2012年08月19日の書評一覧

犬はあなたをこう見ている [著]ジョン・ブラッドショー

犬はあなたをこう見ている [著]ジョン・ブラッドショー

■飼う側の頑迷固陋が問われる  ペットが家族の一員とみなされるようになって、久しい。家族だからこそ、喪失のショックも深刻である。昔だってペットロスはあったが、現代ほど重大事に考えられていない。それな………[もっと読む]

[評者]出久根達郎(作家)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]科学・生物

定義集 [著]大江健三郎

定義集 [著]大江健三郎

■素人にしか知り得ない未来  『「伝える言葉」プラス』についで、朝日新聞紙上での著者の連載がまとまった。  そこには中野重治や井上ひさし、多田富雄やバルガス・リョサなど、様々な他者の言葉が引用され、………[もっと読む]

[評者]いとうせいこう(作家・クリエーター)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

世界が土曜の夜の夢なら―ヤンキーと精神分析 [著]斎藤環

世界が土曜の夜の夢なら―ヤンキーと精神分析 [著]斎藤環

■悪趣味に潜むふるまいの原型  「なんちゅうても、まっ先に来てくれたのは金髪のにいちゃんらやった」。神戸の震災のときに地の人から聴いた言葉である。地べた座りや車の爆音に閉口していたはずなのに、このと………[もっと読む]

[評者]鷲田清一(大谷大学教授・哲学)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

文明―西洋が覇権をとれた6つの真因 [著]ニーアル・ファーガソン

文明―西洋が覇権をとれた6つの真因 [著]ニーアル・ファーガソン

■博識満ちた語り、複眼的な視点で  かつて東洋の後塵(こうじん)を拝していた西洋は、なぜ1500年ごろから形勢を逆転できたのか。  「近代化に成功したから」「帝国主義を進めたから」といったお決まりの………[もっと読む]

[評者]渡辺靖(慶応大学教授・文化人類学)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]歴史 人文

ゼロ!―こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと? [著]片野ゆか

ゼロ!―こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと? [著]片野ゆか

 かつて7割を超えていた犬の殺処分をほぼゼロにしたとして、2009年に多くのメディアで紹介された熊本市動物愛護センターの10年間を追ったノンフィクション。  「こん仕事は、ドロドロしとっとよ」。ある職………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

甲子園2連覇―焼け野原から立ち上がった球児・福嶋一雄 [著]大羽武

甲子園2連覇―焼け野原から立ち上がった球児・福嶋一雄 [著]大羽武

 1947年と48年の「夏の甲子園」は、旧制小倉中学—新制小倉高校が2連覇した。エースは福嶋一雄。後に早稲田大、八幡製鉄でも野球部の中心投手だった。著者は小学生のころ、社会人野球で福嶋を見てあこがれ、………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

作家魂に触れた [著]高橋一清

作家魂に触れた [著]高橋一清

■コアを持つ「文士」の精神愛した  一清(いっせい)さんと呼ばれていた著者は、「文学界」「別冊文芸春秋」「オール読物」など、編集者生活のほとんどを文芸誌で過ごした編集者である。水上勉、大庭みな子、立………[もっと読む]

[評者]後藤正治(ノンフィクション作家)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

宇宙怪人しまりす 医療統計を学ぶ―検定の巻 [著]佐藤俊哉

宇宙怪人しまりす 医療統計を学ぶ―検定の巻 [著]佐藤俊哉

■医療での因果関係追究に必須  宇宙怪人しまりすは、京都大学医療統計学教室に留学中。圧倒的科学力を誇るりすりす星出身で、戦争ばかりしている地球を征服して平和にしようと来訪した。ところが平和なりすりす………[もっと読む]

[評者]川端裕人(作家)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]医学・福祉

工学部ヒラノ教授の事件ファイル [著]今野浩

工学部ヒラノ教授の事件ファイル [著]今野浩

■不正が頻発する土壌とは  前著「工学部ヒラノ教授」で技術立国・日本を支える大学教授らの表の世界を書いた著者が、こんどは横領やパワハラ、セクハラのような犯罪まがいの裏の生態も描く。  まじめで働き者………[もっと読む]

[評者]原真人(本社編集委員)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

家族進化論 [著]山極寿一

家族進化論 [著]山極寿一

■霊長類の社会でいかに、なぜ  気宇壮大な本である。霊長類研究の第一人者である著者が、日本における研究の蓄積や最新の成果を踏まえつつ、霊長類の社会における「家族」の萌芽(ほうが)について、食生活や性………[もっと読む]

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)
[掲載]2012年08月19日
[ジャンル]人文 科学・生物

ページトップへ戻る