※祝日等の場合、更新が遅れたり掲載を見送ったりすることがあります

コラム別に読む

作家LIVE

作家LIVE

作家LIVE。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツ(掲載のない月もあります)です。

生態知ると小説家って面白い

生態知ると小説家って面白い

 お笑いコンビ「オードリー」の一人で、読書好きの芸人として知られる若林正恭さんが司会を務め、小説家たちとトークする文筆系バラエティー番組が『………[もっと読む]

[文]岡恵里 [掲載]2017年05月28日

エンタメfor around 20

エンタメfor around 20

エンタメ for around 20。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツです。

妄想呼ぶ、未完の置き土産

妄想呼ぶ、未完の置き土産

 作家・佐藤大輔が3月22日に52歳で亡くなった。ボードゲームのデザイナーとして活躍していた彼は、1991年に作家デビュー。戦艦大和が史実と………[もっと読む]

[文]前島賢 [掲載]2017年05月28日

速水健朗の出版時評

速水健朗の出版時評

速水健朗の出版時評。2017年4月から日曜読書面に連載しています。

マンガの今 スマホに特化、IT企業参入

マンガの今 スマホに特化、IT企業参入

 電車で人々がスマホの画面に夢中になっているおなじみの光景。その画面をのぞいてみると映るのは、ゲームでなくマンガ……。  電子コミックの市場………[もっと読む]

[文]速水健朗(コラムニスト) [掲載]2017年06月04日

古典百名山

古典百名山

古典百名山。2017年4月から日曜読書面に連載。桜庭一樹さんと大澤真幸さんが交代で執筆します。

イヴァン・ツルゲーネフ「はつ恋」 桜庭一樹が読む

イヴァン・ツルゲーネフ「はつ恋」 桜庭一樹が読む

■大人へ続く、ほろ苦い階段  初恋を覚えてますか? と聞きつつ、自分のはどうも思いだせません。本を読み過ぎたか。  ツルゲーネフは十九世紀………[もっと読む]

[文]桜庭一樹(小説家) [掲載]2017年06月18日

ひもとく

ひもとく

読書面に連載。時事的なテーマを取り上げ、問題を深く読み解く本を紹介します。(2016年春開始)

沖縄の経験 監視と制裁、他人事ではない 鳥山淳

沖縄の経験 監視と制裁、他人事ではない 鳥山淳

 沖縄戦から72年、沖縄の本土復帰から45年が経過した。長年にわたる不条理に満ちた経験は、一方ではいまなお継続中であると同時に、他方では月日………[もっと読む]

[文]鳥山淳(沖縄国際大学教授) [掲載]2017年06月18日

悩んで読むか、読んで悩むか

悩んで読むか、読んで悩むか

読書面に連載。読者から寄せられた質問・悩みに著名人がお答えします。(2016年春開始)

和歌に自己投影、ドキドキを! 石田純一さん

和歌に自己投影、ドキドキを! 石田純一さん

■相談 好きだった人に告白しなくていいの  50歳を過ぎたのに「人生で一番好きだった人に告白しなかった」ことを悶々(もんもん)と後悔してい………[もっと読む]

[文]石田純一 [掲載]2017年06月18日

文庫この新刊!

文庫この新刊!

読書面に連載。著名人が文庫本の新刊を取り上げ、お薦めのポイントを解説します。(2016年春開始)

池上冬樹が薦める文庫この新刊!

池上冬樹が薦める文庫この新刊!

 (1)『スペードの3』 朝井リョウ著 講談社文庫 691円  (2)『色(いろ)いろ花骨牌(はなカルタ)』 黒鉄ヒロシ著 小学館文庫 64………[もっと読む]

[文]池上冬樹(文芸評論家) [掲載]2017年06月11日

売れてる本

売れてる本

読書面に連載中。書店で売れている本、話題の本を、市川真人さん、武田砂鉄さん、佐々木俊尚さん、速水健朗さん、山口文憲さん、阿部嘉昭さん、瀧本哲史さんたちが取り上げ、評しています。

あなたの人生の物語  [著]テッド・チャン [訳]浅倉久志・他

あなたの人生の物語  [著]テッド・チャン [訳]浅倉久志・他

■言語と思考があやなすSF  二〇〇三年にハヤカワ文庫で初版の出たテッド・チャンの短編集『あなたの人生の物語』。その表題作が「メッセージ」………[もっと読む]

