2015年06月14日の書評一覧

S,M,L,XL+ [著]レム・コールハース

S,M,L,XL+ [著]レム・コールハース

■まるでSF小説、挑発的な建築論  世界的に活躍する建築家の主著がついに邦訳された。背表紙の厚さが約8センチに及ぶ巨大な原著は辞書のような作品集であり、文字と図版の組み合わせも斬新。モノとしてカッコ………[もっと読む]

[評者]五十嵐太郎(建築批評家・東北大学教授)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸

世界“笑いのツボ”探し [著]ピーター・マグロウ、ジョエル・ワーナー

世界“笑いのツボ”探し [著]ピーター・マグロウ、ジョエル・ワーナー

■様々な笑い、根本は万国共通  笑いとは何か? 常日頃から興味があったが、いまだに明解な答えはないらしい。この謎を少々偏屈な2人の米国人が解き明かそうと試みた。理論派で行動経済学が専門の大学教師と、………[もっと読む]

[評者]細野晴臣(音楽家)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸

イザベルにーある曼荼羅 [著]アントニオ・タブッキ

イザベルにーある曼荼羅 [著]アントニオ・タブッキ

■うつろう時の流れに棹さす写真  2012年に他界したタブッキのたくらみに満ちた遺作。どこに反応するかは人それぞれだろう。『レクイエム』との重なりにうなずく人、文学的引用を絡めつつリスボン、マカオ、………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸

日本海ものがたりー世界地図からの旅 [著]中野美代子

日本海ものがたりー世界地図からの旅 [著]中野美代子

■他者の物語、問いかける内海  出発地は『西遊記』の女人国。地誌と伝承、歴史と妄想、各国の思惑の間をすいすいと海流に乗り、想像力の船が進む。ガリヴァーの地図、シーボルト事件、英仏の本初子午線争い、バ………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]歴史

夏の沈黙[著] ルネ・ナイト

夏の沈黙[著] ルネ・ナイト

 この本を帰りの電車で読み始めたら、降車駅を知らせる車内アナウンスがいまいましく感じられるかもしれない。そのくせ一刻も早く帰り着き、家族の無事を確認せずにはいられない。そんな、身近な家庭が追い詰められ………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸

漫画編集者[著] 木村俊介

漫画編集者[著] 木村俊介

 ふみふみこ、平本アキラ、ゆうきまさみ、枢(とぼそ)やな、松本大洋らのマンガを世に送り出す5人の編集者のインタビュー集。多くの人にときめきを与え、時に独り苦悩を抱える職業人の姿が、生々しく削り出されて………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]人文

多数決を疑うー社会的選択理論とは何か [著]坂井豊貴

多数決を疑うー社会的選択理論とは何か [著]坂井豊貴

■「選挙で勝ったから民意」の危険  2000年の米大統領選では優勢だったゴアがブッシュに敗れた。支持者が重なる市民運動家ネーダーの出馬で票が割れた結果だった。  多数決は必ずしも多数の意思を反映しな………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]政治 社会

古地図に憑かれた男ー史上最大の古地図盗難事件の真実 [著]マイケル・ブランディング

古地図に憑かれた男ー史上最大の古地図盗難事件の真実 [著]マイケル・ブランディング

■空白地帯からの甘美な呼び声  アメリカ人のエドワード・フォーブス・スマイリーは、コレクターに古地図を販売する業者だった。ところが実際は、図書館から古地図を盗み、正規のルートで入手したふりをして売り………[もっと読む]

[評者]三浦しをん(作家)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸

人は火山に何を見るのか 環境と記憶/歴史[著] 寺田匡宏

人は火山に何を見るのか 環境と記憶/歴史[著] 寺田匡宏

■読んで見つめる多様な社会  副題の三語をキーワードに、著者の書評や映画評を集めた論集。単なる寄せ集めではなく、連作書評集とでも言うべき形式だ。  「本を読む」という行為によって、人は広い意味での環………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸

界 [著]藤沢周

界 [著]藤沢周

■人間の複雑怪奇、浮かび上がる  例えば、「市民」という政治学の用語がある。男だろうが女だろうが市民は市民であり、そこに違いがあってはならないはずだ。  しかし現実はより複雑である。この連作短編集は………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年06月14日
[ジャンル]文芸

ページトップへ戻る