2011年12月04日の書評一覧

本へのとびら 岩波少年文庫を語る [著]宮崎駿

本へのとびら 岩波少年文庫を語る [著]宮崎駿

■児童文学伴侶に、創造に絶望せず  縁側の板間の廊下で肘(ひじ)をついて寝そべった姿勢で本を読み耽(ふけ)っているオカッパ頭の少年の側(そば)に寄り添う庭の白い犬。犬が猫に代われば僕の少年時代の自画………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]人文

万里の長城は月から見えるの? [著]武田雅哉

万里の長城は月から見えるの? [著]武田雅哉

■中国への幻想が生んだ「神話」  西暦2050年4月1日、「中国月面日報」に次のような記事が掲載された。  「1969年、米国宇宙船アポロ11号の乗組員が月面に降り立って以来、わが国をはじめとするア………[もっと読む]

[評者]田中貴子(甲南大学教授)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

ALPHA CUBIC 佳き日、良き人、そして、あなたに [著]柴田良三

ALPHA CUBIC 佳き日、良き人、そして、あなたに [著]柴田良三

 書名は1970年代から80年代にかけ、輝きを放ったファッション会社。終幕も引いた創業者の回想録だ。原点は東京・飯倉片町のイタリア料理店「キャンティ」。明治政府につながる資産家や有名人、芸能人らが集っ………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

物理学史への道 [著]辻哲夫

物理学史への道 [著]辻哲夫

■近代日本でどう発達したのか  本書は多様な光を放っている。つまり、いかようにも読める。物理学が近代日本でどのような発達をしたのか。西欧世界の学問の枠がいかに簡略化して日本に持ち込まれたか。ある時期………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]科学・生物

医者は現場でどう考えるか [著]ジェローム・グループマン

医者は現場でどう考えるか [著]ジェローム・グループマン

■診断の誤りはなぜ起こるのか  何を食べても吐き出してしまう症状に苦しむ30代の女性、アン・ドッジ。30人近い医師の診療を受けながら、深刻な栄養失調状態の進行が止まらない。難治性の「摂食障害」と見な………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]医学・福祉

Cooking for Geeks [著]ジェフ・ポッター/味わいの認知科学 [編]日下部裕子・和田有史

Cooking for Geeks [著]ジェフ・ポッター/味わいの認知科学 [編]日下部裕子・和田有史

■科学実験のように料理する  料理マンガでありがちなのが、才能と情熱の天才料理人(主人公)が、理論とコンピューターを駆使した科学者料理人と対決する話だ。もちろん「冷たい科学じゃ人の心は動かせないぜ!………[もっと読む]

[評者]山形浩生(評論家)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]科学・生物

裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす [著]たくきよしみつ

裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす [著]たくきよしみつ

■平明さが伝える静かな怒り  以前からこの著者には密(ひそ)かに着目していた。PCは買ったままの設定で使うな。文章は、おせっかいなワープロソフトでなく、シンプルなエディターで書こう。mp3ファイルの………[もっと読む]

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]社会

司法記者 [著]由良秀之

司法記者 [著]由良秀之

■地検特捜部の知られざる内実  元検事の著者は、昨年来の地検特捜部の不祥事に触発されて、本書を書く決心をしたと推察できる。というのは、特捜部の捜査の実態を、ここまで赤裸々に書いた本は、ほとんどないか………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

あつあつを召し上がれ [著]小川糸

あつあつを召し上がれ [著]小川糸

■人生の曲がり角に、食の情景  孤食や欠食が話題になる世の中だ。誰とも言葉を交わさず、目はテレビ画面に向けたまま、そそくさとコンビニ弁当で腹を満たす風景は珍しくない。でもどんな人にも、おいしかった食………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2011年12月04日
[ジャンル]人文

ページトップへ戻る