[文]阿部嘉昭(評論家・北海道大学准教授) [掲載]2017年06月18日

著者に会いたい

著者に会いたい

読書面に連載中。今話題の新刊本の著者が、作品が出来るまでの思いやエピソードを語ります。

男であれず、女になれない 鈴木信平さん

男であれず、女になれない 鈴木信平さん

■私は何者? 答えを求め悩み抜く  ユニセックスな服に、大きなピアスとネックレス。彩り豊かな十指の爪。記者とは少し高く柔らかな声であいさつ………[もっと読む]

[文]塩原賢 [掲載]2017年06月18日

ビジネス

ビジネス

読書面に連載中。文書の書き方、企業の裏話からグローバル経済まで、ビジネスに役立つ本を様々な視点からとりあげます。

躍進するコンテンツ、淘汰されるメディア [著]角川歴彦

躍進するコンテンツ、淘汰されるメディア [著]角川歴彦

■全産業を再定義、誰が覇権を握るのか  映画系の「ネットフリックス」など新興の動画配信サービスが増えている。メディアでいま起きているのは、………[もっと読む]

[文]森健(ジャーナリスト) [掲載]2017年06月18日

コミック

コミック

読書面に連載中。ササキバラ・ゴウさん、南信長さん、山脇麻生さんがリレー連載。

1122(1) [作]渡辺ペコ

1122(1) [作]渡辺ペコ

■仲良しセックスレス夫婦のもつれ方  第1話の扉絵、だるま落としのように不安定に積み重なったウェディングケーキが象徴的だ。主人公は、11月………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2017年06月18日

話題の新刊(週刊朝日)

話題の新刊(週刊朝日)

週刊朝日の新刊案内コーナー。幅広いジャンルから、話題の本をピックアップして紹介しています。

ある日うっかりPTA [著]杉江松恋

ある日うっかりPTA [著]杉江松恋

 黒眼鏡にヒゲ面。「団体行動が嫌い」という著者が都内公立小学校のPTA会長に選ばれた。その3年間の顛末ノンフィクションだ。  会長のなり手が………[もっと読む]

[文]朝山実 [掲載]2017年06月13日

ベストセラー解読(週刊朝日)

ベストセラー解読(週刊朝日)

ヒット作の秘密は何か? 今売れている本を分析した週刊朝日のコラム。永江朗さんと長薗安浩さんが交代で連載。

閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 [著]水野和夫

閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 [著]水野和夫

■経済成長は終わった  アベノミクスでわかったのは、景気がよくなってもぼくらの幸福には直結しないということ。まあ、失業率の低下は喜ぼう。た………[もっと読む]

[文]永江朗 [掲載]2017年06月13日

子どもの本棚

子どもの本棚

月1回、朝日新聞の朝刊生活面に掲載。翻訳家のさくまゆみこ、絵本評論家・作家の広松由希子、 長野県で児童書専門店を営む越高一夫、有名書店で児童書を担当する兼森理恵のみなさんがお薦めの新刊を紹介します。※2016年9月から。8月までの選者は、米村和美、汐崎順子、佐川祐子のみなさん。

冒険の世界に入り込んで

冒険の世界に入り込んで

■「河童のユウタの冒険」  読み終わった後、たっぷりと満足感を味わうことができる長編の冒険ファンタジー。はじめは、上下巻でおよそ800ペー………[もっと読む]

[文]越高一夫(ちいさいおうち書店店長) [掲載]2017年05月27日

今、一番話題のビジネス書

今、一番話題のビジネス書

世間で話題になっている最新のビジネス書や、ビジネスマンとして読んでおきたい本を紹介します。(提供:オトバンク)

グローバル化の終焉を告げた2つの「事件」と「閉じた経済圏」の可能性とは

グローバル化の終焉を告げた2つの「事件」と「閉じた経済圏」の可能性とは

 以前から「資本主義」の限界が叫ばれてきたが、肝心の「資本主義の次にあらわれる世界」の議論については不透明な部分があった。  それが、201………[もっと読む]

[文]新刊JP編集部/金井元貴 [掲載]2017年06月22日


→広告特集「コミック・ブレーク」
→広告特集「BOOK TiMES」

ページトップへ戻る