2012年01月08日の書評一覧

カール・ポランニー―市場社会・民主主義・人間の自由 [著]若森みどり

カール・ポランニー―市場社会・民主主義・人間の自由 [著]若森みどり

■産業文明の人間化へ心血を注いだ先駆者  市場経済の行き詰まりと、それを打開すべき民主的政府の無能、原子力など人間の制御能力を超えた巨大技術システムの限界と、経済決定論によって歪(ゆが)められた自由………[もっと読む]

[評者]姜尚中(東京大学教授・政治学、政治思想史)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]人文

フェア・ゲーム―アメリカ国家に裏切られた元CIA女性スパイの告白 [著]ヴァレリー・プレイム・ウィルソン

フェア・ゲーム―アメリカ国家に裏切られた元CIA女性スパイの告白 [著]ヴァレリー・プレイム・ウィルソン

■イラク戦巡る米国の暗部暴く  私がこの事件に最初に興味を持ったのは、数年前、新聞で見たヴァレリー・プレイムの姿だった。金髪をスカーフで覆い、女優のようなサングラスをしていた。小さな写真だったが硬質………[もっと読む]

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

吸血鬼と精神分析 [著]笠井潔

吸血鬼と精神分析 [著]笠井潔

■戦後思想を問う本格ミステリ  バスティーユにある要塞(ようさい)のようなアパルトマンで、ルーマニアからの亡命者が惨殺される。床に残された“DRAC”の血文字。本格ミステリにふさわしい導入部からは予………[もっと読む]

[評者]斎藤環(精神科医)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]文芸

部屋 [著]エマ・ドナヒュー 

部屋 [著]エマ・ドナヒュー 

■監禁された母子の日々、やがて  どうなるのだろう。もし、見知らぬ男に何年も監禁されたとしたら。男に妊娠させられ、監禁されている部屋で出産するとしたら。誰にも相談できないまま、その赤ん坊を育てるとし………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]文芸

五十嵐喜芳自伝―わが心のベルカント [著]五十嵐喜芳

五十嵐喜芳自伝―わが心のベルカント [著]五十嵐喜芳

 「ベル」は「美しい」、「カント」は「歌う」。昨年9月に亡くなった著者の、甘く美しいテノーレ・リリコ・レッジェーロ(軽やかな質の叙情的なテノール)の声がよみがえる。戦後日本のオペラを代表する歌手で指導………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

人道的帝国主義―民主国家アメリカの偽善と反戦平和運動の実像 [著]ジャン・ブリクモン

人道的帝国主義―民主国家アメリカの偽善と反戦平和運動の実像 [著]ジャン・ブリクモン

■論理的な批判、切れ味も鋭く  本書を読み進むうちに、すぐに気づくことがある。とにかく自らの論を説明するのに、これには二つの見方があるとか、明確にすべき三つの点があるとかいった具合の記述が多いのだ。………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]人文

さよなら! 僕らのソニー [著]立石泰則

さよなら! 僕らのソニー [著]立石泰則

■琴線に触れるモノ作りは片隅へ  本書を読了して、仕事場に置いてある電気製品のメーカー名を見直してみると、ラジオ、ステレオコンポ、ICレコーダーなどがソニー製であった。ラジオは随分と古いが、これ以前………[もっと読む]

[評者]後藤正治(ノンフィクション作家)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

LOVE THE LIGHT,LOVE THE LIFE―時空を超える光を創る [著]石井幹子

LOVE THE LIGHT,LOVE THE LIFE―時空を超える光を創る [著]石井幹子

■景観照明、パイオニアの歩み  東京タワーもどこか、新しい年への期待をまとって輝いているように見える年明けである。この年末年始、全国のあちこちで、ライトアップの光にさまざまな思いが託されたのではない………[もっと読む]

[評者]辻篤子(本社論説委員)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]人文

金色の獣、彼方に向かう [著]恒川光太郎

金色の獣、彼方に向かう [著]恒川光太郎

■恐怖と憧憬、異界への入り口  本書の著者は、昨今では珍しいほど、作風に特徴のある作家、といってよい。  日本ホラー小説大賞の受賞者、というキャリアから想像されるほど、おどろおどろしくはない。かとい………[もっと読む]

[評者]逢坂剛(作家)
[掲載]2012年01月08日
[ジャンル]文芸

ページトップへ戻る