※祝日等の場合、更新が遅れたり掲載を見送ったりすることがあります

コラム別に読む

手塚治虫生誕90周年

手塚治虫生誕90周年

朝日新聞社メディアビジネス局企画・制作の広告特集。昭和を代表する漫画家・手塚治虫さん(1928年11月生)の生誕90年を記念し、さまざまな記事を展開します。

<朝日新聞社のお知らせ>岩代太郎×浦沢直樹のコラボコンサート

<朝日新聞社のお知らせ>岩代太郎×浦沢直樹のコラボコンサート

 手塚治虫(1928~89)の生誕90周年イベントとして、作曲家・岩代太郎と漫画家・浦沢直樹が「MANGA SYMPHO………[もっと読む]

[掲載]2018年01月16日

「江戸本」プレミアム

「江戸本」プレミアム

朝日新聞社メディアビジネス局企画・制作の広告特集。江戸に関する書籍を手がかりに、東京に残る江戸の香りを探ります。

川開きの花火大会に江戸っ子は大興奮!【EDO-BON premium 4】

川開きの花火大会に江戸っ子は大興奮!【EDO-BON premium 4】

 江戸の夏は隅田川の川開きから始まる。両国橋の上は立錐の余地もなく、江戸中の屋形船、伝馬船、猪牙船が駆り出された。  花………[もっと読む]

[掲載]2017年06月30日

作家LIVE

作家LIVE

作家LIVE。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツ(掲載のない月もあります)です。

66歳差、寂聴さんの秘書は見た 瀬戸内寂聴×瀬尾まなほ

66歳差、寂聴さんの秘書は見た 瀬戸内寂聴×瀬尾まなほ

 作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(95)と、秘書の瀬尾まなほさん(29)による「中之島どくしょ会」が11月下旬、大阪市北区の………[もっと読む]

[文]聞き手・岡田匠、文・渡義人 [掲載]2017年12月24日

エンタメfor around 20

エンタメfor around 20

エンタメ for around 20。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツです。

自伝的ラノベの切実な中身

自伝的ラノベの切実な中身

 めまぐるしく流行が移りゆくライトノベルの世界だが、現在では、何といっても異世界ファンタジー、それもウェブ小説発の作品が………[もっと読む]

[文]前島賢(ライター) [掲載]2017年12月24日

速水健朗の出版時評

速水健朗の出版時評

速水健朗の出版時評。2017年4月から日曜読書面に連載しています。

早川書房、ノーベル賞三冠 良質な作品を長く売る

早川書房、ノーベル賞三冠 良質な作品を長く売る

 「『神ってる』ってよその営業には言われてますね」と語るのは、早川書房の営業担当手塚浩正さん。「神ってる」は2016年の………[もっと読む]

[文]速水健朗(コラムニスト) [掲載]2018年01月07日

古典百名山

古典百名山

古典百名山。2017年4月から日曜読書面に連載。桜庭一樹さんと大澤真幸さんが交代で執筆します。

西田幾多郎「善の研究」 大澤真幸が読む

西田幾多郎「善の研究」 大澤真幸が読む

■純粋経験から考え直す試み  1911(明治44)年に出版された西田幾多郎の『善の研究』は、日本人によって書かれた最初………[もっと読む]

[文]大澤真幸(社会学者) [掲載]2017年12月17日

ひもとく

ひもとく

読書面に連載。時事的なテーマを取り上げ、問題を深く読み解く本を紹介します。(2016年春開始)

犬の物語 何も話さないその姿が切ない 町田康

犬の物語 何も話さないその姿が切ない 町田康

 犬と暮らすのは楽しい。だったらそれだけでよいようなものだけれども、そうなってくるとこんだ犬が出てくる本を読みたくなって………[もっと読む]

[文]町田康 [掲載]2018年01月14日

悩んで読むか、読んで悩むか

悩んで読むか、読んで悩むか

読書面に連載。読者から寄せられた質問・悩みに著名人がお答えします。(2016年春開始)

「自分が何したいか」もっと大事 斎藤環さん

「自分が何したいか」もっと大事 斎藤環さん

■相談 新しい友人の前で素の自分を出せない  昨年4月から高校生になった女子です。高校に入って新しい友だちもできました………[もっと読む]

[文]斎藤環 [掲載]2018年01月07日

文庫この新刊!

文庫この新刊!

読書面に連載。著名人が文庫本の新刊を取り上げ、お薦めのポイントを解説します。(2016年春開始)

東直子が薦める文庫この新刊!

東直子が薦める文庫この新刊!

 (1)『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』 江國香織著 朝日文庫 821円  (2)『英子の森』 松田青子著 河出文庫 6………[もっと読む]

[文]東直子(歌人、作家) [掲載]2018年01月07日

売れてる本

売れてる本

読書面に連載中。書店で売れている本、話題の本を、市川真人さん、武田砂鉄さん、佐々木俊尚さん、速水健朗さん、山口文憲さん、阿部嘉昭さん、瀧本哲史さんたちが取り上げ、評しています。

屍人荘の殺人 [著]今村昌弘

屍人荘の殺人 [著]今村昌弘

■密室殺人トリックにほれぼれ  巻を措(お)く能(あた)わず、とはまさにこのこと——。鮎川哲也賞を受賞し話題沸騰の新人………[もっと読む]

