2010年03月14日の書評一覧

数学は最善世界の夢を見るか?―最小作用の原理から最適化理論へ [著]イーヴァル・エクランド

数学は最善世界の夢を見るか?―最小作用の原理から最適化理論へ [著]イーヴァル・エクランド

■私たちとこの世界、なぜこうあるのか  あなたはテッド・チャンという作家の短篇(たんぺん)小説「あなたの人生の物語」をすぐに知るだろう。一九九八年に発表されたこの短篇の主人公は言語学者。彼女は地球に………[もっと読む]

[評者]瀬名秀明(作家)
[掲載]2010年03月14日
[ジャンル]科学・生物

誰かがそれを [著]佐伯一麦

誰かがそれを [著]佐伯一麦

■見る目の確かさ、筆致の巧みさ  久しぶりに編まれたこの作家の短編集である。八編が収められているが初出の文芸誌にはばらつきがあるし、執筆の時期にも距(へだ)たりがある。読み通して著者の感性と精緻(せ………[もっと読む]

[評者]阿刀田高(作家)
[掲載]2010年03月14日
[ジャンル]文芸

ウラニウム戦争―核開発を競った科学者たち [著]アミール・D・アクゼル

ウラニウム戦争―核開発を競った科学者たち [著]アミール・D・アクゼル

■科学者が抱え込んだ根源的苦悩  「誤解されると困るが」とその原子物理学者は前置きして、「広島への原爆投下を知ったとき、我々の机上の計算が現実になるとはこういうことかとの感慨をもった」とつぶやいた。………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2010年03月14日
[ジャンル]科学・生物

清水次郎長―幕末維新と博徒の世界 [著]高橋敏 

清水次郎長―幕末維新と博徒の世界 [著]高橋敏 

■暴力装置を織り込んできた近代  いつの世も、正史に記録を残さない庶民が歴史の底辺を支え、消えてゆくのだが、幕末の博徒集団に限って言えば、ただ消えていったとは言い難い。もともと幕藩体制の隙間(すきま………[もっと読む]

[評者]高村薫(作家)
[掲載]2010年03月14日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝 新書

失われた天才―忘れ去られた孤高の音楽家の生涯 [著]ケヴィン・バザーナ

失われた天才―忘れ去られた孤高の音楽家の生涯 [著]ケヴィン・バザーナ

■誰にも似ていなかったからこそ  時代が天才を渇望しているのか、近頃「天才」を表題に付した本が目につく。私もこの欄で2冊紹介した。なぜか天才には人を熱狂させる魔力が潜む。  『失われた天才』のニレジ………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2010年03月14日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝

細川ガラシャ―散りぬべき時知りてこそ [著]田端泰子

細川ガラシャ―散りぬべき時知りてこそ [著]田端泰子

■女性キリシタンの信念とは何か  戦国時代の悲運の女性キリシタン、細川ガラシャ。本名、明智玉子(たまこ)(1563〜1600)の生涯を、女性史の視点、キリシタン改宗の過程と意義を通して明らかにした書………[もっと読む]

[評者]石上英一(東京大学教授)
[掲載]2010年03月14日
[ジャンル]人文 アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝

天啓を受けた者ども [著]マルコス・アギニス 

天啓を受けた者ども [著]マルコス・アギニス 

■ラテンの情熱で圧巻の愛憎劇  はるか遠くのアルゼンチン作家の小説、2段組みで500ページの分量、宗教的なにおいのするタイトル、書店で本書を手に取ったとしても、読むのにちょっとひるんでしまう。しかし………[もっと読む]

[評者]江上剛(作家)
[掲載]2010年03月14日
[ジャンル]文芸

ページトップへ戻る