コラム別に読む

 ※祝日や年末年始などの場合、更新が遅れたり、掲載を見送ったりするコンテンツがあります

ひもとく

ひもとく

読書面に連載。時事的なテーマを取り上げ、問題を深く読み解く本を紹介します。(2016年春開始)

「幸せ」って 異なる価値観に出会い考える

「幸せ」って 異なる価値観に出会い考える

 自分は幸せだろうか。 仕事があり、家族もみな健康…[もっと読む]

[文]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年01月08日

悩んで読むか、読んで悩むか

悩んで読むか、読んで悩むか

読書面に連載。読者から寄せられた質問・悩みに著名人がお答えします。(2016年春開始)

人の心をつかむ投稿、大事に続けて 山本一力さん

人の心をつかむ投稿、大事に続けて 山本一力さん

■相談 特技なく一生を終えるのは寂しい 私には特技…[もっと読む]

[文]山本一力
[掲載]2017年01月08日

文豪の朗読

文豪の朗読

読書面に連載。朝日新聞が所蔵する文豪たちの自作の朗読を、識者が聴き、作品の魅力とともに読み解きます。(2016年春開始)
→朝日新聞デジタル「文豪の朗読」(音声あり)http://www.asahi.com/culture/art/bungo-roudoku/

谷川俊太郎「理想的な詩の初歩的な説明」「かっぱ」など 江國香織が聴く

谷川俊太郎「理想的な詩の初歩的な説明」「かっぱ」など 江國香織が聴く

■詩人は宇宙人か一輪の花か すっきりした声による、…[もっと読む]

[文]江國香織(作家)
[掲載]2017年01月08日

文庫この新刊!

文庫この新刊!

読書面に連載。著名人が文庫本の新刊を取り上げ、お薦めのポイントを解説します。(2016年春開始)

東直子が薦める文庫この新刊!

東直子が薦める文庫この新刊!

(1)『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』 大…[もっと読む]

[文]東直子(歌人、作家)
[掲載]2017年01月08日

売れてる本

売れてる本

読書面に連載中。書店で売れている本、話題の本を、市川真人さん、武田砂鉄さん、佐々木俊尚さん、速水健朗さん、鈴木繁(編集委員)、千葉雅也さん(新)たちが取り上げ、評しています。

ハリネズミの願い [著]トーン・テレヘン [訳]長山さき

ハリネズミの願い [著]トーン・テレヘン [訳]長山さき

■人づきあいをそっと後押し 日本ではあまり知られて…[もっと読む]

[文]最相葉月(ノンフィクションライター)
[掲載]2017年01月08日

著者に会いたい

著者に会いたい

読書面に連載中。今話題の新刊本の著者が、作品が出来るまでの思いやエピソードを語ります。

役者人生、泣き笑い 西田敏行さん

役者人生、泣き笑い 西田敏行さん

■元首相演じ、時代に対抗したい 心和む喜劇でも、シ…[もっと読む]

[文]依田彰
[掲載]2017年01月08日

ビジネス

ビジネス

読書面に連載中。文書の書き方、企業の裏話からグローバル経済まで、ビジネスに役立つ本を様々な視点からとりあげます。

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由 [著]小林せかい

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由 [著]小林せかい

■合理的で、心が引き込まれる仕組み メニューは日替…[もっと読む]

[文]勝見明(ジャーナリスト)
[掲載]2017年01月08日

コミック

コミック

読書面に連載中。ササキバラ・ゴウさん、南信長さん、山脇麻生さんがリレー連載。

あの日、世界の真ん中で [作]小鬼36℃

あの日、世界の真ん中で [作]小鬼36℃

■スタイリッシュな絵で味わう劇的青春 家が隣で幼な…[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者)
[掲載]2017年01月08日

話題の新刊(週刊朝日)

話題の新刊(週刊朝日)

週刊朝日の新刊案内コーナー。幅広いジャンルから、話題の本をピックアップして紹介しています。

少年が来る [著]ハン・ガン [訳]井手俊作

少年が来る [著]ハン・ガン [訳]井手俊作

 1980年5月18日、韓国の南部光州では、民主化…[もっと読む]

[文]すんみ
[掲載]2017年01月10日

ベストセラー解読(週刊朝日)

ベストセラー解読(週刊朝日)

ヒット作の秘密は何か? 今売れている本を分析した週刊朝日のコラム。永江朗さんと長薗安浩さんが交代で連載。

おじさん仏教 [著]小池龍之介

おじさん仏教 [著]小池龍之介

■晩年の死生観 子どものころ、大人は立派だと思って…[もっと読む]

[文]永江朗
[掲載]2016年12月20日

子どもの本棚

子どもの本棚

月1回、朝日新聞の朝刊生活面に掲載。翻訳家のさくまゆみこ、絵本評論家・作家の広松由希子、 長野県で児童書専門店を営む越高一夫、有名書店で児童書を担当する兼森理恵のみなさんがお薦めの新刊を紹介します。※2016年9月から。8月までの選者は、米村和美、汐崎順子、佐川祐子のみなさん。

身よりのない師弟に一筋の光

身よりのない師弟に一筋の光

 ■「青空のかけら」 この本はおよそ30年前のイギ…[もっと読む]

[文]越高一夫(ちいさいおうち書店店長)
[掲載]2016年12月24日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