2010年02月14日の書評一覧

日本の新たな「第三の道」―市場主義改革と福祉改革の同時推進 [著]アンソニー・ギデンズ、渡辺聰子

日本の新たな「第三の道」―市場主義改革と福祉改革の同時推進 [著]アンソニー・ギデンズ、渡辺聰子

■平等と効率、両立する社会を構想  政権交代が現実のものとなり、民主党を中心とする現政権が子ども手当や高速道路無料化等といった政策に着手している。けれどもそうした個別の政策を統合する理念や、それによ………[もっと読む]

[評者]広井良典(千葉大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]政治 経済

重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて [著]ジョン・W・モファット

重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて [著]ジョン・W・モファット

■反骨精神あふれる暗黒物質無用論  宇宙の闇に潜むとされる暗黒物質の正体探しは、21世紀科学の一大テーマとなっている。そこに、ちょっと待った、と声を上げたのがこの本だ。  1930年代、目に見えない………[もっと読む]

[評者]尾関章(本社論説副主幹)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]科学・生物

生き残る判断 生き残れない行動―大災害・テロの生存者たちの証言で判明 [著]アマンダ・リプリー

生き残る判断 生き残れない行動―大災害・テロの生存者たちの証言で判明 [著]アマンダ・リプリー

■被災者たちの体験、導き出される教訓  本書の原題「The Unthinkable」は、訳者によると「想像もできないほどの惨事」という意味だが、著者は9・11テロやハリケーン・カトリーナなどに遭遇し………[もっと読む]

[評者]江上剛(作家)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]科学・生物 社会

白い城 [著]オルハン・パムク

白い城 [著]オルハン・パムク

■絡みあう二つの人格、私とは?  トルコの現代小説を読んだことがなかった。オルハン・パムクはイスタンブール生まれの人気作家で、2006年にはノーベル文学賞を受けている。  ——エンターテインメントの………[もっと読む]

[評者]阿刀田高(作家)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]文芸

評伝バラク・オバマ―「越境」する大統領 [著]渡辺将人

評伝バラク・オバマ―「越境」する大統領 [著]渡辺将人

■人生初期からオバマ像を探る労作  オバマの恩師は「人生初期の経験が、彼の判断力に深い影響を与えています」と語る。本書はこの言葉に依拠してオバマを解明しようとした伝記である。  オバマはハワイ、イン………[もっと読む]

[評者]久保文明(東京大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]政治 ノンフィクション・評伝 国際

インドのことはインド人に聞け!/ガンディーからの〈問い〉 [編著]中島岳志

インドのことはインド人に聞け!/ガンディーからの〈問い〉 [編著]中島岳志

■大国の現在とアジア主義の再生  経済の自由化、グローバル化が進むインドが大きく変わり始めている。どのように変わってきているのか。『インド〜』はインドの新聞・雑誌に載った文章を消費社会化、結婚・家庭………[もっと読む]

[評者]天児慧(早稲田大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]政治 経済 国際

「農」と「食」の農商工連携―中山間地域の先端モデル・岩手県の現場から [著]関満博

「農」と「食」の農商工連携―中山間地域の先端モデル・岩手県の現場から [著]関満博

■地域愛が生み出す力と希望  岩手県の農村女性の活躍が、地域に大きな「希望」を与えている。われわれは、地方は過疎化し停滞していると思いがちである。しかし、1980年代以後、グローバリゼーションの中に………[もっと読む]

[評者]南塚信吾(法政大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]社会

ネット検索革命 [著]アレクサンダー・ハラヴェ

ネット検索革命 [著]アレクサンダー・ハラヴェ

■便利で安全な「集合知」の利用を  最近は何かを調べる時、まずネットで検索するのが普通となっている。グーグルで調べることを「ググる」と呼ぶ若者用語もある。  インターネット上には膨大な情報があるため………[もっと読む]

[評者]小杉泰(京都大学教授)
[掲載]2010年02月14日
[ジャンル]IT・コンピューター 社会

ページトップへ戻る