[文]阿部嘉昭(評論家・北海道大学准教授) [掲載]2018年01月14日

著者に会いたい

著者に会いたい

読書面に連載中。今話題の新刊本の著者が、作品が出来るまでの思いやエピソードを語ります。

「福沢諭吉」とは誰か―先祖考から社説真偽判定まで 平山洋さん

「福沢諭吉」とは誰か―先祖考から社説真偽判定まで 平山洋さん

■21世紀の客観的な福沢像を示す  日本の近代を振り返るときに、外せない重要人物の一人が幕末明治期の開明的な思想家、福………[もっと読む]

[文]依田彰 [掲載]2018年01月14日

ビジネス

ビジネス

読書面に連載中。文書の書き方、企業の裏話からグローバル経済まで、ビジネスに役立つ本を様々な視点からとりあげます。

下町ボブスレーの挑戦―ジャマイカ代表とかなえる夢 [著]細貝淳一、奥田耕士

下町ボブスレーの挑戦―ジャマイカ代表とかなえる夢 [著]細貝淳一、奥田耕士

■平昌五輪を目指す町工場の軌跡  下町ボブスレーは東京都大田区の町工場の経営者たちが技術力を世界に発信するため、ボブス………[もっと読む]

[文]勝見明(ジャーナリスト) [掲載]2018年01月14日

コミック

コミック

読書面に連載中。ササキバラ・ゴウさん、南信長さん、山脇麻生さんがリレー連載。

鬼踊れ!!(1) [作]篠原ウミハル

鬼踊れ!!(1) [作]篠原ウミハル

■民俗芸能、未知との遭遇に心が躍る  競技かるたを題材に大ヒットした『ちはやふる』以降、俳句、和太鼓、箏曲、クイズなど………[もっと読む]

[文]南信長(マンガ解説者) [掲載]2018年01月14日

話題の新刊(週刊朝日)

話題の新刊(週刊朝日)

週刊朝日の新刊案内コーナー。幅広いジャンルから、話題の本をピックアップして紹介しています。

世界史を変えた「明治の奇跡」―インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦 [著]前坂俊之

世界史を変えた「明治の奇跡」―インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦 [著]前坂俊之

 日清戦争(1894~95年)を完勝に導いた川上操六・陸軍参謀総長(1848~99)を中心に、明治日本のインテリジェンス………[もっと読む]

[文]村井重俊 [掲載]2018年01月09日

ベストセラー解読(週刊朝日)

ベストセラー解読(週刊朝日)

ヒット作の秘密は何か? 今売れている本を分析した週刊朝日のコラム。永江朗さんと長薗安浩さんが交代で連載。

アベノミクスによろしく [著]明石順平

アベノミクスによろしく [著]明石順平

■「成果」は円安ぐらい  モリ・カケとか改憲とかいろいろ問題は多いけれども、経済政策はうまくいっているから。選挙で自民………[もっと読む]

[文]永江朗 [掲載]2018年01月09日

子どもの本棚

子どもの本棚

月1回、朝日新聞の朝刊生活面に掲載。翻訳家のさくまゆみこ、絵本評論家・作家の広松由希子、 長野県で児童書専門店を営む越高一夫、有名書店で児童書を担当する兼森理恵のみなさんがお薦めの新刊を紹介します。※2016年9月から。8月までの選者は、米村和美、汐崎順子、佐川祐子のみなさん。

冬休み、心あたたかく

冬休み、心あたたかく

 冬休み。ゆっくり読書をしたり、家族と過ごしたりするこの時期に、選者のみなさんがおすすめする8冊を紹介します。(○=新刊………[もっと読む]

[文]越高一夫ほか [掲載]2017年12月23日

今、一番話題のビジネス書

今、一番話題のビジネス書

世間で話題になっている最新のビジネス書や、ビジネスマンとして読んでおきたい本を紹介します。(提供:オトバンク)
●「新刊JP だれかに話したくなる本の話」トップ

体力と根性はもう必要ない 伸び悩む営業マンが知るべき思考法

体力と根性はもう必要ない 伸び悩む営業マンが知るべき思考法

 「足で稼ぐ営業」を続けても成果が出ない。新規顧客を狙っても受付が突破できない。「数打ちゃ当たる」と電話をしても誰も話を………[もっと読む]

[文]ライター/大村佑介 [掲載]2017年11月14日

ベストセラーズインタビュー

ベストセラーズインタビュー

話題の本の著者らに「ベストセラー」の秘密などをインタビュー。(提供:オトバンク)
●「新刊JP だれかに話したくなる本の話」トップ

『アメリカン・ウォー』(上・下) オマル・エル=アッカドさん

『アメリカン・ウォー』(上・下) オマル・エル=アッカドさん

 出版業界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。  第93回目となる今回は、デビュー作『アメリカン………[もっと読む]

[文]インタビュー・記事/山田洋介、撮影/金井元貴 [掲載]2017年11月14日

オーサービジット校外編

オーサービジット校外編

2017年9月からWEB掲載。「朝日新聞」の毎月最終日曜日に掲載される「カジュアル読書」面のコンテンツ(掲載のない月もあります)です。

登場人物の未来を想像 米澤穂信さん

登場人物の未来を想像 米澤穂信さん

■カジュアル読書  若者のための読書会「オーサー・ビジット校外編」(主催・朝日新聞社、出版文化産業振興財団)の第26回………[もっと読む]

[文]中津海麻子(ライター) [掲載]2017年08月27日


→広告特集「コミック・ブレーク」
→広告特集「Book & Review」別ウインドウで開きます

ページトップへ戻る