服従  ティモシー・スナイダーの『ブラックアース』は衝撃的だった。ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の現実を暴………[もっと読む]

[文]永江朗 [掲載]2017年09月05日

子どもの本棚

子どもの本棚

月1回、朝日新聞の朝刊生活面に掲載。翻訳家のさくまゆみこ、絵本評論家・作家の広松由希子、 長野県で児童書専門店を営む越高一夫、有名書店で児童書を担当する兼森理恵のみなさんがお薦めの新刊を紹介します。※2016年9月から。8月までの選者は、米村和美、汐崎順子、佐川祐子のみなさん。

自分はキウイ?悩む姿に共感

自分はキウイ?悩む姿に共感

■「かわをむきかけたサトモちゃん」  サトモちゃんは里芋。そう自分を信じていました、こんな怪文書(?)が届くまでは。「………[もっと読む]

[文]広松由希子(絵本評論家・作家) [掲載]2017年08月26日

今、一番話題のビジネス書

今、一番話題のビジネス書

世間で話題になっている最新のビジネス書や、ビジネスマンとして読んでおきたい本を紹介します。(提供:オトバンク)
●「新刊JP だれかに話したくなる本の話」トップ

「報酬」と「罰金」、どちらの方が強いモチベーションになるのか?

「報酬」と「罰金」、どちらの方が強いモチベーションになるのか?

 部下や同僚のモチベーションを引き出すために「罰金」と「報酬」を与えるのでは、どちらが効果的だろうか?  「モチベーショ………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年09月19日

ベストセラーズインタビュー

ベストセラーズインタビュー

話題の本の著者らに「ベストセラー」の秘密などをインタビュー。(提供:オトバンク)
●「新刊JP だれかに話したくなる本の話」トップ

『ボクたちはみんな大人になれなかった』 燃え殻さん

『ボクたちはみんな大人になれなかった』 燃え殻さん

 出版業界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。  今回は、話題の小説『ボクたちはみんな大人になれ………[もっと読む]

[文]新刊JP編集部/金井元貴 [掲載]2017年09月19日

オーサービジット校外編

オーサービジット校外編

2017年9月からWEB掲載予定。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツ(掲載のない月もあります)です。

登場人物の未来を想像 米澤穂信さん

登場人物の未来を想像 米澤穂信さん

■カジュアル読書  若者のための読書会「オーサー・ビジット校外編」(主催・朝日新聞社、出版文化産業振興財団)の第26回………[もっと読む]

[文]中津海麻子(ライター) [掲載]2017年08月27日


→広告特集「コミック・ブレーク」
→広告特集「Book & Review」別ウインドウで開きます

ページトップへ戻る